147件中 21 - 30件表示
  • インディ500

    インディ500から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    インディ500の優勝トロフィーとして「ボルグワーナー・トロフィー」がある。このスターリングシルバー製トロフィーのチェッカーフラッグ状の壁面にはインディ500の歴代優勝者全員の顔を立体的にかたどったレリーフが埋め込まれ、それぞれ下のブロックに優勝者の氏名・開催年・優勝者の決勝レースにおける平均速度(マイル毎時)が刻まれている。トロフィーという名称ではあるが優勝者が持ち回りで所有できるわけではなく、また約153ポンド (約69.4kg)という重さのため持ち上げることもできない。普段はIMS内のミュージアムに展示されていて、インディ500決勝日にヴィクトリーレーンに飾られるモニュメント的な存在である。インディ500優勝者にはトロフィーの壁面に自分の顔のレリーフを埋め込む権利、決勝レースの翌日にトロフィーと一緒に写真を撮る権利が与えられ、後日ボルグワーナー・トロフィーを模したミニトロフィーが授与される(こちらは永久保持が可能)。1935年に制作されてから82年間、アメリカ国外に出たことがなかったが、2017年に佐藤琢磨が優勝したことを記念した日本での凱旋ツアーのために史上初めて国外に出ることとなった。インディ500 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木亜久里

    鈴木亜久里から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    まずまずの戦闘力を持つマシンを手にし、「これでダメなら引退」との思いで臨んだシーズン中盤のイギリスGPで6位初入賞し、終盤のスペインGPでも再び6位入賞を記録。次戦日本GPでは上位勢がクラッシュなどで離脱する波乱のレースを、一時はファステストラップを記録して生き残り、ついに3位初表彰台を獲得した。これは2004年アメリカGPで佐藤琢磨が3位入賞するまで、長い間アジア人(および日本人)ドライバーとして唯一のF1における表彰台だった。母国日本グランプリにおいても、2012年に小林可夢偉が表彰台に上がるまで唯一の日本人ドライバーであった。鈴木亜久里 フレッシュアイペディアより)

  • Takuma Sato

    Takuma Satoから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    Takuma Sato フレッシュアイペディアより)

  • T.佐藤

    T.佐藤から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    T.佐藤 フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・トスト

    フランツ・トストから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ある時、トストはホンダのモーターホームで朝食をとっていた佐藤琢磨に声をかけた。ともにコーヒーを飲みながら談笑していると、佐藤から「あなたの名前は?」と問われた。「フランツ・トストだ。トロ・ロッソでチームプリンシパルをやっているんだが…」。佐藤はトロ・ロッソのチーム代表の顔と名前を知らなかった。フランツ・トスト フレッシュアイペディアより)

  • B・A・R 005

    B・A・R 005から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    レースドライバーはジャック・ヴィルヌーヴと新加入のジェンソン・バトン。佐藤琢磨がリザーブ兼テストドライバーを務めた。B・A・R 005 フレッシュアイペディアより)

  • トルコグランプリ

    トルコグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ルノーのフェルナンド・アロンソとのチャンピオンシップポイント差を26点ビハインドで迎えたマクラーレンのキミ・ライコネンはポールポジションからスタートするも、ルノーのジャンカルロ・フィジケラにスタート直後に交わされた。しかし1周目の12コーナー手前でフィジケラをで追い越すとそのまま独走態勢に入り、中盤以降はチームメイトのファン・パブロ・モントーヤと1-2体制を築いた。しかし、レース終盤にモントーヤがジョーダンのティアゴ・モンテイロと接触した影響からコースアウトする間に、アロンソが2位を奪い返し、チャンピオンシップ争いの「失点」を最小限に食い止めることに成功した。また、予選においては、B・A・Rのジェンソン・バトンと佐藤琢磨が8コーナーでのコースアウトにより大きくタイムロス、フェラーリのミハエル・シューマッハやザウバーのジャック・ヴィルヌーヴはスピンを喫するなどの波乱が見られた。トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム

    トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2002年からのF1参戦を決定したトヨタ自動車では、ドライバーの人材不足を痛感しており、若手有能ドライバーの育成を急務としていた。モータースポーツの発達しているヨーロッパにおいては、自動車会社が主催・後援のもと、レーシング・スクールやそれと一体化したスカラシップ制度が発達して(例としてはフランスのフォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパス)、幾多の人材を輩出しており、日本においても、ホンダが後援し鈴鹿サーキットで開講している「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)」が、F3へのスカラシップを通じて、佐藤琢磨をF1に送り出すなどの成果を挙げていた。トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム フレッシュアイペディアより)

  • アイオワ・スピードウェイ

    アイオワ・スピードウェイから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2007年よりインディカー・シリーズの"アイオワ・コーン・インディ250"の開催される。2008年のレースでは武藤英紀が日本人最高位タイの2位、2011年には佐藤琢磨が日本人ドライバー初のポール・ポジションを獲得した。アイオワ・スピードウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ラップリーダー

    ラップリーダーから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    近年のF1においては、ピットストップ戦略を用いることから、ピットストップを遅らせることにより、意外なドライバーがラップリーダーになることもあり、途中経過でのラップリーダーにはあまり注目されないことが多い。日本人では、2004年第7戦 ヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)で佐藤琢磨が10,11周目の2周で記録したことが2010年終了時点では唯一である。なお、2010年終了時点での史上最多記録はミハエル・シューマッハの5098周である。ラップリーダー フレッシュアイペディアより)

147件中 21 - 30件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード