65件中 11 - 20件表示
  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た秋山翔吾

    しかし試合では同じようなタイプで新人の秋山翔吾・熊代聖人に完全に出番を奪われ、出場機会は昨年に比べ大きく減らすこととなった。は僅か12試合の出場に終わり、10月1日、現役引退を表明した。10月26日に、翌年よりスカウトとして編成部育成アマチュア担当に配属されることが発表された。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た大崎雄太朗

    は打撃不振だったが守備固めや左投手対策のスタメンなどで出場し、一度も二軍落ちすることなく一年を過ごした。シーズン中盤以降は左翼手として左の大崎雄太朗と併用され、得点圏打率.333、代打打率.429と勝負強い打撃を発揮。結果的にレギュラーを獲った04年以来5年ぶりとなる100試合出場を記録した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た慶應義塾高等学校

    慶應義塾高等学校時代は投手。一般受験で首都圏の私学でトップレベルの難関である同校に合格した(同校には推薦入試もあるが、開始されたのは2003年である。野球のかたわら一日10時間勉強を行っていたという)。1995年夏の神奈川大会では決勝まで進出するも甲子園出場を逃す。この時は非常に珍しい「1番・投手」であった。同校を受けた理由は、中学校の野球部監督と慶應義塾高校の野球部監督が湘南高校で先輩後輩の関係であり、監督から薦められたためである。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た弁護士

    慶應義塾大学では一塁手と投手を経験し、その後外野手に転向。4年の春までは1番を打ち、最後の秋には5番に打順を変更しリーグ優勝に貢献する。六大学時代に和田毅から2試合連続先頭打者二塁打を打つなど相性がよく、プロ入り後も和田を得意としている。慶應義塾大学の卒業必要単位を3年終了時に取得していたなど、文武両道を地で行く秀才であった。プロ一年目の春季キャンプの紅白戦で活躍した際には「プロ野球選手にならなければ弁護士を目指していました」というコメントが話題になった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た福岡ソフトバンクホークス

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た高波文一

    4月2日の対楽天戦(宮城球場)でフェンスに激突した際、左肩の脱臼及び左足首内踵骨骨折の重傷を負い、9月に復帰したもののシーズンの大半を棒に振ってしまった。代わりに栗山巧や高波文一、柴田博之らが1番・右翼手として活躍することとなり、レギュラー確保はならなかった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た高山久 (野球)

    高山久のブレイクによりレギュラー定着とまではいかなかったものの、平尾博嗣らと共にチームを支えるいぶし銀として活躍した。の東日本大震災後、佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た今村文昭

    初打点:同上、10回表に今村文昭から適時打佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た柴田博之

    4月2日の対楽天戦(宮城球場)でフェンスに激突した際、左肩の脱臼及び左足首内踵骨骨折の重傷を負い、9月に復帰したもののシーズンの大半を棒に振ってしまった。代わりに栗山巧や高波文一、柴田博之らが1番・右翼手として活躍することとなり、レギュラー確保はならなかった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た高木浩之

    高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード