357件中 71 - 80件表示
  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た青木直人

    『中国の黒いワナ』(青木直人・西尾幹二共著)宝島社、2007年8月 ISBN 4796659099佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た大川周明

    『日米開戦の真実:大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く』 小学館、2006年/ 小学館文庫、2011年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見たカール・マルクス

    1年間の浪人(予備校)生活(現:上越教育大学教授の下里俊行と知り合う)を経て同志社大学神学部に進学した。主に緒方純雄、野本真也、藤代泰三、渡邉雅司、クラウス・シュペネマンなどの教授に師事し、組織神学(護教学)、マルクスやフォイエルバッハの無神論などを中心に学ぶ。学部1回生のクリスマスに京都市内の日本キリスト教会吉田教会で正式に洗礼を受け、クリスチャン(プロテスタントのカルヴァン派)になった。また、在学時代には学生運動にも傾倒し、高校2年生から大学2回生まで日本社会主義青年同盟(社青同)の同盟員だった。学部卒論のタイトルは『ヨセフ・ルクル・フロマートカ研究「破壊と復活」「一九四五年」を中心に』であった。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た宮本雄二

    大学院修了後はチェコスロバキアのプラハのカレル大学に留学し、本格的にフロマートカに関する研究をするという希望を持っていたが、フロマートカは反ソ連主義的な神学者であり、フロマートカの研究を冷戦下であり、「科学的無神論」を国是とするチェコスロバキアで行うことは事実上不可能であったため、一度は断念した。しかし、外交官(専門職)になればチェコ語研修を名目にチェコスロバキアに行けると考え、1985年4月にノンキャリアの専門職員として外務省に入省(2度目の外務省専門職試験受験で合格した)。しかし、外務省から指定された研修言語は希望していたチェコ語ではなくロシア語であり、5月に欧亜局(2001年1月に欧州局とアジア大洋州局へ分割・改組)ソビエト連邦課に配属された。なお、当時のソ連課長は野村一成、首席事務官は宮本雄二(後の駐中国大使)であった。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た大鹿靖明

    2007年4月、『AERA』の「佐藤優という『罠』」という記事では、「外務省のある人物」という匿名コメントで「(鈴木宗男の質問主意書は)佐藤が仕掛けている」「(佐藤は)都合のいいことしか書いてない」「佐藤はものすごい陰謀家で、外務省に復讐しようとしている」などと言及された。これについて、佐藤が「事実誤認」として内容証明郵便で『AERA』編集長に抗議すると、翌週発売号 で訂正記事が掲載される。佐藤はまた、『週刊金曜日』誌上で、記事中の「私が書かない『都合のよくないこと』が具体的でないコメントを載せるのは公平でない」と、執筆者の大鹿靖明個人に公開質問状を出す。大鹿は、マスコミ主催の勉強会の席上で佐藤に謝罪した。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た野村一成

    大学院修了後はチェコスロバキアのプラハのカレル大学に留学し、本格的にフロマートカに関する研究をするという希望を持っていたが、フロマートカは反ソ連主義的な神学者であり、フロマートカの研究を冷戦下であり、「科学的無神論」を国是とするチェコスロバキアで行うことは事実上不可能であったため、一度は断念した。しかし、外交官(専門職)になればチェコ語研修を名目にチェコスロバキアに行けると考え、1985年4月にノンキャリアの専門職員として外務省に入省(2度目の外務省専門職試験受験で合格した)。しかし、外務省から指定された研修言語は希望していたチェコ語ではなくロシア語であり、5月に欧亜局(2001年1月に欧州局とアジア大洋州局へ分割・改組)ソビエト連邦課に配属された。なお、当時のソ連課長は野村一成、首席事務官は宮本雄二(後の駐中国大使)であった。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た宮崎正弘

    『猛毒国家に囲まれた日本 ロシア・中国・北朝鮮』宮崎正弘共著、海竜社、2010年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見たガブリエル・ゴロデツキー

    2000年1月、テルアビブ大学教授ガブリエル・ゴロデツキー夫妻をイスラエルから日本に招待した際佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た松岡幹夫

    『創価学会を語る』松岡幹夫共著 第三文明社、2015年佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た安徳天皇

    本郷和人との対談で、三種の神器によって即位したのが正統な天皇だと佐藤が言うのに対し、本郷は、しかし三種の神器は複数あったはずだと問うたが、北畠親房が正しいとした三種の神器が本物の神器だと佐藤は答えた。しかし、そもそも、三種の神器は今はほぼ現存せず、八咫鏡は度重なる火災により平安末期には既に灰として保存される有様であり、八尺瓊勾玉と草薙剣は壇ノ浦の戦いで安徳天皇が身に着けて入水することで失われた。伊勢神宮等に現存するのは、その形代(レプリカ)のみである。そして、形代は複数ある。それを持っているか持っていないか、どれが本物か、を考えること自体がナンセンスである。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

357件中 71 - 80件表示

「佐藤優」のニューストピックワード