131件中 61 - 70件表示
  • やくざと抗争

    やくざと抗争から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『やくざと抗争』(やくざとこうそう)は、1972年に徳間書店から刊行された安藤昇の小説、またそれを原作として東映が同年9月29日に公開した日本の映画。監督:佐藤純彌、主演:安藤昇。小説は〈餓狼篇〉〈疾風篇〉〈完結篇〉の全3巻。やくざと抗争 フレッシュアイペディアより)

  • やくざと抗争 実録安藤組

    やくざと抗争 実録安藤組から見た佐藤純彌佐藤純彌

    「やくざと抗争 実録安藤組」(やくざとこうそう じつろくあんどうぐみ)は、1973年3月3日に公開された日本の映画。実録安藤組シリーズ第一作。東映東京撮影所製作、東映配給。主演・安藤昇、監督・佐藤純彌やくざと抗争 実録安藤組 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリー・ソローミン

    ユーリー・ソローミンから見た佐藤純彌佐藤純彌

    ソビエト関連の映画で官僚役を演じることが多く、黒澤明の『デルス・ウザーラ』(1975年)、セルゲイ・ソロビヨフと西村潔の『白夜の調べ』(1978年)、佐藤純彌の『おろしや国酔夢譚』(1992年)にも出演した。ユーリー・ソローミン フレッシュアイペディアより)

  • 松山善三

    松山善三から見た佐藤純彌佐藤純彌

    その後も、『ふたりのイーダ』、『典子は、今』などの話題作を監督する傍ら、『人間の條件』『人間の証明』、『恍惚の人』、『親分はイエス様』のような大作、話題作の脚本もこなし続けていた。『人間の証明』の脚本は、プロアマ問わずとの条件で実施された公募に応じたもので、ベテランの身でありながら一般公募にあえて応募する気骨を見せた。応募者の名を伏せて角川春樹プロデューサー、佐藤純彌監督らによる選考会は『キネマ旬報』707号(1977年5月1日刊行)誌上で公開されたが、すべての応募作品が酷評される惨憺たるものであり、「いちばん修正しやすい」との消極的理由で入選作を決定した。しかし、ふたを開けてみれば、誰にとっても大先輩である松山の脚本だったという気まずい結果となった。なお、最終選考に残った4点はすべてプロの脚本家か映画プロデューサーの応募作品であった。松山善三 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁

    囲碁から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『未完の対局』佐藤純彌監督(南里征典による同名ノベライゼーションもある)囲碁 フレッシュアイペディアより)

  • Gメン'82

    Gメン'82から見た佐藤純彌佐藤純彌

    エンディングテーマは「抱擁」(作詞:佐藤純彌、作曲:筒美京平、編曲:川村栄二、歌:なかやまて由希)Gメン'82 フレッシュアイペディアより)

  • KAWASAKIしんゆり映画祭

    KAWASAKIしんゆり映画祭から見た佐藤純彌佐藤純彌

    ゲスト - 佐藤忠男 松井久子 白鳥あかね 吉行和子 榎戸耕史 根岸吉太郎 熊谷秀夫 細野辰興 佐藤純彌 門間貴志 ジョン・ウィリアムズ 篠崎誠 古厩智之 大谷健太郎 橋口亮輔 柴田元幸 安岡卓治 森達也 吉岡忍 渡辺千明 高橋智美 佐々木亜希子 柳下美恵 マリンバアンサンブル「TOMATO」KAWASAKIしんゆり映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 井上靖

    井上靖から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『敦煌』(1988年 監督:佐藤純彌井上靖 フレッシュアイペディアより)

  • 天川真澄

    天川真澄から見た佐藤純彌佐藤純彌

    男たちの大和(2005年、東映 監督:佐藤純彌)出演天川真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地 (東映)

    網走番外地 (東映)から見た佐藤純彌佐藤純彌

    1962年か1963年ころ、当時東映の専属だった三國連太郎が網走刑務所から囚人が脱獄を企てた計画があったことを知り、この囚人脱走計画の事件をモデルに、自ら『網走監獄の脱走』という企画を岡田茂東映東京撮影所長(当時)に提出したのが本作の始まり。三國は当時、岡田が深作欣二や石井輝男らを使って当てていた“ギャング物”“現代アクション路線”の延長上にある“娯楽アクション映画”であることを強調し、自身はまだ独立プロを興して間がないため、自ら監督はやらず、『天草四郎時貞』(1962年)で組んだ大島渚を推薦した。岡田も賛成し、「大島監督に一発ホームランを打たせてやれるようなものにしたい」と企画は了承された。企画窓口は俊藤浩滋、脚本は大島と石堂淑朗、主演は三國と俊藤がマネージメントしていたアイ・ジョージで進められていたが、東映上層部は『天草四郎時貞』を興行的に惨敗させた大島への不信感が強く、この企画を監督させなかったといわれる。その後、三國主演・佐藤純彌監督で『脱獄』と仮題がつけられた企画が浮上したが、岡田が東映の“ギャング物”の延長の企画に、暗い三國の主演はふさわしくないと中止させたといわれる。岡田は『天草四郎時貞』の興業的失敗は三國にも責任があると考えていたようで、後に『仁義なき戦い』の山守義雄役を"鶴の一声"で三國から金子信雄に代えさせた逸話は有名である。主演に三國の可能性がなくなった以上、もともと企画が三國であったから、そのままの形では使えず、そこで目をつけたのが伊藤一が1950年代前半に網走刑務所で1年数か月服役し、出所後、その経験をもとに1956年「網走番外地」という名で出版した実録物の小説であった。本作は、1959年に日活で、原作をほぼ忠実に映画化した同名の映画『網走番外地』が封切られていたが、東映版は、三國が持ちこんだ企画にあてはまるプロットを自在にふくらませただけで、伊藤一の小説からは題名を拝借しただけであった。当初の企画がギャング物の延長である以上、東映東京にギャング物というドル箱を打ちたてた石井輝男に白羽の矢が立った。石井は、かねてより温めていたスタンリー・クレイマー監督の米映画 『手錠のまゝの脱獄』(1958年)を巧みに換骨奪胎して脚本を書き、主演には石井とのコンビ作を連打していた高倉健を起用して映画化された。思わぬヒットでシリーズ化が決定するが、クレジットには三國の名はない。自らが興した独立プロで自身が監督した『台風』の配給を東映に拒否され、それでも契約関係にあった東映作品に出演していた三國は、主力映画が任侠映画路線へと傾斜していく東映には自分の出番はないと思い、その翌年には東映との契約関係を解消し、完全にフリーとなった。網走番外地 (東映) フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示