47件中 31 - 40件表示
  • K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜

    K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    スーパーファイトで佐藤嘉洋と対戦予定であったジョルジオ・ペトロシアンは右拳負傷により欠場となった。K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜 フレッシュアイペディアより)

  • K-1 WORLD MAX 2010 IN SEOUL -70kg World Championship Tournament FINAL16

    K-1 WORLD MAX 2010 IN SEOUL -70kg World Championship Tournament FINAL16から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    -70kg World Championship Tournamentの1回戦5試合が行なわれ、マイク・ザンビディス、モハメド・カマル、ミハウ・グロガフスキー、ジョルジオ・ペトロシアン、ドラゴが勝利。7月5日に行なわれたK-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜で勝ち抜いた長島☆自演乙☆雄一郎、佐藤嘉洋、アルバート・クラウスの3人と合わせ、11月8日に開催される決勝大会進出者が決定した。K-1 WORLD MAX 2010 IN SEOUL -70kg World Championship Tournament FINAL16 フレッシュアイペディアより)

  • 小比類巻太信

    小比類巻太信から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008で佐藤嘉洋と開幕戦出場を賭けて対戦予定であったが、自身の両膝靭帯損傷のため欠場となった。小比類巻太信 フレッシュアイペディアより)

  • マイティ・モー

    マイティ・モーから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    HERO'S初参戦となった試合前日、名古屋の会場近くの佐藤嘉洋の父親が経営する喫茶店にタクシーで立ち寄り、佐藤オススメのハンバーグ定食、焼きそば、手作りプリン等をペロリと食べ尽くした。その後子ども達のお土産を買いにアーケード街へ向かい、お土産を買った後は飲み屋へ立ち寄り、試合前日であるにもかかわらず日本酒をどんどん飲んで顔を真っ赤にし、店を出た後も紙パックの日本酒を買って飲むなどしていた。だが、翌日の試合は飲酒の影響を微塵も見せずKO勝利し、結果を残した。マイティ・モー フレッシュアイペディアより)

  • 青義軍

    青義軍から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    永田と親交がある、K-1ファイターの佐藤嘉洋も、触発されK-1 MAX 青義軍を同時期に結成しており、2011年3月19日には、プロレス(青義軍)のセコンドに初めて付いた。青義軍 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジオ・ペトロシアン

    ジョルジオ・ペトロシアンから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2010年11月8日、K-1 WORLD MAX 2010 FINALにてアルバート・クラウス、マイク・ザンビディス、佐藤嘉洋に判定勝ちし、優勝。MAX史上初となる連覇を成し遂げた。ジョルジオ・ペトロシアン フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・サワー

    アンディ・サワーから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2011年4月23日、東日本大震災復興チャリティー大会となったSHOOT BOXING 2011 act.2にて、佐藤嘉洋と対戦。「日本の危機を救おうとするサワーの心意気に共鳴した」という理由で、試合まで1ヶ月という短い準備期間ながら参戦してきた佐藤に対して敬意を抱いたサワーが、SBルール対策の出来ていない佐藤に配慮してこの試合は投げ技・絞め技・関節技禁止、首相撲有りの3分3R特別ルールで行われ、2R終了直前にはダウン寸前まで圧倒し、3-0の判定勝ちを収めた。アンディ・サワー フレッシュアイペディアより)

  • GLORY (格闘技)

    GLORY (格闘技)から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    K-1を買収するつもりだったブーンと、ブーンに協力していた大手独立系スポーツ・マーケティング広告代理店トータル・スポーツ・アジア(TSA)、石油系ヘッジファンド『BlueGold』の運営で財を成した投資家のピエール・アンデュランド(Pierre Andurand)らが改めて結託し、ピエールとTSAが合わせて総額3000万ドル(約23億円)以上の出資をして、ゴールデン・グローリージムとは独立した興行の運営母体としてグローリー・スポーツ・インターナショナル(Glory Sports International Pte LTD.)を設立(略称はGSI)。2012年3月23日のモスクワ大会で事実上旗揚げした。また、それまではキックボクシングと総合格闘技(MMA)の試合を並行して組んでいたが、GSI旗揚げ以降はキックボクシングをメインとして重視するようになった。この時点で既にゴールデン・グローリージム所属選手たちに加えてピーター・アーツやジェロム・レ・バンナ、ジョルジオ・ペトロシアン、佐藤嘉洋といった大物選手を複数獲得していることを明らかにしており、世界屈指の新たなキックボクシングの一大勢力が出現した形になった。法人としてのGSIはシンガポールに所在し、クアランブールにも拠点会社を持つ。GSIの会長にはピエールが就任しているが、GSIには複数のオーナーがおり、ゴールデン・グローリーのマルタイン・デ・ヨング、コー・ヘマース、ブーンらも少ないながらもオーナーシップをシェアしている。GLORY (格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL

    K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINALから見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    -70kg World Championship Tournamentの決勝トーナメントが行なわれ、ジョルジオ・ペトロシアンが3試合連続で判定勝ちを収め2009年に続きWORLD MAX初となる2連覇を果たした。佐藤嘉洋は自身初の決勝進出を果たしたものの準優勝となった。K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL フレッシュアイペディアより)

  • 魔裟斗

    魔裟斗から見た佐藤嘉洋佐藤 嘉洋

    2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALのトーナメント準決勝で、かねてから魔裟斗との対戦を熱望していた佐藤嘉洋と対戦。3Rに左フックでダウンを奪われるが、その後手数で上回り延長Rにもつれ込む。その際、当時は「優勢選手に必ず10ポイントを付ける」というルールであったが、レフェリーの角田信朗がジャッジの点数を不正に改竄(ジャッジペーパーでは10-9となっていたが、わかりやすさを優先するという名目で9-8になった)したため、不信と混乱を招いた。その後延長Rで形勢逆転し、判定勝ち。続くアルトゥール・キシェンコとの決勝戦でも同様の判定が起こり、2Rに右フックでダウンを喫するも3R巻き返し、3R終了時の判定はドローとなり、延長Rに判定勝ち。2度目のK-1 WORLD MAX世界王者となった。優勝直後にはリング上で「15年間やってきて、1つのことを頑張るといいことがあるって思ったね。皆も色々とあるだろうけど、途中で投げずに続ければ、結果はどうであれ、充実できると思う。はっきり言って俺は99%の努力と1%の才能でここまで来たけど、“継続は力なり”じゃないけど、ずっと続けたことが、このチャンピオンベルトにつながったと思います」とコメントした。魔裟斗 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「佐藤嘉洋」のニューストピックワード

  • LINE CREATORS MARKET

  • 私立 聖お台場女学院 地獄大運動会Supported By J:COM

  • テンポも良くて、守りやすいピッチャーだね