167件中 81 - 90件表示
  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たニッポン放送

    1991年9月、日本が独立を承認したバルト三国に政府特使として派遣されてきた鈴木宗男の通訳と車の手配などを佐藤がおこなった件を機に知り合い、鈴木と関係を築く。主任分析官となった背景にも鈴木の威光があったといわれる(鈴木とともに仕事をし、宗男から「外務省のラスプーチン」というあだ名をつけられたと佐藤は『上柳昌彦のお早うGoodDay!』(ニッポン放送)において主張している。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たマガジンハウス

    『3.11クライシス!』マガジンハウス、2011年佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た日本放送協会

    『国家論 日本社会をどう強化するか』NHKブックス]、2007年佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たコメンテーター

    佐藤 優(さとう まさる、1960年1月18日 - )は、日本の文筆家(元・外務官僚)。評論家・コメンテーターの中には、親しみを込めて、「さとう ゆう」と呼ぶ者もいる。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た講談社ノンフィクション賞

    新潮ドキュメント賞および講談社ノンフィクション賞の最終候補作となるも落選した。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た角川文庫

    『国家と神とマルクス 「自由主義的保守主義者」かく語りき』 太陽企画出版、2007年、角川文庫 2008年佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た毎日出版文化賞

    一審判決で執行猶予がついたことを機に、捜査の内幕や背景などをつづった著書『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』を2005年に出版すると大きな反響を呼んだ。同書などにおいて、佐藤本人は自身にかけられた一連の容疑・判決を「国策捜査」であると主張。この著書は第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞し、以後、新聞・雑誌などに外交評論や文化論を執筆している。 佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見たイスラエル

    2000年1月にガブリエル・ゴロデツキー(テルアビブ大学教授)夫妻をイスラエルから日本に招待したとき。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た産経新聞

    田母神論文問題を引き起こしたアパグループ主催・「真の近現代史観」懸賞論文は、アパグループ代表・元谷外志雄の著作『報道されない近現代史』(産経新聞出版刊)を記念して創設されたものだが、佐藤は同書の広告に推薦文を書き、そこで「異能の実業家、元谷外志雄氏が描くグローバリセージョン後の帝国主義的国家対立の姿に戦慄した」と絶賛している1。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (外交官)

    佐藤優 (外交官)から見た百科事典

    ウィキペディアに対して、百科事典が本来果たすべき「歴史をある時点で切断し、その時点での体系知の構造を提示する」という目的・機能をウィキペディアは果たすことができないとしている。また、ウィキペディアへの批判として、それが『世界大百科事典』といった従来の事典と比較して「信憑性が根本的に異なる」と主張している。佐藤優 (外交官) フレッシュアイペディアより)

167件中 81 - 90件表示

「佐藤優」のニューストピックワード