131件中 21 - 30件表示
  • マリナ・ヴラディ

    マリナ・ヴラディから見た佐藤純彌佐藤純彌

    1966年4月に来日している。1992年、日本映画『おろしや国酔夢譚』(佐藤純彌監督)にエカテリーナ2世役で出演し、緒形拳らと共演した。マリナ・ヴラディ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本文雄 (録音技師)

    橋本文雄 (録音技師)から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『未完の対局』 : 監督佐藤純彌・段吉順、1982年橋本文雄 (録音技師) フレッシュアイペディアより)

  • 梶間俊一

    梶間俊一から見た佐藤純弥佐藤純彌

    梶間 俊一(かじま しゅんいち、1944年1月2日 - )は、日本の映画監督。茨城県出身。早稲田大学第一文学部卒業。伊藤俊也監督、深作欣二監督、佐藤純弥監督に師事。梶間俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 川野彰子

    川野彰子から見た佐藤純彌佐藤純彌

    翌年『新潮』(昭和38年7月号)に発表した『廓育ち』も第50回直木賞候補に上がるが、再び苦杯を飲んだ。『廓育ち』は1964年に佐藤純彌監督、三田佳子、梅宮辰夫、中村賀津雄主演で映画化されている。川野彰子 フレッシュアイペディアより)

  • 暗黒街最後の日

    暗黒街最後の日から見た佐藤純彌佐藤純彌

    企画は当時の東映東京撮影所(以下、東撮)所長・岡田茂(のち、東映社長)。1961年9月、東撮所長に赴任した岡田は、社会派映画がメインで当たる映画が1本もなかった東撮に大鉈を振るい古手監督を一掃して深作欣二、佐藤純彌、降旗康男といった新進気鋭の若手や新東宝から石井輝男、渡辺祐介、瀬川昌治らをスカウトし若手と中堅との混成で改革を推し進めていく態勢を執った。路線として最初に試行したのがモダンな「ギャングアクションシリーズ」でここから岡田の標榜する「不良性感度」映画が増え始めるが日活にいられなくなった井上梅次を「東映で4、5本撮らないか」と誘い企画したのが本作となる。本作は大ヒットして東映の新路線を決定付けた。このため井上は7本東映で映画を撮った。暗黒街最後の日 フレッシュアイペディアより)

  • 木暮剛平

    木暮剛平から見た佐藤純彌佐藤純彌

    1988年、佐藤純彌監督の「敦煌」で、製作統括をつとめる木暮剛平 フレッシュアイペディアより)

  • みちのく国際ミステリー映画祭

    みちのく国際ミステリー映画祭から見た佐藤純彌佐藤純彌

    映画監督:佐藤純彌、チャン・ジン、長澤雅彦、キム・ジョンゴン、矢部充彦、中嶋竹彦みちのく国際ミステリー映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜暗黒街 マシンガンの竜

    横浜暗黒街 マシンガンの竜から見た佐藤純彌佐藤純彌

    東映実録シリーズが多く作られる中、佐藤純彌等の助監督を務めた岡本明久が手掛けた母子ギャングアクションである。横浜暗黒街 マシンガンの竜 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団再武装

    暴力団再武装から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『暴力団再武装』(ぼうりょくだんさいぶそう)は、1971年(昭和46年)5月8日に公開された東映製作の日本映画である。98分。監督:佐藤純彌。主演:鶴田浩二。暴力団再武装 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車泥棒 (映画)

    自動車泥棒 (映画)から見た佐藤純弥佐藤純彌

    同作は、同年10月4日、堀川弘通、、クロード・シャブロル、ロマン・ポランスキーによるオムニバス映画『』と同時上映で全国公開された。本作で監督デビューした和田は、『キネマ旬報』1964年11月上旬号の『特別座談会 新人監督と日本映画の条件』に、河辺和夫、熊井啓、佐藤純弥、前田陽一ら各社の監督とともに出席している。自動車泥棒 (映画) フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示