147件中 31 - 40件表示
  • 2005年イギリスグランプリ

    2005年イギリスグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    マクラーレンのキミ・ライコネンはエンジン不調で交換を行ったため10グリッド降格、ルノーのフェルナンド・アロンソがポールポジションを獲得した。ライコネンは元々アロンソの0.027秒遅れで2番手であったが、土曜のフリープラクティスの間中エンジン不調に苦しめられていた。ライコネンの降格でBARのジェンソン・バトンがフロントローとなり、ホームグランプリで好位置からのスタートとなる。続いて2代目のマクラーレン、ファン・パブロ・モントーヤ、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、フェラーリのルーベンス・バリチェロ、ルノーのジャンカルロ・フィジケラ、BARの佐藤琢磨、トヨタのラルフ・シューマッハ、フェラーリのミハエル・シューマッハ、ザウバーのジャック・ヴィルヌーヴが続いた。ジョーダンのティアゴ・モンテイロは金曜プラクティスでのエンジン不調で予選アタックが行えなかったため、後方グリッドからのスタートとなった。2005年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本グランプリ (4輪)

    2005年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ラルフ・シューマッハの前にアタックしたレッドブルのクリスチャン・クリエンが自己ベストの4位を獲得し、BARの佐藤琢磨が5位につけた。2005年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ベルギーグランプリ

    2005年ベルギーグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    14ラップ目に佐藤琢磨がミハエル・シューマッハに追突、両者共にクラッシュ、リタイアした。スチュワートは事故の原因が佐藤にあると判断し、佐藤は次戦ブラジルで10番降格のペナルティが科せられた。アントニオ・ピッツォニアはレース終盤に2位を走行していたファン・パブロ・モントーヤに衝突した。ピッツォニアは8,000ドルの罰金が課せられた。ジャック・ヴィルヌーヴは他のドライバーが最大5回のピットストップを行う中、1ストップで走行し6位入賞を得た。ティアゴ・モンテイロとジョーダン・チームはこのレースで最後のポイントを得た。また、BARが表彰台を得た最後のレースでもあった。ラルフ・シューマッハは自身最後、かつトヨタにとって最初のファステストラップを獲得した。2005年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年トルコグランプリ

    2005年トルコグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨はマーク・ウェバーをブロックしたことでグリッド降格(佐藤はチームからの無線連絡が無かったためウェバーが接近していたことに気づいていなかった。)、ターン9でスピンし予選後にエンジンを交換したミハエル・シューマッハの後ろからのスタートとなった。2005年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ブラジルグランプリ

    2005年ブラジルグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨はベルギーGPでのミハエル・シューマッハに対する追突のペナルティが科され、このレースでは10番グリッド降格でスタートとなるため予選タイムアタックを行わなかった。ヤルノ・トゥルーリもエンジン交換のペナルティで10番グリッド降格となった。トゥルーリは18番手、佐藤は19番手スタートとなった。2005年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年サンマリノグランプリ

    2004年サンマリノグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    この混乱の中、順位を4番手にまで上げた佐藤琢磨だったが、この時、フロントサスペンションのサードダンパーが破損しており、マシンの挙動に手を焼くこととなる。2004年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年ヨーロッパグランプリ

    2004年ヨーロッパグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ラップリーダー:ミハエル・シューマッハ 53 (1-8, 16-60), フェルナンド・アロンソ 1 (9), 佐藤琢磨 2 (10-11), ルーベンス・バリチェロ 4 (12-15)2004年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年オーストラリアグランプリ

    2002年オーストラリアグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    予選ではいくつかの劇的な出来事があった。ジョーダンの佐藤琢磨はセッション序盤のドライ路面でタイムを出すことができなかった。結局彼はいくらかのタイムを何とか記録したが、その後豪雨にたたられた。この「例外的な状況」のため、FIAのスチュワードは彼の出走を認めた。2002年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年中国グランプリ

    2006年中国グランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨は14位であったが青旗無視のため失格となった。2006年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年日本グランプリ (4輪)

    2003年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    また、コンストラクターズ5位を賭けて、ザウバー(19ポイント)、B・A・R(18ポイント)、ジャガー(18ポイント)、トヨタ(16ポイント)の争いが注目された。B・A・Rはレース直前になってジャック・ヴィルヌーヴが突然出場を取りやめ、サードドライバーの佐藤琢磨が代役として参戦することになった。佐藤は来期からレギュラーに昇格することが決まっているが、前年の日本GP以来のレース出場となる。2003年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

147件中 31 - 40件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード