前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たアルバート・クラウス

    以前はKOに対する拘りを持っていなかったが、2006年9月の試合でアルバート・クラウスに敗北後、関係者やファンからだけでは無く家族からも「ファイトスタイルを変えた方がいい」とダメ出しをされ、ヤケ酒を呷るほど腐っていたという。しかし、ライバル視する魔裟斗がK-1 WORLD MAXを背負い体を張って戦う姿勢を見て、「これまでは勝てばいいと思ってやってきたが、KOも大事だなと思うようになってきた。もっと気持ちを前面に出していきたい。」と述べるなど、積極的にKOを狙う姿勢が見られる様になった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たブアカーオ・ポー.プラムック

    2006年6月30日、K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦に出場。準々決勝でブアカーオ・ポー\.プラムック(タイ)に一か八かのパンチ勝負を挑んだのが裏目に出て2RKO負け。試合後のインタビューでは悔し涙を流し、再起を誓った。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た山本優弥

    2005年2月6日、全日本キックボクシング連盟興行で山本優弥と対戦し、1Rに2回、2Rに2回、3Rに1回、4Rに1回と計6回のダウンを奪い、ジャッジ3者とも50-39という大差の判定勝ち。当初は清水貴彦との対戦予定であったが変更された。佐藤は自分が思う強い選手との試合がなかなか組まれない当時の状況に不満を感じており、この試合が組まれた段階で全日本キックボクシング連盟退団を決意していた。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た魔裟斗魔裟斗

    かつて魔裟斗、武田幸三、小比類巻貴之、宍戸大樹の4人を倒さなければ「日本人最強」を証明出来ない、とインタビューに答えていた。中でも魔裟斗に対しては並々ならぬ執着心を見せていた。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たシェイン・チャップマン

    ムエタイルールではガオラン・カウイチットやシェイン・チャップマン等の実力者に勝利し、世界タイトルも2つ獲得した。また、オランダの『スーパーリーグ』で日本人キックボクサーとして初勝利を飾る等の実績を持つ。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たジョルジオ・ペトロシアン

    2010年3月27日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜でダニロ・ザノリニと対戦し、右膝蹴りでKO勝ち。当初はジョルジオ・ペトロシアンと対戦予定であったが、ペトロシアンの右拳負傷により対戦相手が変更となった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た名城裕司

    2010年8月14日、Krush.9のメインイベントで名城裕司と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。当初は山本優弥が出場予定であったが、急性虫垂炎および汎発性腹膜炎による欠場を受けての出場となった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た武田幸三

    かつて魔裟斗、武田幸三、小比類巻貴之、宍戸大樹の4人を倒さなければ「日本人最強」を証明出来ない、とインタビューに答えていた。中でも魔裟斗に対しては並々ならぬ執着心を見せていた。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た城戸康裕

    2009年10月26日、K-1 WORLD MAX 2009 FINALのリザーブファイトで城戸康裕と対戦し、2Rに互いにダウンを一度ずつ奪い、右フックで2度目のダウンを奪ってKO勝ち。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た楢崎正剛

    佐藤のファンだというサッカー選手の小野伸二とは、オランダのスーパーリーグ時代に交流を深めた(煽りVTRより)。また、実家の喫茶店にJリーグ・名古屋グランパスエイトの楢崎正剛が来店したり、『ぶる〜と整骨院』にも、楢崎と同じグランパスに所属していた本田圭佑等のスポーツ選手やタレントが多く来店している。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「佐藤嘉洋」のニューストピックワード

  • LINE CREATORS MARKET

  • 私立 聖お台場女学院 地獄大運動会Supported By J:COM

  • テンポも良くて、守りやすいピッチャーだね