前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 山本優弥

    山本優弥から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2005年2月6日、全日本キックボクシング連盟興行で佐藤嘉洋と対戦。1Rに2回、2Rに2回、3Rに1回、4Rに1回と計6回のダウンを奪われ、ジャッジ3者とも39-50という大差の判定負け。山本優弥 フレッシュアイペディアより)

  • ブアカーオ・ポー.プラムック

    ブアカーオ・ポー.プラムックから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2006年6月30日、K-1 WORLD MAX 2006の準々決勝で佐藤嘉洋を2RKOで破ると、続く準決勝でドラゴを判定で下し、決勝戦では前年の決勝で敗れたアンディ・サワーをKOで破り、K-1 WORLD MAX史上初のツータイムスチャンピオンとなった。ブアカーオ・ポー.プラムック フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ザンビディス

    マイク・ザンビディスから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    体格・ファイトスタイル故にアルバート・クラウス、山本"KID"徳郁などパンチを武器とし真っ向から打ち合うファイターとは噛み合うが、小比類巻貴之や魔裟斗、佐藤嘉洋のようにリーチ差を生かすアウトボクサーに対しての戦績は芳しくない。マイク・ザンビディス フレッシュアイペディアより)

  • ガオグライ・ゲーンノラシン

    ガオグライ・ゲーンノラシンから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    WORLD GPシリーズにおいて体格差を超越した戦いで一気にブレイクしたが、元々はMAXシリーズに参戦したかったとのこと。減量を敢行し、念願のMAXの大会で佐藤嘉洋と対戦するが判定負け。「減量で苦しむくらいならヘビー級で闘ったほうがいい」と語り、依然、重量級を主戦場にし続けているが、黒星が目立ちスランプに陥っていた時期があった。また、現在はK-1はおろか日本のリングからも遠ざかっている。ガオグライ・ゲーンノラシン フレッシュアイペディアより)

  • K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜

    K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    -70kg World Championship Tournament FINAL16が3試合行なわれ、長島☆自演乙☆雄一郎、佐藤嘉洋、アルバート・クラウスがベスト8進出を決めた。K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜 フレッシュアイペディアより)

  • TATSUJI

    TATSUJIから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2006年2月4日、K-1デビューとなった「K-1 WORLD MAX 2006 〜日本代表決定トーナメント〜」に出場。1回戦で山本優弥をTKO、準決勝でHAYATOを判定でそれぞれ下したが、決勝では佐藤嘉洋に判定負けし、準優勝となった。TATSUJI フレッシュアイペディアより)

  • 大和哲也

    大和哲也から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    K-1軽量級が行われる以前より、キックボクサーとして高い評価を得ており、佐藤嘉洋や青木真也からも高評価を得ていた。大和哲也 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・メス

    ユーリ・メスから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2009年7月13日の佐藤嘉洋との試合を最後に現役引退を表明した。ユーリ・メス フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴ

    ドラゴから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2009年4月21日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL16のトーナメント1回戦で佐藤嘉洋と対戦し、延長R判定勝ちを収めた。ドラゴ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ファン・ベンローイ

    クリス・ファン・ベンローイから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2003年6月20日、全日本キックボクシング連盟「DEAD HEAT」で佐藤嘉洋と対戦し、判定負け。クリス・ファン・ベンローイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「佐藤嘉洋」のニューストピックワード

  • LINE CREATORS MARKET

  • 私立 聖お台場女学院 地獄大運動会Supported By J:COM

  • テンポも良くて、守りやすいピッチャーだね