120件中 41 - 50件表示
  • ジレット

    ジレットから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    同紙には掲載されていないが、レーシングドライバーの佐藤琢磨も、起用決定後に所属していたスーパーアグリが撤退、2009年のF1ドライバーシート獲得のためにスクーデリア・トロ・ロッソでのテストを受けたが獲得できず、1年間の浪人生活を送らざるを得なかった。その後2010年からインディカーに転向するが、その前にジレットとのスポンサー契約は切れた。ジレット フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・トスト

    フランツ・トストから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ある時、トストはホンダのモーターホームで朝食をとっていた佐藤琢磨に声をかけた。ともにコーヒーを飲みながら談笑していると、佐藤から「あなたの名前は?」と問われた。「フランツ・トストだ。トロ・ロッソでチームプリンシパルをやっているんだが…」。佐藤はトロ・ロッソのチーム代表の顔と名前を知らなかった。フランツ・トスト フレッシュアイペディアより)

  • ラップリーダー

    ラップリーダーから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    近年のF1においては、ピットストップ戦略を用いることから、ピットストップを遅らせることにより、意外なドライバーがラップリーダーになることもあり、途中経過でのラップリーダーにはあまり注目されないことが多い。日本人では、2004年第7戦 ヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)で佐藤琢磨が10,11周目の2周で記録したことが2010年終了時点では唯一である。なお、2010年終了時点での史上最多記録はミハエル・シューマッハの5098周である。ラップリーダー フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー安川

    ロジャー安川から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2010年はから佐藤琢磨の専属スポッターとして契約し活動する。そして第16戦インディジャパンではコンクエストレーシングからスポット参戦し、20位完走の結果を残した。ロジャー安川 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年日本グランプリ (4輪)

    2002年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    鈴鹿サーキットレーシングスクール (SRS-F) 出身者である佐藤琢磨(ジョーダン)は今季自己ベストの7番グリッドを獲得。ホンダエンジンユーザー勢では最上位のポジションからスタートする。2002年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカグランプリ

    アメリカグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2004年のレースでは、B・A・Rホンダの佐藤琢磨が、1990年日本GPの鈴木亜久里以来日本人として14年ぶりの表彰台(3位)を獲得した。アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年サンマリノグランプリ

    2004年サンマリノグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    この混乱の中、順位を4番手にまで上げた佐藤琢磨だったが、この時、フロントサスペンションのサードダンパーが破損しており、マシンの挙動に手を焼くこととなる。2004年サンマリノグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年中国グランプリ

    2006年中国グランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨は14位であったが青旗無視のため失格となった。2006年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 左足ブレーキ

    左足ブレーキから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    一方で日本のレース界においては依然として右足ブレーキのドライバーが一大勢力となっている。しかしながら21世紀になるとマシンへの適正や外国人選手とのマッチングなどもあり、右足ブレーキから左足ブレーキに変更する者も登場しており、また立川祐路のように、古くから現在に至るまで左足ブレーキを採用している国内トップドライバーも存在する(立川は日本人ドライバーにおける左足ブレーキの代表格として、しばしば専門誌に採り上げられている)。また中には石浦宏明のように、同一年でもカテゴリによって右足ブレーキと左足ブレーキを使い分ける「両刀」もいる。2008年時点では、主にトヨタ系ドライバーおよびニッサン系ドライバーには左足ブレーキが、ホンダ系のドライバーには右足ブレーキが多く、脇阪寿一・アンドレ・ロッテラー・伊藤大輔・松田次生らのホンダから他メーカーへ移籍したドライバーは、概して移籍後に右足ブレーキから左足ブレーキへとシフトしている。ホンダ系ドライバーに右足ブレーキが多い理由として、ホンダのレース車の特性が関係しているのではないかという指摘がある。なお佐藤琢磨のように海外フォーミュラを経た現代日本人F1ドライバーに関しては、概して左足ブレーキを採用している。左足ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・リンク

    レッドブル・リンクから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    コントロールラインを越え、エステルライヒリンク名物である急勾配の上り坂の途中が1コーナーとなっている。右の90度ターンであるが、外側の縁石を大きく使う事ができるため、スタート時は外側のダートに大きく膨らむマシンが多かった。旧コースのインフィールドを利用したショートカットストレートを過ぎると、旧コースとの合流地点となる2コーナーへ入る。右へ大きく切り込む高難度のブラインドコーナーであり、2002年オーストリアGPでの佐藤琢磨の大クラッシュなど、様々なレースで事故が頻発した。レッドブル・リンク フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード