84件中 51 - 60件表示
  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た九州

    2006年6月3日より全国公開されたが、佐賀県を舞台とした作品のため、同県および九州各県の一部映画館では、同年4月22日から順次先行公開された。日本国外では同年9月22日より台湾で公開されている。大人になった主人公が少年時代に帰ってきた、という設定になっている。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た足立雄介

    吉田信夫(ノブ) - 足立雄介佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た太田出版

    洋七の祖母の逸話を耳にしたビートたけしが、最初に書籍化を強く勧め、洋七がそれに応え執筆した。1987年に『振り向けば哀しくもなく』という題名で太田出版から3000部を自費出版。2001年に加筆・修正のうえ『佐賀のがばいばあちゃん』と改題し、愛育社から2度目の自費出版。2004年に徳間書店で再出版され、一気に話題となる。以後、さまざまな本がシリーズで出され、売り上げ冊数は総計400万部を超えた。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たトライファースト

    製作委員会メンバー:島田オフィス、徳間書店、トライファースト佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たバスク (テレビ技術会社)

    撮影協力:バスク、フジアール、ベイシス佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た中日劇場

    全国公演にあたっては、最初の公演地として名古屋の中日劇場が選ばれた。洋七側の「舞台化するなら、東京、大阪以外のところから火をつけたい」という思いと、中日劇場側の「是非とも舞台化するなら当劇場から」という願いが実を結び、当公演が実現したといういきさつがある。吉本興業の興行に元・松竹新喜劇の曽我廼家文童が出るのは異例。この舞台が終了する2007年8月末に洋七は吉本興業を離れた。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たジョリー・ロジャー (企業)

    配給:九州シネマ・エンタープライズ、ジョリー・ロジャー佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たフジアール

    撮影協力:バスク、フジアール、ベイシス佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た大井川鐵道

    ロケ協力:武雄市、佐賀県フィルムコミッション、フィルムサポート島田、大井川鐵道、東京海洋大学、武雄・嬉野メルヘン村、九州自動車歴史館ほか佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たベイシス

    撮影協力:バスク、フジアール、ベイシス佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「佐賀のがばいばあちゃん」のニューストピックワード

  • ストーンズ中南米ツアードキュメンタリー

  • ファンは、驚きの光景を目撃する

  • ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテンアメリカ