前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 2008年のアジアシリーズ

    2008年のアジアシリーズから見た佐藤友亮佐藤友亮

    史上初めてデーゲーム形式で行なわれた決勝戦。西武は先発涌井の調子が好調ではなく序盤は毎回先頭打者を出す苦しい立ち上がりとなったが、要所を締めるピッチングでホーム到達は許さずに凌ぐ。一方統一の先発アルバラードも散発的にヒットを打たれるものの連打は許さず、双方無得点のまま試合が進んだ。涌井は回が進むごとに調子を上げ、毎回の10奪三振を挙げるが球数が多くなり星野、次いで大沼にスイッチ。その大沼は一死一、二塁のピンチを招くものの後続を連続三振に斬りこれを凌いだ。試合は双方の継投策で終盤まで0-0の息詰まる投手戦となるが、9回裏に石井義人が四球で出塁すると続く佐藤友亮が左中間へ安打を放つ(記録は二塁打)。一走の石井は中継の遊撃手が処理をもたつく間に一気にホームを突き、サヨナラ勝ち。西武が統一を下し、日本勢としてのアジアシリーズ4連覇を決めた。2008年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た佐藤友亮佐藤友亮

    西武・松坂大輔、日本ハム・金村曉の両エースの先発で始まったが3回裏、一死満塁からカブレラが左中間に走者一掃の二塁打を放ち3点を先制した。しかし4回表日本ハムは小笠原道大の三点本塁打ですぐに同点に追いついた。6回裏に西武はフェルナンデスが勝ち越し本塁打を放つが7回表に日本ハムはセギノールが同点本塁打を放ち、再び同点とした。7回裏、西武は佐藤友亮の本塁打で勝ち越すとフェルナンデスの満塁本塁打、細川亨の本塁打で6点を奪い試合を決めた。8回表に日本ハムは3点を返すものの9回は西武のクローザー・豊田清が締め、第1戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ

    埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷから見た佐藤友亮佐藤友亮

    パート2(8月25日発売) - 大沼幸二、星野智樹、帆足和幸、銀仁朗、石井義人、平尾博嗣、大崎雄太朗、佐藤友亮、G.G.佐藤埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 中村泰広

    中村泰広から見た佐藤友亮佐藤友亮

    慶應義塾大学では1年時から登板。同学年の左腕・山本省吾の陰に隠れた感じは否めなかったが、それでも140Km前後のストレートとスライダーを武器に東京六大学通算43試合登板し11勝11敗、防御率1.91、215奪三振。4年の時に明治神宮大会優勝を達成した。2年秋の早慶戦第2戦に先発したとき、5回裏に決勝ボークを与え、0-1で敗れるという珍記録を残した。大学では山本のほか佐藤友亮が同期だった。中村泰広 フレッシュアイペディアより)

  • U-26 NPB選抜 対 大学日本代表

    U-26 NPB選抜 対 大学日本代表から見た佐藤友亮佐藤友亮

    11月21日 - 先発投手(U-26 NPBは前田健太(広島東洋カープ)、大学代表は斎藤)が発表され、また前売チケットは全席完売(当日券無し)、始球式は鳩山由紀夫内閣総理大臣が行うことも発表された。併せて、公式サイトにおいて佐藤友亮(埼玉西武)に替わって大崎雄太朗(同)が出場する旨が発表された。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 千代綾香

    千代綾香から見た佐藤友亮佐藤友亮

    慶應義塾大学在学中は、「慶應スポーツ」なるサークルに属して六大学野球取材などをしていて、同期には佐藤友亮(埼玉西武ライオンズ)がいる。千代綾香 フレッシュアイペディアより)

  • 故意落球

    故意落球から見た佐藤友亮佐藤友亮

    6回表、西武の攻撃。無死一塁で打者佐藤友亮は一・二塁間へ低いライナーを打った。オリックスのT-岡田一塁手は飛びついて一度はグラブに入れたが、完全に捕球できずに落球した。一塁走者の平尾博嗣が落球に気付かず一塁に戻ったところ、岡田はボールを拾い上げて平尾に触球し、さらに一塁ベースを踏んだ。岡田が故意落球したのでなければこれで併殺成立であるが、審判員の協議の結果、故意落球と判定され、打者佐藤のみをアウトとして、一死一塁から試合が再開された。故意落球 フレッシュアイペディアより)

  • 田中大貴

    田中大貴から見た佐藤友亮佐藤友亮

    高校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部へ進学。慶大時代も野球部に所属し、4年生となった2002年の東京六大学野球春季リーグで初めて一塁のレギュラーに定着、東大の浅岡知俊、明大の岡本篤志(現西武)、立大の多田野数人(現日本ハム)から計3本塁打を放ってホームラン王のタイトルホルダーとなった。そのほか青学大の石川雅規(現ヤクルト)、駒大の川岸強(現楽天)からもホームランを打っている。長田秀一郎(現西武)、湊川誠隆(元中日)は大学の同期。佐藤友亮(現西武)、山本省吾(現横浜)は大学の二つ先輩。大学の大先輩である高橋由伸を尊敬し、高橋に憧れ慶大野球部に入部した。大学4年次の慶早戦で和田毅(現ソフトバンク)に全く歯が立たなかったことから、プロ入りを断念。2010年1月、自身がMCを務めるすぽるとで和田を対談インタビューし、7年ぶりに和田と再会した。東京六大学リーグ通算22試合、3本塁打。田中大貴 フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾体育会野球部

    慶應義塾体育会野球部から見た佐藤友亮佐藤友亮

    ※なお現役プロ選手は高橋由伸、山本省吾、佐藤友亮、長田秀一郎、加藤幹典、伊藤隼太の6人。慶應義塾体育会野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た佐藤友亮佐藤友亮

    実況:斉藤一美、解説:森繁和、ゲスト解説:佐藤友亮(元埼玉西武ライオンズ、レギュラーシーズン終了時に引退)リポーター:松島茂(両サイド兼務)2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード