131件中 41 - 50件表示
  • 中田新一

    中田新一から見た佐藤純彌佐藤純彌

    石川県出身。早稲田大学文学部演劇学科卒業。フリーの助監督として深作欣二、山本薩夫、熊井啓、佐藤純彌らに師事。現在監督としては主に映画であるが、独立プロにて自身の企画映画をコンスタントに制作している。2010年に著書『奔れ! 助監督』を上梓、トラブルも少なくなかった長年の助監督、監督生活を回顧している。中田新一 フレッシュアイペディアより)

  • 南優

    南優から見た佐藤純彌佐藤純彌

    男たちの大和(佐藤純彌監督、2005年)南優 フレッシュアイペディアより)

  • シネマ尾道

    シネマ尾道から見た佐藤純彌佐藤純彌

    広島県尾道市は小津安二郎監督の『東京物語』や大林宣彦監督の『転校生』などが生まれた土地であり、「映画の街」と呼ばれる。おのみちフィルムコミッション公表資料から内閣府政策統括官室が作成した資料によると、1929年の『波浮の港』(木藤茂監督)から2005年の『男たちの大和/YAMATO』(佐藤純彌監督)まで、尾道を舞台とした映画は40本もの作品が途切れることなく続いている。初めて映画のロケが行われた1928年以降、2015年までに150本以上の映像作品の撮影が行われたとされている。1950年代の尾道市には約10館の映画館があったが、テレビの普及とともに相次いで閉館していった。シネマ尾道 フレッシュアイペディアより)

  • 矢島信男

    矢島信男から見た佐藤純彌佐藤純彌

    空海(1984年4月14日公開、監督:佐藤純彌、製作:全真言宗青年連盟映画製作本部、配給:東映)矢島信男 フレッシュアイペディアより)

  • 博徒斬り込み隊

    博徒斬り込み隊から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『博徒斬り込み隊』(ばくときりこみたい)は、1971年(昭和46年)10月14日に公開された東映製作の日本映画。97分。監督;佐藤純彌。主演;鶴田浩二。博徒斬り込み隊 フレッシュアイペディアより)

  • 何が彼女をさうさせたか

    何が彼女をさうさせたかから見た佐藤純彌佐藤純彌

    1992年になって、ロシア領事館で開催された『おろしや国酔夢譚』(佐藤純彌監督)の試写会に協力した帝国キネマ社長山川吉太郎の孫・山川暉雄からソンツェフ副領事を通じて照会したところ、モスクワの国立ゴス・フィルモフォンドにあるフィルムが、本作にほぼ間違いはないとの確認がとれた。このフィルムは再編集の後にロシア語字幕が追加されており、終戦後満州に攻め込んだソ連軍が接収したと思われていたが、実際には上映直後に映画ジャーナリストの袋一平が単身ソ連へ持ち込んでソ連の事情に合わせて編集・翻訳し、上映したものを元にしたものだと考えられている。何が彼女をさうさせたか フレッシュアイペディアより)

  • アイフル大作戦

    アイフル大作戦から見た佐藤純彌佐藤純彌

    エンディング:「VIVA!アイフル」歌・小川真由美(1973年6月、日本コロムビアより発売 SAS-1679)B面:「涼子という女」作詞:佐藤純彌 作・編曲:菊地俊輔アイフル大作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 太田浩児

    太田浩児から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『宇宙快速船』 : 企画根津昇・吉川義一、脚本森田新、助監督佐藤純彌、主演千葉真一、製作東映東京撮影所、配給ニュー東映、1961年7月19日公開 - 監督(昇進第1作)、74分の上映用プリントをNFCが所蔵・2013年東映ビデオがDVD発売太田浩児 フレッシュアイペディアより)

  • 篠沢秀夫

    篠沢秀夫から見た佐藤純彌佐藤純彌

    終戦後の1946年、東京都立第一中学校入学。在学中学制改革にあう。同級生の佐藤純彌、湘南中学から転校してきた江藤淳らと親しくしていた。篠沢秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 組織暴力 兄弟盃

    組織暴力 兄弟盃から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『組織暴力 兄弟盃』(そしきぼうりょく きょうだいさかずき)は、1969年9月6日に公開された日本の映画。監督は佐藤純彌、主演は菅原文太。組織暴力 兄弟盃 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「佐藤純彌」のニューストピックワード