前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示
  • スーパーアグリF1チーム

    スーパーアグリF1チームから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    参戦当初はマシンの車体に「Born in Japan」の文字が掲げられていたが、その後そのスペースにはスポンサーのロゴが入れられた。上記2007年スペインGPでの入賞はファーストドライバーである佐藤琢磨によって達成されており、「純日本体制」による初の快挙となった。スーパーアグリF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2005年度はイタリアシリーズに加えユーロシリーズも戦い、両シリーズともチャンピオンに輝いた。なお小林はヨーロッパのフォーミュラ・ルノー選手権においてシリーズチャンピオンに輝いた最初の日本人であり、ヨーロッパのフォーミュラカー選手権において日本人ドライバーがタイトルを獲得したのは2001年度に金石年弘・佐藤琢磨・福田良がそれぞれドイツ・イギリス・フランスのF3選手権でシリーズチャンピオンとなって以来のことであった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • モータースポーツ板

    モータースポーツ板から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    板名の通り、モータースポーツ全般(世界ラリー選手権、ロードレース世界選手権、フォーミュラ・ニッポン、SUPER GTなど)およびフォーミュラ1(F1)について扱う板である。しかし、板内スレッドの圧倒的多数はF1に関連したものであり、F1のレース開催週と未開催週との書き込み数の差が激しいのが特徴(開催週は1日10000レスを超えることもあるが、それ以外の日では平均約2000レスと落ち込む)。また、初期は書き込みが1000に到達するスレッドも少ないいわゆる過疎板であったが、日本人F1ドライバーの活躍(佐藤琢磨など)の効果で住人が増加した。モータースポーツ板 フレッシュアイペディアより)

  • 福田良

    福田良から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2001年にフランスF3でシリーズチャンピオンを獲得しているが、一時レースへの参戦自体がままならない状況に追い込まれるなど、佐藤琢磨、金石年弘といった同期のF3チャンピオンと比べると不遇のドライバーといえる。福田良 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ところがシーズン前にエンジニアの大量離脱があり、マシンもエンジンとのマッチングに苦しんだ。ドイツGP直前には突然フレンツェンを解雇。代わりにゾンタを2戦起用した後、プロストからジャン・アレジが加入する。アレジは契約延長を望んだが、ホンダとの関係でチームが佐藤琢磨を起用する意向であったため、最終戦日本GPをもって現役を引退した。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    鈴木亜久里が新レーシングチーム「スーパーアグリ・フォーミュラ1」を発足、F1に参加申請を済ませた事を正式に発表。日本人が個人でF1のチームオーナーになるのは史上初。ホンダからエンジン供給を、ブリヂストンからタイヤ供給を受ける予定で、ドライバーには佐藤琢磨を起用する方向で交渉中。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・デビッドソン

    アンソニー・デビッドソンから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2001年にはF3チームカーリン・モータースポーツと契約しイギリスF3選手権に参戦。2000年度イギリスF3においてシリーズ3位ながらも英オートスポーツ誌で2000年度最速ドライバーとして評価されるなどして2001年イギリスF3で最有力候補とされていた佐藤琢磨のチームメイトに自ら志願。カーリン・モータースポーツと契約したのは佐藤琢磨がいたからだと後に語っている。そして参戦初年度ながら、チームメイトの佐藤琢磨に次ぐランキング2位を獲得。車体に慣れるに従いシーズン後半は調子を上げ、6月以降は佐藤を上回る成績を残した。アンソニー・デビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    また第1ピリオド突破を目指していたスーパーアグリの2台は、アンソニー・デビッドソンが8番手、佐藤琢磨が12番手となり、Q2初進出となった。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 006

    B・A・R 006から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ファイル:Sato_usgp_2004.jpg|アメリカGPで自身初の表彰台を獲得した佐藤琢磨と006。B・A・R 006 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2日目フリー走行3回目にてチームメイトの佐藤琢磨を上回るタイムを出したスーパーアグリの山本左近が、ステアリングの不調からヘアピンカーブにてスピンし、それにより最後尾グリッドとなった。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード