前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • ゴーストライター

    ゴーストライターから見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    漫画の分野では、漫画原作者やシナリオライターなどが何らかの理由により、表には名前を出さずにストーリーを手掛け、作品自体は漫画家のみの名義で出される・あるいはストーリー作りへの低評価が原因で中位辺りで伸び悩む作品へのテコ入れ策として編集部がシナリオライターを途中参加させるなどの形で、多くはストーリーの構成の面においてゴーストライターの存在が噂されることがある。編集部サイドや担当編集者の強い主導により作品企画が進められるスタイルの雑誌の場合は、キャラクター設定や物語の概要のみならず、ストーリー制作の実権をも編集部や編集者が握ってしまうこともある。このような場合、編集部の内部でストーリーを考案している雑誌スタッフや編集者が、実質的なストーリー担当者となる。そういう場合であっても、編集部・編集者が原作者や脚本担当としてクレジットされる例は実際にはあまりなく、多くはゴーストライターと同様の形態になる。ただし、編集者も漫画家も自分がストーリーを考えたと思っているケースもあり、どちらが『原作者』であるかという判断は外部からは難しい。両者の言い分が反する場合には、原稿を描いている漫画家の言い分に理があるといえる。また、漫画の場合はアシスタントを使って人物以外の背景やメカなどを描かせるといった分業体制による作画は日常的に行われているが、これらに携わるアシスタントらの名前も通常はクレジットされない。ただし、最近は浦沢直樹や松田奈緒子や佐藤秀峰など一部の漫画家において、単行本では編集者も含めたスタッフ名をすべて表記する流れが見られる。ゴーストライター フレッシュアイペディアより)

  • 村上福之

    村上福之から見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    村上の初著『ソーシャルもうええねん』の表紙は著者自身が佐藤秀峰にTwitterでお願いし、タダで描いてもらった。本の購入者特典として作った着うたの作曲は元JUDY AND MARYのTAKUYAに飲み代のみで提供してもらった。村上福之 フレッシュアイペディアより)

  • 医療漫画

    医療漫画から見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    ブラックジャックによろしく(佐藤秀峰、モーニング、2002年頃 - 2006年)医療漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 一色登希彦

    一色登希彦から見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    漫画出版業界の現状に強い異議を唱える佐藤秀峰に同調し、自著を佐藤の漫画販売サイト漫画 on Webに出展したり対談を行うなどした。2011年、『漫画アクション』にて佐藤の原作で「ボクマン」の連載を開始するが権利関係で揉め、3話で終了した。一色登希彦 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックジャックによろしく

    ブラックジャックによろしくから見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    『ブラックジャックによろしく』は、佐藤秀峰による日本の漫画、またそれを原作とした同名のテレビドラマ。研修医斉藤英二郎が目にする日本の大学病院や医療現場の現状を描く。医療監修は長屋憲。ブラックジャックによろしく フレッシュアイペディアより)

  • 海猿

    海猿から見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    『海猿』(うみざる)は、作者佐藤秀峰、原案・取材小森陽一による日本の漫画である。この原作漫画は1999年より連載され2001年に完結したものの、翌2002年にテレビドラマ化、さらに2004年に映画化され、さらに続編も幾つか制作された。海猿 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋和男

    高橋和男から見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    山本英夫、福本伸行、佐藤秀峰、森チャックらと親交があり、吉祥寺のホルモン焼き屋には色紙だけではなく、壁面にも合作のサインが描かれている。高橋和男 フレッシュアイペディアより)

  • 大合作

    大合作から見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    また、製作当時に他の作家のアシスタントをしていた佐藤秀峰、弐瓶勉なども作画協力として参加している。大合作 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画 on Web

    漫画 on Webから見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    漫画 on Web - 有限会社佐藤漫画製作所(代表取締役:佐藤秀峰)によるオンラインコミック配信サイト漫画 on Web フレッシュアイペディアより)

  • 機械人形ナナミちゃん

    機械人形ナナミちゃんから見た佐藤秀峰佐藤秀峰

    サイゾーのオタクニュースポータル「おたぽる」は、出版社から掲載2日前に一方的な中止を言い渡され諫山創を巻き込んで議論を呼び佐藤秀峰の「漫画onWeb」に掲載されたやまもとありさの漫画『あいこのまーちゃん』や創刊日に廃刊となった雑誌「コミックキューガール」と共に本作を例に挙げ「書き手を理不尽に切り捨てる出版社にフリーランスの作家は泣き寝入りせざるを得なかったが、出版社を介さず作品を発表できる場の出現によってそれ以外の選択肢もできたのは良い傾向」と評した。機械人形ナナミちゃん フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「佐藤秀峰」のニューストピックワード