131件中 11 - 20件表示
  • Gメン'75

    Gメン'75から見た佐藤純彌佐藤純彌

    作詞:佐藤純弥 作・編曲:菊池俊輔 歌:しまざき由理Gメン'75 フレッシュアイペディアより)

  • 敦煌 (映画)

    敦煌 (映画)から見た佐藤純彌佐藤純彌

    深作欣二は『上海バンスキング』を監督する前に、本作の映画化を頼まれ、引き受けた。敦煌へロケーションハンティングに行く途中で上海へ寄り、当地の映画撮影所と協力を構築しながら、本作へ繋げられたらと思案。軍馬の手配、夏・秋・冬の雪が大地を覆っているところを三つは撮りたいと考え、『上海バンスキング』がクランクアップした後に本作の準備にとりかかり、朱王礼に千葉真一、趙行徳に真田広之をキャスティングしていた。しかし馬が足りないことや、原作の人肉市場でウイグルの王女が人身売買する個所の歴史的事実があるかないかで徳間康快らと対立。同時期に深作は東映から3ヶ月で映画『火宅の人』を撮らないかというオファーを受ける。本作の準備に時間がかかると踏み、一時的に離れるが、さらにこれが徳間らと気まずくなり、雰囲気を悪化させてしまった。このまま自分が撮ると迷惑がかかると深作は思い、映画『未完の対局』を監督した佐藤純彌なら中国の人たちと信頼関係があるからと、本作をバトンタッチし、「自分が外れるからキャスティングも一新して構わない」と佐藤へ告げていた。降板した深作は「(ロケハン以外にも鎧の手配など)予算を使いすぎて大映へ非常に迷惑を掛けた」と述べている。敦煌 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純弥

    佐藤純弥から見た佐藤純彌佐藤純彌

    佐藤純弥 フレッシュアイペディアより)

  • 和田嘉訓

    和田嘉訓から見た佐藤純弥佐藤純彌

    満29歳を迎える1964年(昭和39年)、自らのオリジナル脚本による劇場用映画『自動車泥棒』の監督に抜擢され、同作は同年10月4日に公開される。アヴァンギャルドな手法も取り入れ、劇内容とも相まった野心と熱意溢れる和田のデビュー作であった。前年末の杉江敏男監督の『香港クレージー作戦 CRAZYCATS GO TO HONGKONG』では、まだサード監督であり、同作でチーフ助監督を務めた野長瀬三摩地、セカンド助監督を務めた浅野正雄は同時点で劇場用映画の監督に昇進しておらず、助監督部の先輩である森谷司郎、松森健、坂野義光、出目昌伸、渡辺邦彦、吉松安弘、谷清次、錦織正信、長野卓、西村潔、砂原博泰、松江陽一、児玉進も同様、かろうじて『クレージー作戦 くたばれ!無責任』のチーフ助監督の木下亮が同年『男嫌い』で監督昇進したばかりであり、異例の抜擢であった。『キネマ旬報』1964年11月上旬号の『特別座談会 新人監督と日本映画の条件』に、河辺和夫、熊井啓、佐藤純弥、前田陽一ら各社の監督とともに出席している。和田嘉訓 フレッシュアイペディアより)

  • Passage (来生たかおのアルバム)

    Passage (来生たかおのアルバム)から見た佐藤純彌佐藤純彌

    来生えつこは、歌詞が上記映画の監督・佐藤純彌の意向を組み入れた形になったことを明かしている。Passage (来生たかおのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 真湖道代

    真湖道代から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『実録・安藤組 襲撃篇』 : 監督佐藤純彌、脚本石松愛弘、主演安藤昇、製作東映東京撮影所、配給東映、1973年12月1日公開(映倫番号 17722) - 出演・「マダム」役真湖道代 フレッシュアイペディアより)

  • 悲しみは雪に眠る

    悲しみは雪に眠るから見た佐藤純彌佐藤純彌

    『悲しみは雪に眠る』は佐藤純彌監督の映画『桜田門外ノ変』の主題歌。時代劇映画の主題歌は前シングル『風に向かう花』に続いて5曲目(『レッドクリフ』が2回のため4作目)である。悲しみは雪に眠る フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た佐藤純彌佐藤純彌

    君よ憤怒の河を渉れ(佐藤純彌監督・高倉健主演)1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • 紅谷愃一

    紅谷愃一から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『人間の証明』 : 監督佐藤純彌、1977年紅谷愃一 フレッシュアイペディアより)

  • 最後の特攻隊

    最後の特攻隊から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『最後の特攻隊』(さいごのとっこうたい)は、1970年10月29日に公開された日本の映画。東映が製作した戦争映画。監督は佐藤純彌、主演は鶴田浩二。最後の特攻隊 フレッシュアイペディアより)

131件中 11 - 20件表示