51件中 21 - 30件表示
  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見たプロ野球コーチ

    佐藤 友亮(さとう ともあき、1978年6月13日 - )は、神奈川県藤沢市出身の日本の元プロ野球選手(外野手、内野手)。現在は埼玉西武ライオンズの一軍外野守備走塁コーチ。血液型はO型。通称「グラウンドの諸葛亮孔明」。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た高木浩之

    ''は高木浩之が9番・二塁手のレギュラーに定着したため、本職の外野手に専念した。しかし、打撃でのアピールに失敗した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た中日ドラゴンズ

    ''は6月上旬から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降は打率を急上昇させ、自身初の高い打率を記録した。初の2桁盗塁、出塁率.362、その上、パシフィック・リーグ全チームから打率で.300以上を打つなどの結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番の打順を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年振りの日本シリーズ優勝に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    ''は4月2日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で守備の際にフェンスに激突して左肩の脱臼及び左足首内踵骨骨折の重傷を負い、秋に復帰したもののレギュラーシーズンの大半を棒に振ってしまった。佐藤の代わりに栗山巧や高波文一、柴田博之らが1番・右翼手として活躍することとなり、レギュラー確保はならなかった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た全国高等学校野球選手権大会

    慶應義塾高等学校ではエース投手として活躍、2年の夏の神奈川大会では決勝戦まで進出するも、惜しくも日本大学藤沢高等学校に敗れ全国大会出場を逃してしまった。また、この時は非常に珍しい「1番・投手」であった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た弁護士

    慶應義塾大学では1年の春に内野手と投手を務めた。1年の秋には外野手に転向し、主に中堅手としてプレーする。2年の春には首位打者の座を獲得。4年の春までは1番を打ち、4年の秋には打順を5番に変更してリーグ優勝に貢献した。リーグ通算成績は77試合出場、298打数、87安打、打率.292、2本塁打、22打点、48盗塁。東京六大学リーグ時代に和田毅から2試合連続先頭打者二塁打を打つなど、和田とは相性が抜群で、佐藤はプロ入り後も和田を得意としていた。慶應義塾大学の卒業必要単位を3年終了時に取得していたなど、文武両道を地で行く秀才であった。プロ入り直後の2001年の2月のキャンプの紅白試合で活躍した際には「プロ野球選手にならなければ弁護士を目指していました。」というコメントが話題になった。2000年のドラフト会議で西武ライオンズに4位で指名され、外野手として西武に入団し念願のプロ入りを果たした。背番号は「30」に決まった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た慶應義塾高等学校

    慶應義塾高等学校ではエース投手として活躍、2年の夏の神奈川大会では決勝戦まで進出するも、惜しくも日本大学藤沢高等学校に敗れ全国大会出場を逃してしまった。また、この時は非常に珍しい「1番・投手」であった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見たオリックス・バファローズ

    初盗塁:2001年3月28日、対オリックス・ブルーウェーブ2回戦(グリーンスタジアム神戸)、2回表に二盗(投手:小倉恒、捕手:日高剛)佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た内野手

    佐藤 友亮(さとう ともあき、1978年6月13日 - )は、神奈川県藤沢市出身の日本の元プロ野球選手(外野手、内野手)。現在は埼玉西武ライオンズの一軍外野守備走塁コーチ。血液型はO型。通称「グラウンドの諸葛亮孔明」。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た中堅手

    慶應義塾大学では1年の春に内野手と投手を務めた。1年の秋には外野手に転向し、主に中堅手としてプレーする。2年の春には首位打者の座を獲得。4年の春までは1番を打ち、4年の秋には打順を5番に変更してリーグ優勝に貢献した。リーグ通算成績は77試合出場、298打数、87安打、打率.292、2本塁打、22打点、48盗塁。東京六大学リーグ時代に和田毅から2試合連続先頭打者二塁打を打つなど、和田とは相性が抜群で、佐藤はプロ入り後も和田を得意としていた。慶應義塾大学の卒業必要単位を3年終了時に取得していたなど、文武両道を地で行く秀才であった。プロ入り直後の2001年の2月のキャンプの紅白試合で活躍した際には「プロ野球選手にならなければ弁護士を目指していました。」というコメントが話題になった。2000年のドラフト会議で西武ライオンズに4位で指名され、外野手として西武に入団し念願のプロ入りを果たした。背番号は「30」に決まった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード