120件中 71 - 80件表示
  • 2012年日本グランプリ (4輪)

    2012年日本グランプリ (4輪)から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    小林はバトンを抑えて3位を守り抜き、地元グランプリで自身初のF1表彰台を獲得した。日本人の表彰台獲得は1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年アメリカGPの佐藤琢磨に続く3人目となった。表彰式の前には満員のグランドスタンドから「可夢偉コール」が発生し、小林は日本のファンに応援への感謝を述べた。2012年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • 長渕蓮

    長渕蓮から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    佐藤琢磨と親交があり、アドバイスも受けている。ヒューマンビートボクサーのHIKAKINとは、一緒にマレーシアに行ったりする仲である。長渕蓮 フレッシュアイペディアより)

  • F1世界選手権の歴史

    F1世界選手権の歴史から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2001年にはホンダのSRS-F出身の佐藤琢磨がF1にデビュー。下部カテゴリのF3で国際的な実績を残してステップアップした新世代のドライバーとなり、2004年のアメリカGPでは日本人として14年ぶりの3位表彰台を獲得した。F1世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2004年、一時期フリーの立場であったジャック・ヴィルヌーヴが、相手(主にジェンソン・バトン)を威嚇するため看板を作るようになり、それが他のキャラクターに広まった。特に佐藤琢磨は看板を作っている描写が多い。最近はザウバー時代にジャック・ヴィルヌーブのチームメイトだったフェリペ・マッサがフェルナンド・アロンソの看板を作成(威嚇相手はマクラーレンのルイス・ハミルトン)したが、ジャックや琢磨がしっかり出来てたのとは異なり失敗作だった(その為ハミルトンに笑われてしまい効果がなかった)。また、2010年にアロンソがフェラーリに移籍した際もこの看板が登場している。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年ベルギーグランプリ

    2005年ベルギーグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    14ラップ目に佐藤琢磨がミハエル・シューマッハに追突、両者共にクラッシュ、リタイアした。スチュワートは事故の原因が佐藤にあると判断し、佐藤は次戦ブラジルで10番降格のペナルティが科せられた。アントニオ・ピッツォニアはレース終盤に2位を走行していたファン・パブロ・モントーヤに衝突した。ピッツォニアは8,000ドルの罰金が課せられた。ジャック・ヴィルヌーヴは他のドライバーが最大5回のピットストップを行う中、1ストップで走行し6位入賞を得た。ティアゴ・モンテイロとジョーダン・チームはこのレースで最後のポイントを得た。また、BARが表彰台を得た最後のレースでもあった。ラルフ・シューマッハは自身最後、かつトヨタにとって最初のファステストラップを獲得した。2005年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    最終グリッドのバリチェロはピットスタートを選択し、余分な燃料を車両に搭載した。レースが始まると、バトンとシューマッハがスタートを失敗、ジャンカルロ・フィジケラとフェルナンド・アロンソがうまく前に出て、第1コーナーに突入した。マクラーレンのファン・パブロ・モントーヤとライコネンもシューマッハをかわし、バトンに続いて4位、5位を走行した。後方ではB・A・Rの佐藤琢磨が小さなミスを犯したが大きく遅れることは無かった。第2ラップでフィジケラはアロンソに対して大きくリードをとる。一方で地元のジャック・ヴィルヌーヴがフロントウィング交換のためピットインを強いられた。レースはルノーの2台がリードし、ピットスタートのバリチェロはコンスタントに順位を上げ第8ラップで15位となった。ナレイン・カーティケヤンはターン1でミスを犯してスピンし、チームメイトのティアゴ・モンテイロに先行を許した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 日本のモータースポーツ

    日本のモータースポーツから見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    近年自動車メーカーが自ら若手ドライバーの育成に取り組む事例が増えているが(トヨタのトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)など)、最近は佐藤琢磨がイギリスF3からF1へとステップアップした影響もあり、これらの育成プログラムの対象ドライバーの多くが日本国外のレースに参戦している。これは「若いうちに海外のレースを経験させることで、将来的にF1などにステップアップした場合に早く環境に順応できるようにする」ことが目的といわれているが、これに対し一部では「有能なドライバーが海外に流出してしまい、日本のレース界のレベル低下につながる」「日本のレースをないがしろにしている」との批判も出ている。日本のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋一貴

    中嶋一貴から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    イギリス「Times(タイムズ)」紙が行った、2008年ベストドライバー投票において、6500票を超える投票数の中で、得票数1で最下位となった1。ウィリアムズというイギリスチームからの参戦にも拘わらず、同年わずかに4戦しか出走していない佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの2票を下回る結果となった。ちなみに1位はアロンソ、2位はハミルトンでそれぞれ1000票以上を得票し、その差は僅かに10票だった。中嶋一貴 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤英紀

    武藤英紀から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    2010年はニューマン・ハース・レーシングに移籍してインディカー・シリーズに参戦。しかし、時折速さを見せるも結果が出ないレースが続いた。第5戦カンザスでは予選でこの年のベストグリッドとなる4位につけると、決勝では序盤ポジションを下げるもその後ポジションを上げ表彰台も狙える位置でレース終盤を迎えた。しかし、5位を走行していた200周レースの186周目のレースリスタートで武藤は6位を走行していた佐藤琢磨と接触し、両者はそろってリタイアに終わった。このアクシデントは、武藤の前を走っていた周回遅れのシモーナ・デ・シルベストロが、武藤の側へとラインを寄せてきたことで、武藤としては接触しないよう同じくアウトへラインを膨らませるしかなく、さらにアウト側にいた佐藤とぶつかってしまったことで起きたものであった。続く第6戦のインディ500では予選で2008年に並ぶ9位につけるも決勝はハンドリングトラブルでリタイアに終わった。その後も苦戦が続き、結局この年は決勝では12位が最高で1度もトップ10フィニッシュを果たせず、ランキング18位でシーズンを終えた。武藤英紀 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見た佐藤琢磨佐藤琢磨

    中盤戦は不振にあえいだが、第14戦シンガポールGPではグロックが、第15戦日本GPではトゥルーリがともに2位を獲得。日本GPで日本チームが表彰台に上るのは初となり、これがトヨタF1の最後の表彰台となった。第16戦ブラジルGPでは、前戦予選で負傷したグロックに代わってリザーブドライバーの小林可夢偉がF1デビューした。最終戦アブダビGPでは小林が6位に入賞し、2007年の佐藤琢磨(スーパーアグリ)以来2人目となる完全日本製パッケージ(日本のコンストラクター・日本人ドライバー・日本製エンジン・日本製タイヤ)でのポイント獲得を達成した。トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード