65件中 41 - 50件表示
  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見たバント

    栗山巧、大崎雄太朗など守備に不安のある外野手の中で、堅実に守備をこなす選手として信頼されている。バントの技術も優れており、送りバントをするための代打で出たこともある。また、中堅になるにつれて足は遅くなっているが、「走塁が上手い」「暴走などの判断ミスが少ない」という理由から代走に起用されることもある。試合中に代走に出された大崎がそのまま打席に入り四球で出塁した時に、その代走として起用されたこともあった。(大崎はやや暴走する癖がある。)佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見たパシフィック・リーグ

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た出塁率

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た補殺

    に外野手として西武ライオンズに入団するが、正二塁手が不在の当時のチーム事情から、新人ながら2番・二塁手として開幕スタメンに名を連ねた。初回に初打席初安打を放ったが、これが21世紀のプロ野球初安打となり、先制のホームを踏んで初得点を記録した。不安視された守備だが予想以上の動きを見せ、センスの高さを印象付けた。また、開幕戦で二塁手を務めたその翌日には中堅手としてスタメン出場し、いきなり強肩を活かして補殺を記録するなど、万能ぶりを発揮した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た宮城球場

    4月2日の対楽天戦(宮城球場)でフェンスに激突した際、左肩の脱臼及び左足首内踵骨骨折の重傷を負い、9月に復帰したもののシーズンの大半を棒に振ってしまった。代わりに栗山巧や高波文一、柴田博之らが1番・右翼手として活躍することとなり、レギュラー確保はならなかった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た盗塁

    は高木浩之が再び二塁手に定着し、打撃でもアピールできずレギュラーから遠ざかることとなった。に課題だった打撃が向上し、本職の外野守備に専念することで再びレギュラー争いに名を上げ、85試合に出場し打率.288と活躍を見せた。当時ルーキーだった和田毅(福岡ダイエーホークス)から自身初の本塁打となる逆転の満塁本塁打を打ちチームの勝利に貢献した。6月から1番・右翼手のレギュラーを獲得。夏場以降打率を急上昇させ、初の打率3割(.317)を記録した。初の2ケタ盗塁、出塁率.362、さらにパシフィック・リーグ全チームから3割以上打つという結果を残し、松井稼頭央移籍後の1番打者の地位を獲得した。中日ドラゴンズとの日本シリーズではチームトップの打率.394をマークする活躍を見せ、チームの12年ぶりの日本一に貢献した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た最優秀防御率

    に同じようなタイプの高波が楽天へ移籍したこともあり、守備をアピールして再びレギュラーを狙った。開幕直後は赤田将吾の長期離脱と福地は左投手が苦手な為中堅手のレギュラーの座が巡って来て、一時は3割を越える打率を残した。しかしその後不調に陥り、打率が2割前半と振るわずレギュラー獲得はならなかった。右投手からは打率.120だが左投手から打率.266と、この年も左投手キラーぶりを発揮した。最優秀防御率を獲得した左投手の成瀬善久からも3割近い打率を残した。左投手のときだけ1番でスタメン出場という起用が多かった。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た神戸総合運動公園野球場

    初盗塁:2001年3月28日、対オリックス・ブルーウェーブ2回戦(グリーンスタジアム神戸)、2回表に二盗(投手:小倉恒、捕手:日高剛)佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見たスターティングメンバー

    に外野手として西武ライオンズに入団するが、正二塁手が不在の当時のチーム事情から、新人ながら2番・二塁手として開幕スタメンに名を連ねた。初回に初打席初安打を放ったが、これが21世紀のプロ野球初安打となり、先制のホームを踏んで初得点を記録した。不安視された守備だが予想以上の動きを見せ、センスの高さを印象付けた。また、開幕戦で二塁手を務めたその翌日には中堅手としてスタメン出場し、いきなり強肩を活かして補殺を記録するなど、万能ぶりを発揮した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤友亮

    佐藤友亮から見た2008年のアジアシリーズ

    からチームの方針で攻撃重視となったためか出場試合数は減ったが、昨年不振だった打率が.301と好調だった。左投手からはこの年も.325と打ちこんだ。また左ピッチャー限定だった打席も右左問わず、3割に近い打率をマークした。11月開催のアジアシリーズ2008において、6番ライトで先発出場した決勝戦では、9回裏2アウト1塁(1塁走者は石井義人)の場面で潘威倫投手から左中間にサヨナラ適時二塁打を放ち、同シリーズMVPを獲得した。佐藤友亮 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「佐藤友亮」のニューストピックワード