前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示
  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た鈴木宗男

    1991年9月、日本が独立を承認したバルト三国に政府特使として派遣されてきた鈴木宗男の通訳と車の手配などを佐藤がおこなった件を機に知り合い、鈴木と関係を築く。主任分析官となった背景にも鈴木の威光があったといわれる(鈴木とともに仕事をし、宗男から「外務省のラスプーチン」というあだ名をつけられたと佐藤は『上柳昌彦のお早うGoodDay!』(ニッポン放送)において主張している。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た宮崎学

    2006年より、魚住昭、宮崎学らとメディア勉強会「フォーラム神保町」を運営。2009年に失職するまで「起訴休職外務事務官」を自称していた。2010年から、外務省時代の体験を元にした漫画「憂国のラスプーチン」の原作を手がける(伊藤潤二作画、長崎尚志脚本)。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た小林よしのり

    『ゴーマニズム宣言』において、小林よしのりが沖縄戦沖縄の現状に対して連載したところ、佐藤からマスコミを通じた批判が「一方的に行われた」として、小林が3ページに及ぶ佐藤への反駁をおこない、両者の間で論争が続いている。小林によれば、佐藤は『琉球新報』の連載で「沖縄は全体主義の島だ」と主張する一論客を非難。この一論客を「名指ししていないが、もちろんわしのことだ」と小林が捉えたことから両者間の論争が始まったとされる(小林が編集長を務める雑誌『わしズム』の2007年秋号のタイトルにも『全体主義の島「沖縄」』とある)。佐藤は『SPA!』に「佐藤優のインテリジェンス職業相談」を寄稿し、「ラスプーチン」と「大林わるのり」という架空の相談者を登場させ、フィクションとしての体裁を整えた上で、反撃を行った。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た西原理恵子

    『週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編』 西原理恵子共著、新潮社、2011年1月、ISBN 4103019336佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た立花隆

    『ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊』 立花隆共著、文春新書、2009年10月佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た中村うさぎ

    『聖書を語る 宗教は震災後の日本を救えるか』 中村うさぎ共著、文藝春秋、2011年7月佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た竹村健一

    『国家と人生 寛容と多元主義が世界を変える』 (竹村健一対談)佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た村上正邦

    『大和ごころ入門』(村上正邦共著)扶桑社、2008年4月 ISBN 4594055842佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たボリス・エリツィン

    日本帰任後の1998年には国際情報局分析第一課主任分析官(課長補佐級、佐藤のために急造されたポストといわれる)となり、橋本龍太郎首相とボリス・エリツィン大統領のクラスノヤルスク会談にもとづく2000年までの日露平和条約締結に向け交渉する。また、外交官として勤務するかたわら、モスクワ大学哲学部に新設された宗教史宗教哲学科の講師(弁証法神学)や東京大学教養学部非常勤講師(ユーラシア地域変動論)を務める。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たミハイル・ゴルバチョフ

    1988年から1995年まで在ソ連・在ロシア日本国大使館に勤務し、1991年の8月クーデターの際、ミハイル・ゴルバチョフ大統領の生死について東京の外務本省に連絡する。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
167件中 1 - 10件表示

「佐藤優」のニューストピックワード