39件中 11 - 20件表示
  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見たニコニコ動画

    2012年10月26日、フジテレビとの絶縁をTwitterで宣言。以前より「アポ無しで取材に押しかけられる」「自宅周辺を張り込みされ、外出もままならない状態にされる」など、様々な問題を起こされたことから取材拒否の姿勢を取っていたが、同局のチーフプロデューサーが謝罪したことから一時は和解した。しかし、映画『海猿』の関連書籍を許可無く出版されたことでついに業を煮やし、正式に絶縁宣言をするに至る。同時に「なので、映画『海猿』の続編などは絶対にありえません」と、大ヒットシリーズであっても一切容赦せず、版権を許諾しないことを宣言した。さらに「ニコニコ動画」でもこの一件について動画メッセージを寄せ「映画の契約はしっかりしており、ロイヤリティもきちんと受け取っている」と、映画製作部門のスタッフのフォローはしつつも「報道に対しては本当にクソみたいな会社ですし、すぐになくなってほしいと思います」「映画のファンの方には非常に申し訳ないなと思いますが、僕もそういうところ(映画製作以外の部分)を“なあなあ”にして今後ビジネスはしていけないのでお付き合いできない」とコメントしている。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見た武蔵野市

    佐藤 秀峰(さとう しゅうほう、1973年12月8日 - )は、日本の漫画家。北海道中川郡池田町出身。東京都武蔵野市在住。札幌市立手稲宮丘小学校、札幌市立宮の丘中学校、北海道札幌西高等学校卒業、武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。妻は同じく漫画家の佐藤智美。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見た週刊ヤングサンデー

    左利き。幼少の頃から絵を描くのが好きで、個性的なセンスがありその頃から周囲の注目を浴びていた。大学在学中より漫画家を志し、福本伸行、高橋ツトムのアシスタントを経て1998年『週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見たTwitter

    2012年10月26日、フジテレビとの絶縁をTwitterで宣言。以前より「アポ無しで取材に押しかけられる」「自宅周辺を張り込みされ、外出もままならない状態にされる」など、様々な問題を起こされたことから取材拒否の姿勢を取っていたが、同局のチーフプロデューサーが謝罪したことから一時は和解した。しかし、映画『海猿』の関連書籍を許可無く出版されたことでついに業を煮やし、正式に絶縁宣言をするに至る。同時に「なので、映画『海猿』の続編などは絶対にありえません」と、大ヒットシリーズであっても一切容赦せず、版権を許諾しないことを宣言した。さらに「ニコニコ動画」でもこの一件について動画メッセージを寄せ「映画の契約はしっかりしており、ロイヤリティもきちんと受け取っている」と、映画製作部門のスタッフのフォローはしつつも「報道に対しては本当にクソみたいな会社ですし、すぐになくなってほしいと思います」「映画のファンの方には非常に申し訳ないなと思いますが、僕もそういうところ(映画製作以外の部分)を“なあなあ”にして今後ビジネスはしていけないのでお付き合いできない」とコメントしている。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見たTBSテレビ

    2003年 - 『ブラックジャックによろしく』がテレビドラマ化される(TBS系)。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見た竹書房

    示談交渉人M(2003年、近代麻雀ゴールド連載、竹書房 バンブーコミックス、全1巻)佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見た徳間書店

    拝金(堀江貴文 著、2010年6月19日、徳間書店佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見たブラックジャックによろしく

    左利き。幼少の頃から絵を描くのが好きで、個性的なセンスがありその頃から周囲の注目を浴びていた。大学在学中より漫画家を志し、福本伸行、高橋ツトムのアシスタントを経て1998年『週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見た漫画アクション

    2011年 - 『漫画アクション』にて原作を担当した自伝的漫画『ボクマン』を連載開始。しかし作画担当の一色登希彦と権利関係で揉め、3話で連載終了。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀峰

    佐藤秀峰から見た文化庁メディア芸術祭

    2002年、『ブラックジャックによろしく』で第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。佐藤秀峰 フレッシュアイペディアより)

39件中 11 - 20件表示

「佐藤秀峰」のニューストピックワード