151件中 21 - 30件表示
  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たアンドリュー・ギルバート=スコット

    アンドリュー・ギルバート=スコット(佐藤のマネージャー、元レーシングドライバー)佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見た西山平夫

    西山平夫 『君が代が聴きたい:佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って』 双葉社 2004年 ISBN 4-575-29739-9佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見た林みのる

    ただし渡英当時、佐藤は日本で道路交通法違反による免許取消処分を受けていて、モータースポーツライセンスの前提として有効な運転免許の所持を要求する日本自動車連盟(JAF)管轄下のレースに出走することができなくなっていたとされる。このため、当時の所属チームであった童夢社長の林みのるなど複数の関係者が「佐藤がレース活動を継続するためには海外のレースに活路を求めるしかなかった」と指摘している。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たアントニオ・ピッツォニア

    2000年前半はミスやクラッシュが目立っていた。また、チームのミスもあり冴えない結果に。しかし、スタートとタイヤが冷えた状態やウェットコンディションでのドライビングは他のドライバーを圧倒する場面も見られた(2000年マカオGP初日ウエット状態でのフリー走行で2位以下を2秒引き離してのトップタイムをマークした。予選2位、決勝リタイア)。2000年の後半は2000年王者であるアントニオ・ピッツォニアをも引き離し、結果、2000年度イギリスF3においてシリーズ3位でシーズンを終えた。また、イギリスの週刊誌オートスポーツで2000年度最速ドライバーとして評価されるなどして、2001年イギリスF3チャンピオン最有力候補とされた。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たスコット・ディクソン

    自身3度目のインディ500では、19番手スタートからポジションを上げ119周目にラップリーダーに立つ。その後31周をリードしつつトップ集団に留まる走りを見せる。199周目にはスコット・ディクソンを抜いて2位に上がる。そのまま先頭のダリオ・フランキッティの真後ろ(2位)でファイナルラップに入り、ターン1にフランキッティと並び進入した。しかしフランキッティが残したスペースは狭く、インの白線を踏まされバランスを失いスピンしたマシンはウォールに接触、日本人初優勝はならなかったが自己ベストの17位でレースを終えた。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たライアン・ハンター=レイ

    開幕戦セントピーターズバーグでは一時ラップリーダーになるも電気系トラブルでリタイアに終わる。第3戦ロングビーチでは3位でファイナルラップに入るもライアン・ハンター=レイと接触しスピン、シーズンで初めて完走出来たものの8位に留まった。第4戦ブラジルのサンパウロではエンジン・トラブルのため前日の予選に出走できず、最後尾から一つ前の25位からのスタートとなるも、巧みなピット戦略も駆使した驚異的な追い上げで自己最高の3位となり初の表彰台に上がる。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たトニー・カナーン

    しかしそれ以降は下位に沈むレースが増え、シングルフィニッシュも第12戦ニューハンプシャーの7位のみとなる。総合ランキングはチームメイトのトニー・カナーンの5位に対し、13位に留まった。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たセバスチャン・ボーデ

    2月6日、2008年の3回のテストの後、レギュラードライバー決定を待っていた琢磨だったが、スクーデリア・トロ・ロッソは2009年のドライバーラインナップをセバスチャン・ブエミとセバスチャン・ボーデの2人に決定した。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見た山本左近

    新規参入チームのうえ、前半戦はホンダエンジンこそ搭載しているものの基本的には4年落ちのアロウズのシャシーを現行レギュレーションに合致するように改良した「SA05」を使用していたために、チームメイトの井出有治と共に後方集団からも大きく離されて最下位を走ることが殆どだった。ニューマシンの「SA06」が登場してからもマシンの熟成が進むまでSAF1以外で最も遅いMF1レーシング(2006年第15戦イタリアGP以降はスパイカーMF1レーシングにチーム名称変更)からも離されたが、鈴鹿・日本GPでは、MF1の前でチェッカーを受け、さらに、最終戦ブラジルGPでは、チーム最高位の10位という結果を出すと共にチームメイトの山本左近とのダブル完走を果たした。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たエリオ・カストロネベス

    第11戦トロントでは11番手スタートから一時5位まで浮上する。しかし終盤ブレーキにトラブルが発生、マシンは持ちこたえたが最終順位を9位まで落とすことになった。第12戦エドモントンではシーズン最高の予選4番手、3番手スタートを獲得、決勝でも上位を維持し53周目に2位までポジションを上げた。その後リーダーのエリオ・カストロネベスを追走するがプッシュ・トゥ・パスの残量で勝るカストロネベスを相手にオーバーテイクには至らず0.8763秒差の2位でフィニッシュ。自己ベストを更新し、武藤英紀と並ぶ日本人ドライバー最高位タイを記録した。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

151件中 21 - 30件表示

「佐藤琢磨」のニューストピックワード