前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示
  • 小林可夢偉

    小林可夢偉から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2005年度はイタリアシリーズに加えユーロシリーズも戦い、両シリーズともチャンピオンを獲得。なお小林はヨーロッパのフォーミュラ・ルノー選手権においてシリーズチャンピオンを獲得した最初の日本人であり、ヨーロッパのフォーミュラカー選手権において日本人ドライバーがタイトルを獲得したのは2001年度に金石年弘・佐藤琢磨・福田良がそれぞれドイツ・イギリス・フランスのF3選手権でシリーズチャンピオンとなって以来のことであった。小林可夢偉 フレッシュアイペディアより)

  • モータースポーツ板

    モータースポーツ板から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    板名の通り、モータースポーツ全般(世界ラリー選手権、ロードレース世界選手権、フォーミュラ・ニッポン、SUPER GTなど)およびフォーミュラ1(F1)について扱う板である。しかし、板内スレッドの圧倒的多数はF1に関連したものであり、F1のレース開催週と未開催週との書き込み数の差が激しいのが特徴(開催週は1日10000レスを超えることもあるが、それ以外の日では平均約2000レスと落ち込む)。また、初期は書き込みが1000に到達するスレッドも少ないいわゆる過疎板であったが、日本人F1ドライバーの活躍(佐藤琢磨など)の効果で住人が増加した。モータースポーツ板 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    11月1日 - 鈴木亜久里が新レーシングチーム「スーパーアグリ・フォーミュラ1」を発足、F1に参加申請を済ませた事を正式に発表。日本人が個人でF1のチームオーナーになるのは史上初。ホンダからエンジン供給を、ブリヂストンからタイヤ供給を受ける予定で、ドライバーには佐藤琢磨を起用する方向で交渉中。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のインディカー・シリーズ

    2017年のインディカー・シリーズから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2017年のベライゾン・インディカー・シリーズ (2017 Verizon IndyCar Series) は、インディカー・シリーズの22年目のシーズンとなる。第101回インディアナポリス500マイルレースはシリーズ6戦目として5月28日に開催され、佐藤琢磨が優勝した。2011年のインディ・ライツチャンピオンであるジョセフ・ニューガーデンがインディカー・シリーズフル参戦6年目にして初のタイトルを獲得した。ニューガーデンはチーム・ペンスキー移籍初年で、4勝を挙げ1度のポールポジションを達成した。チーム・ペンスキーは15年目の選手権で、4年ぶり3度目のタイトルであった。2017年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーアグリF1チーム

    スーパーアグリF1チームから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2005年に元F1ドライバーの鈴木亜久里により発足。ホンダから技術面・資金面のバックアップを受け、2006年シーズン開幕戦よりF1参戦を開始した。初年度は準備不足もあり入賞なしに終わったが、2年目の2007年第4戦スペインGPで佐藤琢磨がチーム初ポイント(8位・1ポイント)を獲得。さらに第6戦カナダGPでも佐藤がポイントを獲得し(6位・3ポイント)、低迷を続けるホンダF1をコンストラクターズポイントで一時上回る健闘を見せた。スーパーアグリF1チーム フレッシュアイペディアより)

  • 2005年フランスグランプリ

    2005年フランスグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    レースが始まるとアロンソは見る見るうちに加速し、その後方ではトゥルーリが第1コーナーでミハエル・シューマッハを防いだ。一方ルーベンス・バリチェロが佐藤琢磨を追い抜いて4位となった。ライコネンはマーク・ウェバーとラルフ・シューマッハを抜いて第1ラップの終わりには11位となった。第2ラップでアロンソは2位との差を3秒に広げ、一方でライコネンはジャック・ヴィルヌーヴを抜いて10位に浮上した。レッドブルのクリスチャン・クリエンが2ラップ目で燃料圧不足のためこのレースで最初のリタイアとなる。アロンソは連続してファステストラップを記録し続け、5ラップ後にはトゥルーリに対して7秒以上の差を付けていた。トゥルーリはシューマッハを抑えながらも1周当たり1.5秒はアロンソに遅れ、シューマッハは数周に渡って打開策を見つけられず、最初のドライバーがピットストップを始めるまでに、アロンソとの差を19秒まで広げられてしまった。2005年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・EJ12

    ジョーダン・EJ12から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ドライバーはジョーダンへ復帰したジャンカルロ・フィジケラと、テストドライバーからF1デビューを果たした佐藤琢磨。2002年シーズンの関心は、同じホンダエンジンを搭載するB・A・Rとのランキング争いになった。フィジケラは粘りの走りで4度のポイント獲得。佐藤はマレーシアGPでフィジケラに追突、モナコGPでフィジケラに順位を譲ろうとしてクラッシュ、オーストリアGPではスピンしたニック・ハイドフェルドに突っ込まれてマシンが大破するなどアクシデントが続いたが、最終戦日本GPで5位初入賞し、チームのランキング6位浮上に貢献した。しかし、この年限りでホンダエンジンを失うことになった。ジョーダン・EJ12 フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 006

    B・A・R 006から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ファイル:Sato_usgp_2004.jpg|アメリカGPで自身初の表彰台を獲得した佐藤琢磨と006。B・A・R 006 フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 007

    B・A・R 007から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2005年1月13日、イギリスのシルバーストン・ナショナルサーキットで佐藤琢磨によってシェイクダウンされた。同月16日にはスペインのカタロニア・サーキットで報道陣などを招いての新車発表会が行われた。発表会の後、続けてバルセロナでのテストを予定していたが、路面舗装の都合によりバレンシア・サーキットでのテスト(同月19 - 21日)に変更された。その後、同月25 - 28日、2月1 - 4日にかけてバレンシアでの合同テストに参加するも、ロングラン中に幾度となく発生するエンジンブローとグリップ・ペース不足に悩まされた。B・A・R 007 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のインディカー・シリーズ

    2013年のインディカー・シリーズから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨はレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングからA.J.フォイト・エンタープライズに移籍した。2013年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード