147件中 51 - 60件表示
  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    小林はバトンを抑えて3位を守り抜き、地元グランプリで自身初のF1表彰台を獲得した。日本人の表彰台獲得は1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年アメリカGPの佐藤琢磨に続く3人目となった。表彰式の前には満員のグランドスタンドから「可夢偉コール」が発生し、小林は英語と日本語でファンの応援に対する感謝を述べた。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーフジャパン

    フォーリーフジャパンから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2007年、第15戦日本GP?同年シーズンオフまでF1レーシングチーム「スーパーアグリF1チーム」とスポンサー契約を行った。スポンサー時のファーストドライバーは佐藤琢磨、セカンドドライバーはアンソニー・デビッドソンの体制であった。フォーリーフジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    最終グリッドのバリチェロはピットスタートを選択し、余分な燃料を車両に搭載した。レースが始まると、バトンとシューマッハがスタートを失敗、ジャンカルロ・フィジケラとフェルナンド・アロンソがうまく前に出て、第1コーナーに突入した。マクラーレンのファン・パブロ・モントーヤとライコネンもシューマッハをかわし、バトンに続いて4位、5位を走行した。後方ではB・A・Rの佐藤琢磨が小さなミスを犯したが大きく遅れることは無かった。第2ラップでフィジケラはアロンソに対して大きくリードをとる。一方で地元のジャック・ヴィルヌーヴがフロントウィング交換のためピットインを強いられた。レースはルノーの2台がリードし、ピットスタートのバリチェロはコンスタントに順位を上げ第8ラップで15位となった。ナレイン・カーティケヤンはターン1でミスを犯してスピンし、チームメイトのティアゴ・モンテイロに先行を許した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • デレック・ワーウィック

    デレック・ワーウィックから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    1991年8月に、15歳年下でありイギリスF3000で開幕以来全勝を誇っており、翌年にF1進級が噂されていた弟のポール・ワーウィックが、オウルトン・パークで行われていたイギリスF3000の事故で他界。この年の末から、英国の優秀な若手レーサーを表彰する「ポール・ワーウィック記念杯」が企画され、当時F3に参戦していたデビッド・クルサードが初代受賞者となり、2001年には佐藤琢磨が受賞している。デレック・ワーウィック フレッシュアイペディアより)

  • 中本修平

    中本修平から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2003年にはHRDのエンジニアリング・ディレクターに就任。しかし、2004年にエンジントラブルが目立ち、技術開発の責任者的立場として批判を受けるが、これに耐えながらエンジン開発を進める。当時B・A・RでF1に参戦していた佐藤琢磨が同年のアメリカGPで3位初表彰台に立った時には、「ヤツ(佐藤)にはこれまでフラストレーションの溜まるレースをさせてしまっていたから…」と余りの嬉しさに涙を流しながらインタビューに答えた。中本修平 フレッシュアイペディアより)

  • A.J.フォイト

    A.J.フォイトから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2013年からは、前年のインディ500で見初めた佐藤琢磨を獲得、第3戦ロングビーチで2002年カンザスでのアイルトン・ダーレ以来11年ぶりの優勝を果たした。A.J.フォイト フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のインディカー・シリーズ

    2015年のインディカー・シリーズから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ジャック・ホークワースはA.J.フォイト・エンタープライズの#41番車をドライブしてフル参戦する。佐藤琢磨も昨年に引き続いて#14番車をドライブする。2015年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 垂井ひろし

    垂井ひろしから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2002年10月、今はなき東京恵比寿のMr.クラフトにて、カメラマンの松本浩明と『F1佐藤琢磨イラスト&写真展』を開催。佐藤琢磨選手本人もお忍びで会場に訪れた。垂井ひろし フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・アルバース

    クリスチャン・アルバースから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    ジョーダン時代となる前年からチームに在籍し、デビュー年ながら高い完走率で注目されたティアゴ・モンテイロをシーズン序盤からリードし、以後は主にスーパーアグリの佐藤琢磨と激しく争うこととなる。クリスチャン・アルバース フレッシュアイペディアより)

  • 金石年弘

    金石年弘から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    実家がカートショップ(SRSK=堺レーシング)を経営しており、自然な流れでカートの世界へ。10歳からカート競技を開始し、その後、全日本カート選手権で2度タイトルを取るなど、参加したほぼ全てのクラスでチャンピオンに輝いている。1997年には鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラクラス(SRS-F)に入校し、スカラシップを獲得した。同期には、佐藤琢磨・松田次生らの強力なライバルが顔を揃えていて「華の3期生」と呼ばれている。金石年弘 フレッシュアイペディアより)

147件中 51 - 60件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード