65件中 21 - 30件表示
  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た福地寿樹

    から背番号を30から10に変更した。しかし開幕当初から打率が上がらず、福地寿樹の加入もあってレギュラーからは外れてしまった。大学時代から得意にしているソフトバンクの和田など、左投手が先発するときにはほとんど例外なく1番バッターとしてスタメン出場したものの、出場試合は少ないシーズンとなってしまった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た熊代聖人

    しかし試合では同じようなタイプで新人の秋山翔吾・熊代聖人に完全に出番を奪われ、出場機会は昨年に比べ大きく減らすこととなった。は僅か12試合の出場に終わり、10月1日、現役引退を表明した。10月26日に、翌年よりスカウトとして編成部育成アマチュア担当に配属されることが発表された。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た潘威倫

    からチームの方針で攻撃重視となったためか出場試合数は減ったが、昨年不振だった打率が.301と好調だった。左投手からはこの年も.325と打ちこんだ。また左ピッチャー限定だった打席も右左問わず、3割に近い打率をマークした。11月開催のアジアシリーズ2008において、6番ライトで先発出場した決勝戦では、9回裏2アウト1塁(1塁走者は石井義人)の場面で潘威倫投手から左中間にサヨナラ適時二塁打を放ち、同シリーズMVPを獲得した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た知能指数

    スポーツ推薦ではなく一般受験で慶應義塾高等学校に入学し、そのまま慶應義塾大学に進学・卒業しており、プロ野球一IQの高い男と紹介されることもある。プロ野球選手になる前は弁護士を目指していた。2006年と2007年は選手会副会長を務め(会長は赤田将吾)、2008年は選手会顧問となった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た全国高等学校野球選手権神奈川大会

    慶應義塾高等学校時代は投手。一般受験で首都圏の私学でトップレベルの難関である同校に合格した(同校には推薦入試もあるが、開始されたのは2003年である。野球のかたわら一日10時間勉強を行っていたという)。1995年夏の神奈川大会では決勝まで進出するも甲子園出場を逃す。この時は非常に珍しい「1番・投手」であった。同校を受けた理由は、中学校の野球部監督と慶應義塾高校の野球部監督が湘南高校で先輩後輩の関係であり、監督から薦められたためである。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    4月2日の対楽天戦(宮城球場)でフェンスに激突した際、左肩の脱臼及び左足首内踵骨骨折の重傷を負い、9月に復帰したもののシーズンの大半を棒に振ってしまった。代わりに栗山巧や高波文一、柴田博之らが1番・右翼手として活躍することとなり、レギュラー確保はならなかった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た東日本大震災

    高山久のブレイクによりレギュラー定着とまではいかなかったものの、平尾博嗣らと共にチームを支えるいぶし銀として活躍した。の東日本大震災後、佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た埼玉西武ライオンズ

    に外野手として西武ライオンズに入団するが、正二塁手が不在の当時のチーム事情から、新人ながら2番・二塁手として開幕スタメンに名を連ねた。初回に初打席初安打を放ったが、これが21世紀のプロ野球初安打となり、先制のホームを踏んで初得点を記録した。不安視された守備だが予想以上の動きを見せ、センスの高さを印象付けた。また、開幕戦で二塁手を務めたその翌日には中堅手としてスタメン出場し、いきなり強肩を活かして補殺を記録するなど、万能ぶりを発揮した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見たオリックス・バファローズ

    初盗塁:2001年3月28日、対オリックス・ブルーウェーブ2回戦(グリーンスタジアム神戸)、2回表に二盗(投手:小倉恒、捕手:日高剛)佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た千葉ロッテマリーンズ

    初出場・初先発出場:2001年3月26日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(西武ドーム)、2番・二塁手として先発出場佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード