84件中 71 - 80件表示
  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たビジネスジャンプ

    ビジネスジャンプにて『がばい -佐賀のがばいばあちゃん-』のタイトルで連載された。画は石川サブロウが担当。単行本化もされた(全11巻)。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た佐賀弁

    佐賀弁では、「がばい」とは「非常に」の意味で連用修飾に使用され、このタイトルのように連体修飾詞として名詞の直前に付くことはない。例えば、「非常にすごい」→「がばいすごか」と使われる。そのため、「佐賀のがばいばあちゃん」ではなく、「佐賀のがばいすごかばあちゃん」というのが正しい言い方である。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た映画館

    2006年6月3日より全国公開されたが、佐賀県を舞台とした作品のため、同県および九州各県の一部映画館では、同年4月22日から順次先行公開された。日本国外では同年9月22日より台湾で公開されている。大人になった主人公が少年時代に帰ってきた、という設定になっている。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見たテレビドラマ

    『佐賀のがばいばあちゃん』(さがのがばいばあちゃん)は、島田洋七の小説、およびそれを原作とした映画、漫画、テレビドラマ、舞台などの一連の作品の題名。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た台湾

    2006年6月3日より全国公開されたが、佐賀県を舞台とした作品のため、同県および九州各県の一部映画館では、同年4月22日から順次先行公開された。日本国外では同年9月22日より台湾で公開されている。大人になった主人公が少年時代に帰ってきた、という設定になっている。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た金曜ロードショー

    単館系映画ながら、興行収入6億円のヒット作となった。また2007年11月23日に日本テレビ系の金曜ロードショーで地上波初放送し、17.2%の高視聴率をマークした。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た土曜プレミアム

    第2弾は2010年2月20日の『土曜プレミアム』枠21:00〜23:10(JST)にて放送された。視聴率は13.9%。2009年5月にクランクアップした。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た単行本

    ビジネスジャンプにて『がばい -佐賀のがばいばあちゃん-』のタイトルで連載された。画は石川サブロウが担当。単行本化もされた(全11巻)。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た第89回全国高等学校野球選手権大会

    佐賀県立佐賀北高等学校が第89回全国高等学校野球選手権大会において、延長15回再試合を制し、準々決勝では優勝候補と目されていた帝京高校を延長13回の死闘の末、サヨナラで下し、決勝の広陵高校戦では戦前の予想通り劣勢に立たされながらも8回の逆転満塁ホームラン試合をひっくり返しそのまま優勝した。県立高校ながら強豪私学を次々になぎ倒し優勝したその劇的な戦いぶりから「がばい旋風」と呼ばれるようになった。(ちなみに、偶然にも島田洋七は広陵高校出身である。)佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀のがばいばあちゃん

    佐賀のがばいばあちゃんから見た舞台

    『佐賀のがばいばあちゃん』(さがのがばいばあちゃん)は、島田洋七の小説、およびそれを原作とした映画、漫画、テレビドラマ、舞台などの一連の作品の題名。佐賀のがばいばあちゃん フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「佐賀のがばいばあちゃん」のニューストピックワード

  • ストーンズ中南米ツアードキュメンタリー

  • ファンは、驚きの光景を目撃する

  • ストーンズ オレ!オレ!オレ! ア・トリップ・アクロス・ラテンアメリカ