167件中 91 - 100件表示
  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た東欧

    埼玉県出身。1975年埼玉県立浦和高等学校に入学。同年夏に東欧・ソ連(当時)をひとりで旅する。卒業後、同志社大学神学部に進学、同志社大学大学院神学研究科を修了し、神学修士となる。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たSAPIO

    SAPIO』「SAPIO intelligence database」佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たプロテスタント

    研究のテーマは「チェコスロバキアの社会主義政権とプロテスタント神学の関係について」。特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに強い興味を持ち、外務省の専門職員募集に応募した。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たソ連8月クーデター

    1988年から1995年まで在ソ連・在ロシア日本国大使館に勤務し、1991年の8月クーデターの際、ミハイル・ゴルバチョフ大統領の生死について東京の外務本省に連絡する。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た拘留

    2002年5月14日に鈴木宗男事件に絡む背任容疑で逮捕。同年7月3日、偽計業務妨害容疑で再逮捕。2003年10月、保釈。512日間拘留された。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たモスクワ国立大学

    大学院修了後はチェコに留学し、本格的にフロマートカに関する研究をすると言う希望を持っていたが、フロマトーカは反ソ連主義的な神学者であり、フロマトーカの研究をチェコで行うことは事実上不可能であるということで、外交官であればチェコに行けると考え、1985年4月にノンキャリアの専門職員として外務省に入省(2度目の受験で合格した)。しかし、研修は希望していたチェコ語ではなくロシア語であり、5月に欧亜局(現在:欧州局とアジア大洋州局に分割)ソビエト連邦課に配属された。なお、当時のソ連課長は野村一成、首席事務官は宮本雄二(のちの駐中国大使)であった。ロンドン郊外Beaconsfieldの英国陸軍語学学校(Defence School of Languages)でロシア語を学んだ後、1987年8月末にモスクワ国立大学言語学部に留学した。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た沖縄大学

    『徹底討論沖縄の未来』 大田昌秀共著、沖縄大学地域研究所編、芙蓉書房出版、2010年1月佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た新潮文庫

    増補版〈解説:川上弘美〉(2007年 新潮文庫佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た統制経済

    『暴走する国家 恐慌化する世界―迫り来る新統制経済体制(ネオ・コーポラティズム)の罠』佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たくにまるジャパン

    くにまるジャパン(文化放送) 毎月第一週金曜日コメンテーター(2010年10月 ? )佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

167件中 91 - 100件表示

「佐藤優」のニューストピックワード