1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た佐藤友亮佐藤友亮

    一塁手へのコンバート以外で成功した最初期のケースとして、左翼手のレギュラーポジションを奪われ、三塁手へ転向した高田繁がいる。また、内野手のレギュラーが手薄なためコンバートされることもある。元西武の佐藤友亮(外野手→二塁手→外野手)、ヤクルトの飯原誉士(外野手→三塁手→外野手)、ロッテの荻野貴司(外野手→遊撃手→外野手)など。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 6月13日

    6月13日から見た佐藤友亮佐藤友亮

    1978年 - 佐藤友亮、プロ野球選手6月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢市

    藤沢市から見た佐藤友亮佐藤友亮

    佐藤友亮(プロ野球選手)藤沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た佐藤友亮佐藤友亮

    【NPB】西武は・平尾博嗣と外野手・佐藤友亮の2012年限りでの現役引退を発表。また同日、星野智樹、エンリケ・ゴンザレスの2投手、内野手・阿部真宏に戦力外通告したほか、二軍監督・行澤久隆が辞任を申し入れた。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 宮西尚生

    宮西尚生から見た佐藤友亮佐藤友亮

    初奪三振:同上、8回表に佐藤友亮から宮西尚生 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た佐藤友亮佐藤友亮

    監督としては、当時不動のレギュラーといえる選手が少なかったこともあり、捕手と投手の相性やプラトーン・システムにこだわった。例としては、涌井 - 銀仁朗の10代バッテリーや、松坂 - 細川のバッテリー等。右投手時のスタメンは石井義人、福地寿樹、栗山巧、ジェフリー・リーファー。左投手時のスタメンは中村剛也、佐藤友亮、平尾博嗣、江藤智等。二軍監督の渡辺久信が育成した若手野手、フロントが補強した中堅・ベテラン野手を使い切り、2008年の躍進につなげている。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た佐藤友亮佐藤友亮

    慶應義塾大学野球部で1年時からレギュラー。春季リーグ戦の開幕1試合目から5番・三塁手として出場、ルーキー新記録の3本塁打を放つ。3年時の東京六大学野球1996年春季リーグ戦では打率.512、5本塁打を記録して三冠王を獲得。4年時の1997年には主将に就く。相手が勝負を避けるようになり、2試合で7四球など敬遠も目立つ中、春季リーグ戦ではチームを9季ぶりのリーグ優勝に導く貢献。秋季リーグでは法政大学の安藤優也から田淵幸一の持つ東京六大学リーグ本塁打記録を更新して歴代1位となる通算23本塁打を放つ。リーグ通算102試合出場(4年間全試合フルイニング出場)し366打数119安打、62打点、打率.325。通算219塁打は歴代1位。日米大学野球においても日本代表の4番打者として3試合連続本塁打を打つなど活躍。インターコンチネンタルカップでも大学生ながら日本代表の4番打者として出場し、上原浩治が先発した国際大会151連勝中のキューバとの決勝戦で1回裏に先制点かつ決勝点となる3点本塁打を放ち、その後も2点三塁打を打つなど優勝に貢献。同年に大学を卒業。甘いマスクと走攻守を兼ね揃えた六大学のスターとして高い人気を誇っていた。ちなみに、リーグ戦では1度だけリリーフ投手として登板し無失点で切り抜け、球速149km/hも記録したことがある。当時の慶大監督の後藤寿彦は、「試合の勝敗にはすごくこだわるのに、自分の記録や賞についてはギラギラしていない」と語った。大学の後輩である佐藤友亮は、「後輩に怒ることが全く無く、後輩が叱られていたら庇ってくれる仏様のような人」「彼がいなかったら何人も野球部を辞めていた」とプロ入り後に語っている。また、同期である明治大学の川上憲伸投手とは六大学野球新記録となる本塁打を放つなど大学時代よりライバルであった。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード