357件中 91 - 100件表示
  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た山内昌之

    『新・地政学 「第三次世界大戦」を読み解く』山内昌之共著 中公新書ラクレ、2016年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見たアレクサンドル・レベジ

    アレクサンドル・レベジ『憂国』(工藤精一郎、工藤正広、黒岩幸子共訳)徳間書店、1997年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た野上義二

    この2回の費用を外務省の支援委員会から違法に引き出して支払った疑いである。この疑いに対し佐藤は、支援委員会から支払をすることは通常手続きである外務事務次官決裁を受けており正当なものだった、と主張している。また、佐藤の上司だった当時の外務省欧亜局長東郷和彦は、「外務省が組織として実行しており、佐藤被告が罪に問われることはあり得ない」と証言している。そして、東郷は、佐藤が逮捕された時海外にいたが、事務次官野上義二と電話で「こんなことが犯罪になるはずがない。何も問題はない」と話し、しかも、野上はこのことを記者会見で述べるとまで語ったと佐藤の著書には書かれている。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た大澤真幸

    『日本の大問題「10年後」を考える 「本と新聞の大学」講義録』一色清,姜尚中,上昌広,堤未果,宮台真司,大澤真幸,上野千鶴子共著 集英社新書、2015年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た北村淳

    『新軍事学入門 平和を望むなら、戦争の準備をせよ』飯柴智亮,内山進,北村淳,佐藤正久共著 小峯隆生聞き手 飛鳥新社、2015年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た山野車輪

    この争いは以後も続いているが、2人とも同じく雑誌『SAPIO』『WiLL』に連載を抱えていること、また、小林の佐藤批判も『SAPIO』誌上で行われたことから、佐藤は、「論争にあたっては両者間の明確な論点と、論争相手に対する人間として最低限の礼儀が必要である」と語り、これら2点が満たされていないものに関しては論戦を行なわないとしつつ、相反する主張を同時に掲載している『SAPIO』編集部の姿勢を「雑誌にはいろいろな長期連載があります。Aという長期連載者が、Bという別の長期連載者が書いているものはデタラメだと論評している。Aさんの言うとおりだとすれば、Bさんというデタラメな人に長期連載を書かせている雑誌編集部の責任はどうなるのか」、「仮にデタラメなことを書く筆者ならば、そのような筆者を排除するのが編集部としての読者に対する責任ではないのか」と強く批判している。ただし、佐藤も『マンガ 嫌韓流』の作者・山野車輪については「知的水準があまり高くない」と指摘するなど、小林と同様批判的である。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た鎌倉孝夫

    『はじめてのマルクス』鎌倉孝夫共著、金曜日、2013年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た山崎耕一郎

    『マルクスと日本人 社会運動からみた戦後日本論』山崎耕一郎対談、明石書店、2015年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た米原万里

    2006年7月7日の「米原万里さんを送る会」で読んだ弔辞が『弔辞―劇的な人生を送る言葉』に収載されている。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た副島隆彦

    『暴走する国家 恐慌化する世界―迫り来る新統制経済体制(ネオ・コーポラティズム)の罠』 (副島隆彦共著)、日本文芸社、2008年12月ISBN 4537256400佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

357件中 91 - 100件表示

「佐藤優」のニューストピックワード