97件中 11 - 20件表示
  • 武雄市

    武雄市から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    武雄市の観光客数は1975年から増減があるものの現在まで増加傾向にある。武雄市の観光客数推多をみると、1987年の武雄北方ICが供用開始などによる交通利便性の向上により1990年に観光客数が急増し、1999年に佐賀県立宇宙科学館がオープンしたことによって2000年の観光客数が大きく増加していると考えられる。しかし、最近の動向としては減少傾向にある。日帰り観光客数は年々増加する一方で、宿泊客数は減少している。その傾向を示して、2004年に武雄温泉楼門の目前に建ち明治時代創業の歴史があった「ホテル武雄館」、2007年に北ヶ倉山頂にあり武雄市街を一望できる武雄保養センターを市が購入、県内の業者に売却して「奥武雄温泉・四季のそら」として同年にオープンしたが2011年に営業を停止した。市も『佐賀のがばいばあちゃん』のロケ誘致や武雄の観光宣伝隊「GABBA」での知名度アップや地元の商工会議所青年部、商工会青年部やまちおこし・まちづくり団体と協力・連携して、様々な企画・イベントを行うなどして観光客の増加に挑んでいる。武雄市 フレッシュアイペディアより)

  • 樋渡啓祐

    樋渡啓祐から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    総務省で沖縄振興特別措置法に関わるなどした後、高槻市市長公室長を経て、2006年に武雄市長に当選し、当時日本で現役最年少の市長になった。日本で初めて市のホームページをフェイスブック化したと称したこと(SNSとの関わりの項を参照のこと。)、「佐賀のがばいばあちゃん」の誘致などで知られる。市民病院の民間移譲や武雄市図書館のリニューアル(「ツタヤ図書館」)などで民間業者を使う斬新な施策を実施し注目を集めたが、その手法が「独善的」「話題先行」などとして批判も受けた。樋渡啓祐 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の映画/4月

    2006年の映画/4月から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃん(九州地区限定公開)(日本)2006年の映画/4月 フレッシュアイペディアより)

  • がばいばあちゃん

    がばいばあちゃんから見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    がばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん

    島田洋七の佐賀のがばいばあちゃんから見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばい婆ちゃん

    佐賀のがばい婆ちゃんから見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばい婆ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃん(2009年) 郵便配達役で特別出演東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山本太郎

    山本太郎から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃん(2006年、ティ・ジョイ)(中野先生)山本太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬上祐輝

    瀬上祐輝から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん(2009年4月11日、島田洋七監督)昭広(小学生時代) 役瀬上祐輝 フレッシュアイペディアより)

  • 竹本克明

    竹本克明から見た佐賀のがばいばあちゃん佐賀のがばいばあちゃん

    1960年、岡山県に生まれる。東北新社にて、CMの演出を多数務めて後映画製作に携わるようになる。東北新社を退社後、ギャガ・コミュニケーションズ、GDHを経て、2011年に株式会社ヴァンブックを設立。『鮫肌男と桃尻女』など音楽系や先鋭的な作品を多数手がけているため、アート系のプロデューサーと思われがちだが、『バトルロワイヤル』のような大作から、ピンクリボンと連動した『Mayu-ココロの星-』や、地方発信の企画として一大ブームを巻き起こした『佐賀のがばいばあちゃん』のプロデュースにも参加するなど、その映画センスは新しいジャンルを開拓している。竹本克明 フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示

「佐賀のがばいばあちゃん」のニューストピックワード