91件中 61 - 70件表示
  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た国際競技空手協会

    2012年2月17日、Krush.16で、ファディ・メルザの保持するISKA世界ライトミドル級王座に挑戦。王者を終始圧倒し、ジャッジ3者とも50-45の判定で王座を奪取した。3本目の世界王座を獲得するとともに、世界3階級制覇を達成。リング上で、試合前に宣言していた格闘技界を盛り上げるプランとして、ジョルジオ・ペトロシアンとの防衛戦を希望した。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たウクライナ

    2008年12月31日、Dynamite!!に初出場し、アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)と対戦。0-2の判定負け。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たイーマ

    2日後の2月8日、全日本キックボクシング連盟および所属していた名古屋JKファクトリーを退団、人材派遣会社・フルキャストグループ傘下のフルキャストスポーツ(現:イーマ)所属となった。これにより、保持していたWKAおよびWPKCのタイトルは剥奪された。ただ、後に名古屋JKファクトリーの小森次郎会長と和解し、再び同ジム所属となった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た日本プロサッカーリーグ

    佐藤のファンだというサッカー選手の小野伸二とは、オランダのスーパーリーグ時代に交流を深めた(煽りVTRより)。また、実家の喫茶店にJリーグ・名古屋グランパスエイトの楢崎正剛が来店したり、『ぶる〜と整骨院』にも、楢崎と同じグランパスに所属していた本田圭佑等のスポーツ選手やタレントが多く来店している。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たK-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜

    2010年3月27日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜でダニロ・ザノリニと対戦し、右膝蹴りでKO勝ち。当初はジョルジオ・ペトロシアンと対戦予定であったが、ペトロシアンの右拳負傷により対戦相手が変更となった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たK-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16

    2009年4月21日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL16のトーナメント1回戦でドラゴ(アルメニア)と対戦。延長R判定負けを喫し、FINAL8進出はならなかった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た世界プロムエタイ連盟

    2004年4月17日、チャンプアック・チョー・シープラーサート(タイ)とWPMF世界ムエタイウェルター級タイトルマッチを行い、肘打ちによる流血のため、4RTKO負け。同王座獲得失敗。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た靭帯損傷

    2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜で小比類巻貴之と開幕戦出場を賭けて対戦予定であったが、小比類巻の靭帯損傷により欠場、代わりにブアカーオ・ポー.プラムックとのワンマッチに変更された。試合は延長まで縺れ込み、左フックでブアカーオをぐらつかせる場面もあったが、1-2の判定負け。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た施術所

    実家は喫茶店。郷土愛が強く、現在も愛知県に在住しており、地元にある整骨院『ぶる〜と整骨院』のオーナーも務めている。記者会見や試合後のマイクパフォーマンスでは、「愛を知る県、愛知県から来ました佐藤嘉洋です。」を常套句にしていて、得意技の一つである右ストレートに「愛知拳」と命名した。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たヘビー級

    2005年10月5日、K-1 WORLD MAX 2005 世界王者対抗戦で、ヘビー級から階級を下げたガオグライ・ゲーンノラシン(タイ)と対戦。執拗なまでのローキック、膝蹴りの連打で判定勝利。前述の所属ジムとのトラブルにより出場が危ぶまれていた背景もあってか、勝利後、歓喜の余り号泣した。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示

「佐藤嘉洋」のニューストピックワード

  • LINE CREATORS MARKET

  • 私立 聖お台場女学院 地獄大運動会Supported By J:COM

  • テンポも良くて、守りやすいピッチャーだね