131件中 71 - 80件表示
  • 日本映画批評家大賞

    日本映画批評家大賞から見た佐藤純弥佐藤純彌

    プラチナ大賞 - 斉藤耕?・佐藤純弥日本映画批評家大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第10回日本アカデミー賞

    第10回日本アカデミー賞から見た佐藤純彌佐藤純彌

    佐藤純彌(植村直己物語)第10回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 植村直己

    植村直己から見た佐藤純彌佐藤純彌

    『植村直己物語』 - 佐藤純彌監督。1986年。電通・毎日放送製作、東宝配給の映画。植村直己役を西田敏行が演じた。植村直己の伝記物語。当初は作家の椎名誠に主演を打診したが、撮影期間と椎名のシベリア冒険の期間が重なることから辞退したとされる。植村直己 フレッシュアイペディアより)

  • 第30回日本アカデミー賞

    第30回日本アカデミー賞から見た佐藤純彌佐藤純彌

    佐藤純彌(男たちの大和 YAMATO)第30回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡市

    鶴岡市から見た佐藤純彌佐藤純彌

    佐藤純彌 - 映画監督、父の佐藤貫一が鶴岡市出身。戦時中に鶴岡市の祖父と叔父の元に疎開鶴岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 北京原人 Who are you?

    北京原人 Who are you?から見た佐藤純彌佐藤純彌

    20億円の大予算をかけ、監督に佐藤純彌、脚本に早坂暁という著名なベテランスタッフを擁しながら、つじつまの合わないストーリーや構成により、ある種の「迷作」「珍作」として知られる。スペースシャトル内の実験室や陸上競技大会など、大がかりなセットやエキストラを動員したシーンも多い。北京原人 Who are you? フレッシュアイペディアより)

  • 敦煌 (小説)

    敦煌 (小説)から見た佐藤純弥佐藤純彌

    初版刊行時より、映画化の話があったが、ロケの問題もあり困難であった。長期の現地ロケを経て、1988年に佐藤純弥監督・大映製作・東宝配給で映画化された。敦煌 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 中島貞夫

    中島貞夫から見た佐藤純彌佐藤純彌

    人生劇場(1983年) - 深作欣二・佐藤純彌と共同中島貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 竜二 (映画)

    竜二 (映画)から見た佐藤純彌佐藤純彌

    アングラ演劇の主演俳優だった金子正次が1981年1月、同劇団の解散公演の楽日に大量に吐血し病院に担ぎ込まれ、一命は取りとめたが末期の胃ガンで既に手遅れ。本人には最後まで病名は伏せられた。金子は東映任侠映画が大好きで、退院からの二年間、ヤクザ映画を作りたいと精力的に映画製作に取り組んだ。しかし1980年代初頭、ヤクザ映画は完全に死んでいた。1980年、1981年とヤクザ映画は1本も公開されず、1983年、深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫監督でリメイクした『人生劇場』も興行が振るわず。最初に競馬のノミ屋を描いた「ちんぴら」(『チ・ン・ピ・ラ』として1984年映画化)の脚本を書き、大手映画会社に持ち込むが、「脚本はいいが、主演は君には務まらない。他のキャストでやってみればどうか」と言われこの話を蹴る。無名の監督、キャストではメジャーの配給ルートに乗せられない。主役しかやるつもりのない金子は映画会社での製作をあきらめ、自主製作にしようとかつての演劇仲間たちに声をかけた。プロデューサーには原宿学校(現・東京映像芸術学院)時代の友人・大石忠敏(川島透)に頼んだ。金子は鈴木明夫の名前で1982年秋「竜二」のシナリオを書き上げ、製作費3000万円は、自己資金と実家や知人からかき集め、配給会社のあてのないまま、1983年1月6日にクランクインした。金子の妻役の花城まり子を演じた永島暎子は「金子さんはもう、自分はもうだめなんじゃないかと分かっていたんじゃないかと思います。金子さんは、松田優作さんと、まだ松田さんが売れない時からの親友で、かたや松田さんは映画界でどんどんスターになって、自分は何をやっているのか田舎の親も誰も知らない。やっぱり最後に自分の形が映るということを映画でやりたかったんでしょうね。それだけなんだと思いますけど」と述べている。竜二 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 私を抱いてそしてキスして

    私を抱いてそしてキスしてから見た佐藤純彌佐藤純彌

    家田荘子の原作を南野陽子が読み、東映に企画を持ち込んだのが映画化のきっかけ。これを受け、東映は最初3人の脚本家にシナリオを書かせたが一貫性がなく時間も長くなったため、佐藤純彌に相談した。佐藤が2時間弱にシナリオをまとめて家田荘子に見せると「OK」が出たため、佐藤が監督をすることになった。南野は企画・立案者としての責任感から自ら8キロの減量に挑み、赤井英和とのハードなベッドシーンを含む鬼気迫る熱演を見せている。私を抱いてそしてキスして フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「佐藤純彌」のニューストピックワード