65件中 31 - 40件表示
  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た中日ドラゴンズ

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た全国高等学校野球選手権大会

    慶應義塾高等学校時代は投手。一般受験で首都圏の私学でトップレベルの難関である同校に合格した(同校には推薦入試もあるが、開始されたのは2003年である。野球のかたわら一日10時間勉強を行っていたという)。1995年夏の神奈川大会では決勝まで進出するも甲子園出場を逃す。この時は非常に珍しい「1番・投手」であった。同校を受けた理由は、中学校の野球部監督と慶應義塾高校の野球部監督が湘南高校で先輩後輩の関係であり、監督から薦められたためである。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た諸葛亮

    ニックネームは「エリート」「グラウンドの諸葛亮孔明」。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た投手

    慶應義塾高等学校時代は投手。一般受験で首都圏の私学でトップレベルの難関である同校に合格した(同校には推薦入試もあるが、開始されたのは2003年である。野球のかたわら一日10時間勉強を行っていたという)。1995年夏の神奈川大会では決勝まで進出するも甲子園出場を逃す。この時は非常に珍しい「1番・投手」であった。同校を受けた理由は、中学校の野球部監督と慶應義塾高校の野球部監督が湘南高校で先輩後輩の関係であり、監督から薦められたためである。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た二塁手

    に外野手として西武ライオンズに入団するが、正二塁手が不在の当時のチーム事情から、新人ながら2番・二塁手として開幕スタメンに名を連ねた。初回に初打席初安打を放ったが、これが21世紀のプロ野球初安打となり、先制のホームを踏んで初得点を記録した。不安視された守備だが予想以上の動きを見せ、センスの高さを印象付けた。また、開幕戦で二塁手を務めたその翌日には中堅手としてスタメン出場し、いきなり強肩を活かして補殺を記録するなど、万能ぶりを発揮した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た打率

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た中堅手

    に外野手として西武ライオンズに入団するが、正二塁手が不在の当時のチーム事情から、新人ながら2番・二塁手として開幕スタメンに名を連ねた。初回に初打席初安打を放ったが、これが21世紀のプロ野球初安打となり、先制のホームを踏んで初得点を記録した。不安視された守備だが予想以上の動きを見せ、センスの高さを印象付けた。また、開幕戦で二塁手を務めたその翌日には中堅手としてスタメン出場し、いきなり強肩を活かして補殺を記録するなど、万能ぶりを発揮した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た外野手

    佐藤 友亮(さとう ともあき、1978年6月13日 - )は、神奈川県藤沢市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た本塁打

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た代打

    栗山巧、大崎雄太朗など守備に不安のある外野手の中で、堅実に守備をこなす選手として信頼されている。バントの技術も優れており、送りバントをするための代打で出たこともある。また、中堅になるにつれて足は遅くなっているが、「走塁が上手い」「暴走などの判断ミスが少ない」という理由から代走に起用されることもある。試合中に代走に出された大崎がそのまま打席に入り四球で出塁した時に、その代走として起用されたこともあった。(大崎はやや暴走する癖がある。)佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード