96件中 11 - 20件表示
  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た小日向文世

    北村先生(小学校の先生) - 小日向文世佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た緒形拳

    豆腐屋のおじさん:緒形拳(特別出演)佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た高島礼子

    昭広の母・秀子:高島礼子佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た山崎銀之丞

    中越(美苗の父) - 山崎銀之丞佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た石田ゆり子

    徳永秀子(昭広の母) - 石田ゆり子佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たビートたけし

    洋七の祖母の逸話を耳にしたビートたけしが、最初に書籍化を強く勧め、洋七がそれに応え執筆した。1987年に『振り向けば哀しくもなく』という題名で太田出版から3000部を自費出版。2001年に加筆・修正のうえ『佐賀のがばいばあちゃん』と改題し、愛育社から2度目の自費出版。2004年に徳間書店で再出版され、一気に話題となる。以後、さまざまな本がシリーズで出され、売り上げ冊数は総計400万部を超えた。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た江頭2:50

    佐賀弁では、「がばい」とは「非常に」の意味で連用修飾に使用され、このタイトルのように連体修飾詞として名詞の直前に付くことはない。例えば、「非常にすごい」→「がばいすごか」と使われる。そのため、「佐賀のがばいばあちゃん」ではなく、「佐賀のがばいすごかばあちゃん」というのが正しい言い方である。劇中でも「がばいすごか」と言う言葉が使われ、洋七本人も何度か書籍のがばいは本来の使い方でないと言っている。ちなみに、江頭2:50のギャグで知られる「がっぺむかつく!」の「がっぺ」は「がばい」と同じ言葉である。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た大森うたえもん

    屋台のおやじ:大森うたえもん佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たやなぎ浩二

    久保(昭広の友人)他:やなぎ浩二佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た島田紳助

    スポーツ店主:島田紳助(友情出演)佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「佐賀のがばいばあちゃん」のニューストピックワード