147件中 11 - 20件表示
  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    また第1ピリオド突破を目指していたスーパーアグリの2台は、アンソニー・デビッドソンが8番手、佐藤琢磨が12番手となり、Q2初進出となった。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アメリカグランプリ

    2004年アメリカグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ヤルノ・トゥルーリはギアボックスの不調でタイムアタックを諦め、最後尾からの決勝スタートとなった。バリチェロがタイムアタックを行うまで、今回でF1出走150戦目を迎えるオリビエ・パニスが7番手。モントーヤも1分10秒台に入ることができず4番手とミハエルが依然暫定トップに立つ。佐藤琢磨がこの時点で2番手だったが、最終アタッカーのバリチェロが暫定トップのミハエルを0.177秒上回る1'10.223で、今シーズン初のポールポジションを獲得した。2004年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2日目フリー走行3回目にてチームメイトの佐藤琢磨を上回るタイムを出したスーパーアグリの山本左近が、ステアリングの不調からヘアピンカーブにてスピンし、それにより最後尾グリッドとなった。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のF1世界選手権

    2002年のF1世界選手権から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ジョーダンはシーズン序盤は不振に陥り、入賞はジャンカルロ・フィジケラさえ4回にとどまった。佐藤琢磨はトラブルやアクシデントも多く、最終戦前までは最高位がドイツGPの8位であったが、最終戦・母国レースとなる日本GPで予選7位・決勝5位を獲得した。またアクシデントも多く、オーストリアグランプリでは佐藤琢磨が決勝レース中に大クラッシュし、病院に搬送され、フランスグランプリではフィジケラがプラクティスでクラッシュし、レースには参戦できなかった。2002年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷明彦

    中谷明彦から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    レーシングドライバーの中でも特に理論派として知られ、自らが主催する「中谷塾」ではドライビングテクニックを座学中心に学ぶという従来のレーシングスクール等と一線を画すカリキュラムにより、佐藤琢磨を初めとする多くのドライバーを育てている。中谷明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福田良

    福田良から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2001年にフランスF3でシリーズチャンピオンを獲得しているが、一時レースへの参戦自体がままならない状況に追い込まれるなど、佐藤琢磨、金石年弘といった同期のF3チャンピオンと比べると不遇のドライバーといえる。福田良 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ところがシーズン前にエンジニアの大量離脱があり、マシンもエンジンとのマッチングに苦しんだ。ドイツGP直前には突然フレンツェンを解雇。代わりにゾンタを2戦起用した後、プロストからジャン・アレジが加入する。アレジは契約延長を望んだが、ホンダとの関係でチームが佐藤琢磨を起用する意向であったため、最終戦日本GPをもって現役を引退した。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業のモータースポーツ

    本田技研工業のモータースポーツから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    次世代選手の発掘・育成として鈴鹿サーキットレーシングスクールを開校し、佐藤琢磨、松田次生らを輩出した。1999年2005年までジュニア・フォーミュラのフォーミュラ・ドリームを開催した。2006年〜2013年にかけてトヨタ、日産ととも設立したフォーミュラチャレンジ・ジャパンを支援したほか、2014年からはフォーミュラ4に育成ドライバーを送り込んでおり、フォーミュラ・ドリームは若手育成プロジェクトの名称とされている。本田技研工業のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

    アントニオ・フェリックス・ダ・コスタから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    決勝レースのスタートでも、予選レースと同様リスボアコーナーでダ・コスタが先頭に立ち、ゴールまでそのままリードし、1954年に エドゥアルド・デ・カルヴァーリョ が優勝して以来のポルトガル人のマカオグランプリ優勝者となった。Carlin チームとしては、2001年に佐藤琢磨が優勝して以来のマカオグランプリ勝利であった。アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • F1グランプリ

    F1グランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    翌2008年もテーマ曲は継続して使用されたが、件のアニメが廃止され、ネルソン・ピケ・ネルソン・ピケJr.、ケケ・ロズベルグ・ニコ・ロズベルグ、中嶋悟・中嶋一貴の親子ドライバーを中心に、キミ・ライコネン、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソのトップドライバー、ジェンソン・バトン、ティモ・グロックの日本ワークスドライバー、日本人ドライバーの佐藤琢磨が紹介された。F1グランプリ フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード