92件中 61 - 70件表示
  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見た名城大学

    名城大学附属高等学校を経て、名城大学商学部(現:経営学部)卒業。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見た日本

    佐藤 嘉洋(さとう よしひろ、1981年1月25日 - )は、日本のキックボクサー。愛知県名古屋市出身。名古屋JKファクトリー所属。マネージメント先は株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング。元ISKAオリエンタル世界ライトミドル級王者。元WPKCムエタイ世界スーパーウェルター級王者。元WKAムエタイ世界ウェルター級王者。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見たK-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL

    2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALのトーナメント準決勝で、以前から対戦を熱望していた魔裟斗と対戦。3Rに魔裟斗からダウンを奪い追い詰めるが、当時は「優勢選手に必ず10ポイントを付ける」というルールであったにもかかわらず、優勢と判断された佐藤に9ポイントしか付かないという、ルール変更とも受け取られかねないジャッジであった為、判定終了後に観客席からリング上に向かって物が投げ込まれるなどし、場内は一時騒然となった(テレビ中継時にはカットされている)。その後延長Rで形勢逆転され、判定負けを喫した。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見たライブドア・ショック

    2005年頃から、オンライントレードによる株式投資を行っていたが、2006年1月のいわゆるライブドア・ショックによる株価暴落を受け、「今までの儲けが全部無くなってしまった。」とインタビューで語り話題となった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見た経営学部

    名城大学附属高等学校を経て、名城大学商学部(現:経営学部)卒業。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見た喧嘩

    格闘技を始めたきっかけは、ボクシングジムを見学する約束をしていた友人と直前に喧嘩となり、コテンパンにされたことだという。その後、自宅近くにあったキックボクシングジム『名古屋JKファクトリー』に入門し、グローブ空手選手権優勝を経て、1998年12月25日にプロデビュー、宮本勲と対戦し、判定勝ちを収めた。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見たK-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜

    2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜で小比類巻貴之と開幕戦出場を賭けて対戦予定であったが、小比類巻の靭帯損傷により欠場、代わりにブアカーオ・ポー.プラムックとのワンマッチに変更された。試合は延長まで縺れ込み、左フックでブアカーオをぐらつかせる場面もあったが、1-2の判定負け。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見た郷土愛

    実家は喫茶店。郷土愛が強く、現在も愛知県に在住しており、地元にある整骨院『ぶる〜と整骨院』のオーナーも務めている。記者会見や試合後のマイクパフォーマンスでは、「愛を知る県、愛知県から来ました佐藤嘉洋です。」を常套句にしていて、得意技の一つである右ストレートに「愛知拳」と命名した。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見た前蹴り

    ローキックとパンチ主体のファイトスタイルを持ち、同じ個所を執拗に攻め続けて相手選手にダメージを蓄積させる戦法を持つ。また、手数も多く、タレントの関根勤は佐藤の試合映像を分析し、「3秒に1回攻撃する男」と評している。リーチの長いローキックと前蹴り、顎やボディへのテンカオ(組み付かない形での膝蹴り)、そしてタイミングを合わせたパンチによって試合の流れを掴む効率の良い戦いを展開し、ダメージの蓄積により相手選手をTKOないしドクターストップに追い込む勝ち方も少なくない。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤嘉洋

    佐藤嘉洋から見たフランス

    2004年2月28日、ヤッシーン・ベンファッジ(フランス)の持つWPKC世界ムエタイスーパーウェルター級王座に挑戦。5R目にダウンを2回奪い逆転判定勝ち。王座奪取成功。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「佐藤嘉洋」のニューストピックワード