前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • ジェフユナイテッド市原・千葉

    ジェフユナイテッド市原・千葉から見た佐藤勇人佐藤勇人

    W杯終了後の7月、オシムが日本代表監督に就任。日本サッカー協会(JFA)に引き抜かれた格好となり、無条件で監督を引き渡したクラブに選手・サポーターなど内外から多くの批判が届いた。この際「クラブとJFAが取り合うことで、最悪の結果、オシムが日本を去る事だけは避けたい」とした旨がフロント陣から発表された。後任にはイビチャ・オシムの息子であるアマル・オシムがコーチから昇格して就任した。そして、羽生直剛、佐藤勇人、山岸智ら、いわゆる「オシムチルドレン」が日本代表に選ばれた。ジェフユナイテッド市原・千葉 フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た佐藤勇人佐藤勇人

    加藤体制2年目。柏からGK水谷雄一、G大阪から9シーズンぶりの京都復帰となるDFシジクレイ、FC東京からレンタル移籍でDF増嶋竜也、千葉からMF佐藤勇人、鹿島からFW柳沢敦と、各ポジションで実力者を獲得し、2年ぶりのJ1に臨んだ。シーズン途中にも、ディフェンス安定のためにG大阪からDF水本裕貴、怪我で長期離脱(登録抹消)したFWパウリーニョの穴を埋めるため、清水からFWフェルナンジーニョを獲得した。なお、シーズン成績は14位。天皇杯は5回戦で柏に敗北。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 石井俊也

    石井俊也から見た佐藤勇人佐藤勇人

    2005年より京都に移籍する。移籍当初は不遇の時を過ごしていたが、2006年後半からレギュラーの座を奪取。2007年は開幕から4試合は出番はなかったが、5試合目からシーズン終了まで全試合に出場し続けた。そして、昇格を賭けた大一番となった2007年11月25日のベガルタ仙台戦でロスタイムにヘディングシュートを決め、1-0で勝利。この試合で、J2の3位以内を確定させた。しかし2008年J1昇格後は、シジクレイ、佐藤勇人らの加入や若手選手の台頭により出場機会を失い、同シーズンにて契約満了となった。石井俊也 フレッシュアイペディアより)

  • 勇人

    勇人から見た佐藤勇人佐藤勇人

    佐藤勇人(さとう ゆうと) - 日本のサッカー選手勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 松本ステファニー

    松本ステファニーから見た佐藤勇人佐藤勇人

    2008年1月5日、Jリーグジェフユナイテッド市原・千葉所属の佐藤勇人と入籍し、千葉県に在住。松本ステファニー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋悠太 (サッカー)

    高橋悠太 (サッカー)から見た佐藤勇人佐藤勇人

    千葉県立八千代高校、早稲田大学出身。大学時代までサッカーの競技歴があり、高校ではインターハイ優勝、田中マルクス闘莉王、佐藤寿人、佐藤勇人らとともに千葉県選抜の一員として出場した国民体育大会(サッカー少年男子の部)で優勝した。早稲田大学ア式蹴球部では副キャプテン、大榎克己監督の下で学生コーチを経験。高橋悠太 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • オシムチルドレン

    オシムチルドレンから見た佐藤勇人佐藤勇人

    大まかな定義として、オシムが2003年から日本代表監督に就任する2006年まで監督を務めたジェフユナイテッド市原での教え子を「オシムチルドレン」と呼ぶ。主にレギュラー格であった阿部勇樹・巻誠一郎・山岸智・羽生直剛・坂本將貴・佐藤勇人・水野晃樹・水本裕貴らを指すが、ジェフユナイテッド市原・千葉の選手全員の総称として使われたこともあった。オシムチルドレン フレッシュアイペディアより)

  • もしも雪なら/今日だけは

    もしも雪なら/今日だけはから見た佐藤勇人佐藤勇人

    PVは、彼らとしては初めて、一般公募で選んだエキストラを出演させている。また、サッカー日本代表の佐藤寿人、勇人兄弟、前田愛・亜季姉妹、長澤まさみ、浅見れいな、市毛良枝も出演している。もしも雪なら/今日だけは フレッシュアイペディアより)

  • オシムジャパン

    オシムジャパンから見た佐藤勇人佐藤勇人

    2006年8月16日、イエメン戦にて佐藤勇人と佐藤寿人が後半途中出場し、日本サッカー史上初となる「双子選手の国際Aマッチ同時出場」が実現。オシムジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 羽生直剛

    羽生直剛から見た佐藤勇人佐藤勇人

    2003年より千葉の監督に就いたイビチャ・オシムからは「羽生はそのポジションにもっといい選手がいても、どこかで使いたくなる選手だ」と評価されレギュラーに定着。2005年10月29日大分戦でJ1通算100試合出場を記録した。千葉では主にトップ下、1.5列目でのシャドーストライカーに配され、ダイナミックなフリーランニングで「考えて走るサッカー」の中核を担った。当時のコーチである江尻篤彦は後に「走る能力は、羽生は別として、佐藤勇人、阿部勇樹、村井慎二、皆平均以下だった」と語っている。羽生直剛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「佐藤勇人」のニューストピックワード