120件中 21 - 30件表示
  • 中本修平

    中本修平から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    その功績を買われ、2000年から17年間携わった現場を離れてホンダのF1プロジェクトに参加。現場監督という役目を任され、レースは勿論、ほとんどのマシンテストにも同行し開発、指揮を執る。2002年にホンダ・レーシング・ディベロップメントレース・テストチーム・マネージャーに就任。2003年にホンダ・レーシング・ディベロップメントエンジニアリング・ディレクターに就任。しかし、2004年にエンジントラブルが目立ち、技術開発の責任者的立場である中本は批判を受けるが、これに耐えながらエンジン開発を進める。そして同年、当時B・A・RでF1に参戦していた佐藤琢磨がアメリカグランプリで3位で初の表彰台に立った時には、「ヤツ(佐藤)にはこれまでフラストレーションの溜まるレースをさせてしまっていたから…」と余りの嬉しさに涙を流しながらインタビューに答えた。中本修平 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム

    トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2002年からのF1参戦を決定したトヨタ自動車では、ドライバーの人材不足を痛感しており、若手有能ドライバーの育成を急務としていた。モータースポーツの発達しているヨーロッパにおいては、自動車会社が主催・後援のもと、レーシング・スクールやそれと一体化したスカラシップ制度が発達して(例としてはフランスのフォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパス)、幾多の人材を輩出しており、日本においても、ホンダが後援し鈴鹿サーキットで開講している「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)」が、F3へのスカラシップを通じて、佐藤琢磨をF1に送り出すなどの成果を挙げていた。トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 絶望に効くクスリ

    絶望に効くクスリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨(F1ドライバー)絶望に効くクスリ フレッシュアイペディアより)

  • F1速報

    F1速報から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    基本的には取材陣の日常を追う形だが、「1998年ブラジルGP、マクラーレンのコックピット内部撮影」「ミシュランタイヤ違反疑惑検証」「フェラーリバージボード疑惑分析」「佐藤琢磨移籍問題フライング事件」など、数々のスクープや技術分析なども行った。「2007年日本GPの混乱への対応」では批判的な意見も多数採用し、話題を呼んだ。疑惑やフライングの際などにはアクセスが集中し、サーバーダウンが起るなどの事象もあった。F1速報 フレッシュアイペディアより)

  • トルコグランプリ

    トルコグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ルノーのフェルナンド・アロンソとのチャンピオンシップポイント差を26点ビハインドで迎えたマクラーレンのキミ・ライコネンはポールポジションからスタートするも、ルノーのジャンカルロ・フィジケラにスタート直後に交わされた。しかし1周目の12コーナー手前でフィジケラをで追い越すとそのまま独走態勢に入り、中盤以降はチームメイトのファン・パブロ・モントーヤと1-2体制を築いた。しかし、レース終盤にモントーヤがジョーダンのティアゴ・モンテイロと接触した影響からコースアウトする間に、アロンソが2位を奪い返し、チャンピオンシップ争いの「失点」を最小限に食い止めることに成功した。また、予選においては、B・A・Rのジェンソン・バトンと佐藤琢磨が8コーナーでのコースアウトにより大きくタイムロス、フェラーリのミハエル・シューマッハやザウバーのジャック・ヴィルヌーヴはスピンを喫するなどの波乱が見られた。トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年トルコグランプリ

    2005年トルコグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨はマーク・ウェバーをブロックしたことでグリッド降格(佐藤はチームからの無線連絡が無かったためウェバーが接近していたことに気づいていなかった。)、ターン9でスピンし予選後にエンジンを交換したミハエル・シューマッハの後ろからのスタートとなった。2005年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ラルフ・シューマッハの前にアタックしたレッドブルのクリスチャン・クリエンが自己ベストの4位を獲得し、BARの佐藤琢磨が5位につけた。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ガルヴァオン・ブエノ

    ガルヴァオン・ブエノから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    Acham que Trulli tiver alguma culpa daquele? - (先ほどの)アレだが、トゥルーリに何か問題があったと思うか? - 2005年日本GPの佐藤琢磨とヤルノ・トゥルーリの接触事故について解説陣に。こうして議論が始まる。この例の場合も、事故発生直後は全く話を振らず、実況陣の冷静さが回復した頃合を見計らって発言しているガルヴァオン・ブエノ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年ブラジルグランプリ

    2002年ブラジルグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    チェッカーフラッグはペレが振ることになっていたが、シューマッハ兄弟がフィニッシュラインに到達したとき、ペレは誰かと話していてフラッグを振るのを忘れてしまった。ペレは結局2ラップ遅れで走行していた佐藤琢磨がラインに到達したときフラッグを振った。これは技術的には、チェッカーを最初に見た佐藤がこのレースに優勝したということを意味した。2002年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ブラジルグランプリ

    2005年ブラジルグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨はベルギーGPでのミハエル・シューマッハに対する追突のペナルティが科され、このレースでは10番グリッド降格でスタートとなるため予選タイムアタックを行わなかった。ヤルノ・トゥルーリもエンジン交換のペナルティで10番グリッド降格となった。トゥルーリは18番手、佐藤は19番手スタートとなった。2005年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

120件中 21 - 30件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード