120件中 51 - 60件表示
  • 週刊金曜日

    週刊金曜日から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    左派色が薄い、あるいは市民運動と距離を置いている人物に記事を書かせたり、対談などに登場させたりすると、少なからず読者から批判が寄せられるという(特に亀井静香、城内実など、保守系、右翼系とされる人物)。最近では反米左派と反米右派の共闘として、西部邁や小林よしのりらが誌上に登場することもあった。2005年の第44回総選挙での野党大敗後は、民主党などを含む保守・右翼勢力との共闘を肯定する記事が増え、たとえば以前は批判していた小沢一郎を、一定程度評価するようになった。こうした方向転換に、左派からの反発が強まっている。2008年の創刊15周年集会では、ポスターにドラクロワの「民衆を導く自由の女神」の旗を日の丸に置き換えたパロディを用いたが、日の丸を肯定的に用いたことに強い批判が寄せられた。金光翔はこうした『週刊金曜日』の姿勢を、改憲に迎合して国家主義、排外主義色を強めていると批判している。国家主義者を自称し、反北朝鮮・親イスラエルを標榜する佐藤優の起用にも、金を始めとする批判が少なくない。週刊金曜日 フレッシュアイペディアより)

  • SAPIO

    SAPIOから見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優 『SAPIO intelligence database(世界を読むための情報羅針盤)』SAPIO フレッシュアイペディアより)

  • マルコポーロ事件

    マルコポーロ事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    副島隆彦はインターネット上でホロコーストの見直しを支持する立場を表明し、さらにに元外務省職員の佐藤優との2008年に出版された対談書で、マルコポーロ事件以後、日本の出版物において、ユダヤ人についての言論に自主規制がかかって居ると言う趣旨の懸念を述べて居る。マルコポーロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 黒井文太郎

    黒井文太郎から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    『インテリジェンス戦争 対テロ時代の最新動向』(大和書房だいわ文庫、2009年) ISBN 978-4-479-30232-2  解説・佐藤優黒井文太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西山事件

    西山事件から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    「『沖縄密約』とマスメディア」(佐藤優西山事件 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉和夫

    小倉和夫から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    外交官の佐藤優によるとフランス大使時代に公邸修復が行なわれた際に高級ホテルのスイートルーム(1泊20万円程度)に宿泊したことが明らかにされ、野党民主党議員によって国会で追及された1。小倉和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 公共経営研究科

    公共経営研究科から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優(作家、外務事務官)公共経営研究科 フレッシュアイペディアより)

  • 安田好弘

    安田好弘から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優「本当は恐ろしい 人権派弁護士バッシングの罠」安田好弘 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎尚志

    長崎尚志から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    憂国のラスプーチン 作画:伊藤潤二 原作:佐藤優 (2010年 - 、ビッグコミック) - 脚本長崎尚志 フレッシュアイペディアより)

  • 特別捜査部

    特別捜査部から見た佐藤優 (外交官)佐藤優 (外交官)

    佐藤優 『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』 新潮社、2005年3月26日。ISBN 9784104752010特別捜査部 フレッシュアイペディアより)

120件中 51 - 60件表示

「佐藤優」のニューストピックワード