91件中 71 - 80件表示
  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たライバル

    以前はKOに対する拘りを持っていなかったが、2006年9月の試合でアルバート・クラウスに敗北後、関係者やファンからだけでは無く家族からも「ファイトスタイルを変えた方がいい」とダメ出しをされ、ヤケ酒を呷るほど腐っていたという。しかし、ライバル視する魔裟斗がK-1 WORLD MAXを背負い体を張って戦う姿勢を見て、「これまでは勝てばいいと思ってやってきたが、KOも大事だなと思うようになってきた。もっと気持ちを前面に出していきたい。」と述べるなど、積極的にKOを狙う姿勢が見られる様になった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たK-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL

    2009年10月26日、K-1 WORLD MAX 2009 FINALのリザーブファイトで城戸康裕と対戦し、2Rに互いにダウンを一度ずつ奪い、右フックで2度目のダウンを奪ってKO勝ち。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たK-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜

    2010年7月5日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16〜で山本優弥と対戦し、2-0の判定勝ち。後日、ジャッジの集計ミスが発覚し、3-0の判定勝ちへの訂正が発表された。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た商学部

    名城大学附属高等学校を経て、名城大学商学部(現:経営学部)卒業。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た日本

    佐藤 嘉洋(さとう よしひろ、1981年1月25日 - )は、日本のキックボクサー。愛知県名古屋市出身。元WKA世界ムエタイウェルター級ならびに、元WPKC世界ムエタイスーパーウェルター級王者。名古屋JKファクトリー所属。マネージメント先はF.O.L Sports Tokyo(エフ・オー・エルスポーツトウキョウ)。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たライブドア・ショック

    2005年頃から、オンライントレードによる株式投資を行っていたが、2006年1月のいわゆるライブドア・ショックによる株価暴落を受け、「今までの儲けが全部無くなってしまった。」とインタビューで語り話題となった。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た喧嘩

    格闘技を始めたきっかけは、ボクシングジムを見学する約束をしていた友人と直前に喧嘩となり、コテンパンにされたことだという。その後、自宅近くにあったキックボクシングジム『名古屋JKファクトリー』に入門し、グローブ空手選手権優勝を経て、1998年12月25日にプロデビュー、宮本勲と対戦し、判定勝ちを収めた。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た前蹴り

    ローキックとパンチ主体のファイトスタイルを持ち、同じ個所を執拗に攻め続けて相手選手にダメージを蓄積させる戦法を持つ。また、手数も多く、タレントの関根勤は佐藤の試合映像を分析し、「3秒に1回攻撃する男」と評している。リーチの長いローキックと前蹴り、顎やボディへのテンカオ(組み付かない形での膝蹴り)、そしてタイミングを合わせたパンチによって試合の流れを掴む効率の良い戦いを展開し、ダメージの蓄積により相手選手をTKOないしドクターストップに追い込む勝ち方も少なくない。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見たDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜

    2008年12月31日、Dynamite!!に初出場し、アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)と対戦。0-2の判定負け。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た視力

    日常生活では眼鏡を掛けているが、車の免許を取得出来るだけの視力はあるので、試合時は当然のことながら裸眼である。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示

「佐藤嘉洋」のニューストピックワード