73件中 31 - 40件表示
  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た君よ憤怒の河を渉れ

    日本・中国合作の超大作『敦煌』で第12回日本アカデミー賞最優秀作品賞、同監督賞を受賞した。『新幹線大爆破』はヨーロッパで、『君よ憤怒の河を渉れ』は中国で大ヒットした。戦後初の日中合作映画『未完の対局』はモントリオール国際映画祭でグランプリを獲得するなど海外での評価も高く全般的に不動の地位を確立しているが、1997年の監督作『北京原人 Who are you?』は、日本映画史上に残る「迷作」として語られることが多い。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た桜田門外ノ変

    2010年、吉村昭の歴史小説を佐藤自身初となる、長編時代劇『桜田門外ノ変』を監督。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た敦煌 (映画)

    日本・中国合作の超大作『敦煌』で第12回日本アカデミー賞最優秀作品賞、同監督賞を受賞した。『新幹線大爆破』はヨーロッパで、『君よ憤怒の河を渉れ』は中国で大ヒットした。戦後初の日中合作映画『未完の対局』はモントリオール国際映画祭でグランプリを獲得するなど海外での評価も高く全般的に不動の地位を確立しているが、1997年の監督作『北京原人 Who are you?』は、日本映画史上に残る「迷作」として語られることが多い。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た北京原人 Who are you?

    日本・中国合作の超大作『敦煌』で第12回日本アカデミー賞最優秀作品賞、同監督賞を受賞した。『新幹線大爆破』はヨーロッパで、『君よ憤怒の河を渉れ』は中国で大ヒットした。戦後初の日中合作映画『未完の対局』はモントリオール国際映画祭でグランプリを獲得するなど海外での評価も高く全般的に不動の地位を確立しているが、1997年の監督作『北京原人 Who are you\?』は、日本映画史上に残る「迷作」として語られることが多い。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た中華人民共和国

    日本・中国合作の超大作『敦煌』で第12回日本アカデミー賞最優秀作品賞、同監督賞を受賞した。『新幹線大爆破』はヨーロッパで、『君よ憤怒の河を渉れ』は中国で大ヒットした。戦後初の日中合作映画『未完の対局』はモントリオール国際映画祭でグランプリを獲得するなど海外での評価も高く全般的に不動の地位を確立しているが、1997年の監督作『北京原人 Who are you?』は、日本映画史上に残る「迷作」として語られることが多い。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た魔法使いサリー

    終戦後の1956年に東映へ入社し、東京撮影所のスタッフとしてキャリアを積む。1961年に『宇宙快速船』で助監督として参加。1963年に『陸軍残虐物語』(主演:三國連太郎)で監督デビュー。アニメ作品『魔法使いサリー』では佐藤純弥名義での脚本を担当した。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た男たちの大和/YAMATO

    以降、『人間の証明』『未完の対局』『おろしや国酔夢譚』『男たちの大和/YAMATO』等の大作を監督。現在も映画監督として第一線で活躍している。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見たキイハンター

    作詞の方面でも才能を発揮している。1968年からTBS系列で放送された『キイハンター』の主題歌『非情のライセンス』(作曲:菊池俊輔、歌:野際陽子)に始まり、キイハンターの後番組である「アイフル大作戦」、その後番組「バーディー大作戦」、そしてその後番組であり、1975年から放送された『Gメン'75』と1982年から放送された『Gメン'82』のエンディング・テーマの作詞を務めた。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見たアニメ

    終戦後の1956年に東映へ入社し、東京撮影所のスタッフとしてキャリアを積む。1961年に『宇宙快速船』で助監督として参加。1963年に『陸軍残虐物語』(主演:三國連太郎)で監督デビュー。アニメ作品『魔法使いサリー』では佐藤純弥名義での脚本を担当した。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純彌

    佐藤純彌から見た東京都

    東京都出身。東京都立第一中学校在学中に学制改革を経て日比谷高校卒業。その後東京大学文学部卒業。佐藤純彌 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「佐藤純彌」のニューストピックワード