167件中 71 - 80件表示
  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た琉球新報

    『ゴーマニズム宣言』において、小林よしのりが沖縄戦沖縄の現状に対して連載したところ、佐藤からマスコミを通じた批判が「一方的に行われた」として、小林が3ページに及ぶ佐藤への反駁をおこない、両者の間で論争が続いている。小林によれば、佐藤は『琉球新報』の連載で「沖縄は全体主義の島だ」と主張する一論客を非難。この一論客を「名指ししていないが、もちろんわしのことだ」と小林が捉えたことから両者間の論争が始まったとされる(小林が編集長を務める雑誌『わしズム』の2007年秋号のタイトルにも『全体主義の島「沖縄」』とある)。佐藤は『SPA!』に「佐藤優のインテリジェンス職業相談」を寄稿し、「ラスプーチン」と「大林わるのり」という架空の相談者を登場させ、フィクションとしての体裁を整えた上で、反撃を行った。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た文藝春秋

    『私のマルクス』文藝春秋、2007年、文春文庫 2010年佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たイースト・プレス

    『アメリカの日本改造計画』(関岡英之・小林よしのり・西部邁らと共著)イースト・プレス、2006年12月 ISBN 4872577442佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た朝日新聞社

    『ナショナリズムという迷宮?ラスプーチンかく語りき』 魚住昭対談、朝日新聞社、2006年12月 ISBN 4022502452、朝日文庫、2010年1月、ISBN 4022616512佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た週刊東洋経済

    週刊東洋経済』「知の技法 出世の作法」佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た信用毀損罪・業務妨害罪

    2002年5月14日に鈴木宗男事件に絡む背任容疑で逮捕。同年7月3日、偽計業務妨害容疑で再逮捕。2003年10月、保釈。512日間拘留された。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た自由国民社

    1996年6月 ゲンナジー・ジュガーノフ『ロシアと現代世界 汎ユーラシア主義の戦略』(黒岩幸子共訳)、自由国民社、ISBN 4426752000佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たテロリズム

    レバノン侵攻、イスラエル・パレスチナ紛争などイスラエルの関わる問題では、一貫してイスラエル全面支持を表明し、イスラエルと「私たちは人間としての基本的価値観を共有している」と主張している。レバノン侵攻や2006年のガザ侵攻は、ヒズボラやハマスのイスラエル人拉致というテロに対する当然の行動であったと主張した。これは、北朝鮮による日本人拉致問題について、日本に武力行使を促した意味もある。また、2009年のガザ侵攻では、イスラエル擁護の理由として「停戦協定を破ったハマスの先制攻撃が原因でありイラン、ヒズボラ、アルカイダと通じてイスラエル国家を破壊しようと画策している」と持論を展開。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た角川学芸出版

    『地球を斬る』角川学芸出版、2007年、角川文庫 2009年佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た徳間書店

    『外務省ハレンチ物語』徳間書店、2009年/ 徳間文庫、2011年佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

167件中 71 - 80件表示

「佐藤優」のニューストピックワード