167件中 51 - 60件表示
  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た宮崎正弘

    『猛毒国家に囲まれた日本 ロシア・中国・北朝鮮』 宮崎正弘共著、海竜社、2010年3月佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た斎藤勉

    聞き手斎藤勉 (産経新聞元モスクワ支局長)佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たガブリエル・ゴロデツキー

    2000年1月にガブリエル・ゴロデツキー(テルアビブ大学教授)夫妻をイスラエルから日本に招待したとき。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た北畠親房

    本郷和人との対談で、三種の神器によって即位したのが正統な天皇だと佐藤が言うのに対し、本郷は、しかし三種の神器は複数あったはずだと問うたが、北畠親房が正しいとした三種の神器が本物の神器だと佐藤は答えた。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た山野車輪

    この争いは以後も続いているが、2人とも同じく雑誌『SAPIO』『Will』に連載を抱えていること、また、小林の佐藤批判も『SAPIO』誌上で行われたことから、佐藤は小林よりもむしろ相反する主張を同時に掲載している小学館『SAPIO』編集部の姿勢に対して批判を向けている。佐藤は論争にあたり、両者間の争点が明確であること、論争相手に対し人間として最低限の礼儀が必要であるとし、これら2点が満たされていないものに関して論戦を行なわないとしている。ただし佐藤も『マンガ 嫌韓流』の作者・山野車輪について「知的水準があまり高くない」と指摘している。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たヨセフ・ルクル・フロマートカ

    研究のテーマは「チェコスロバキアの社会主義政権とプロテスタント神学の関係について」。特にチェコの神学者、ヨセフ・ルクル・フロマートカに強い興味を持ち、外務省の専門職員募集に応募した。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た小谷野敦

    尊皇家でありながら左翼的な雑誌に寄稿するあり方や南朝正統論に立つ佐藤に対し、小谷野敦は現在の天皇は北朝ではないのかと批判した。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た東郷和彦

    この2回の費用を外務省の支援委員会から違法に引き出して支払った疑いである。この疑いに対し佐藤は、支援委員会から支払をすることは通常手続きである外務事務次官決裁を受けており正当なものだった、との主張をしている。また、佐藤の上司だった当時の外務省欧亜局長東郷和彦は、「外務省が組織として実行しており、佐藤被告が罪に問われることはあり得ない」と証言している。そして、東郷は、佐藤が逮捕された時、外国にいたが、野上事務次官と電話で「こんなことが犯罪になるはずがない。何も問題はない」と話し、しかも、野上はこのことを記者会見で述べるとまでいったと佐藤の著書には書かれている。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た外務省

    大学院修了後はチェコに留学し、本格的にフロマートカに関する研究をすると言う希望を持っていたが、フロマトーカは反ソ連主義的な神学者であり、フロマトーカの研究をチェコで行うことは事実上不可能であるということで、外交官であればチェコに行けると考え、1985年4月にノンキャリアの専門職員として外務省に入省(2度目の受験で合格した)。しかし、研修は希望していたチェコ語ではなくロシア語であり、5月に欧亜局(現在:欧州局とアジア大洋州局に分割)ソビエト連邦課に配属された。なお、当時のソ連課長は野村一成、首席事務官は宮本雄二(のちの駐中国大使)であった。ロンドン郊外Beaconsfieldの英国陸軍語学学校(Defence School of Languages)でロシア語を学んだ後、1987年8月末にモスクワ国立大学言語学部に留学した。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たアルカーイダ

    レバノン侵攻、イスラエル・パレスチナ紛争などイスラエルの関わる問題では、一貫してイスラエル全面支持を表明し、イスラエルと「私たちは人間としての基本的価値観を共有している」と主張している。レバノン侵攻や2006年のガザ侵攻は、ヒズボラやハマスのイスラエル人拉致というテロに対する当然の行動であったと主張した。これは、北朝鮮による日本人拉致問題について、日本に武力行使を促した意味もある。また、2009年のガザ侵攻では、イスラエル擁護の理由として「停戦協定を破ったハマスの先制攻撃が原因でありイラン、ヒズボラ、アルカイダと通じてイスラエル国家を破壊しようと画策している」と持論を展開。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

167件中 51 - 60件表示

「佐藤優」のニューストピックワード