81件中 11 - 20件表示
  • 新協劇団

    新協劇団から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    1946年1月19日、村山知義を中心に再建された新協劇団(第2次)には、すでに東京芸術劇場を結成していた久保栄、滝沢修らは不参加の一方、土方与志、移動演劇「桜隊」から佐野浅夫、八田元夫、移動劇団「瑞穂劇団」にいた宇野重吉、同じく移動劇団をしていた井上正夫が井上演劇道場を解散し、加盟するなどの動きもあった。1946年9月に新協劇団と東京芸術劇場合同による「どん底」を帝劇で上演。戦後、千石規子、岡田英次、清村耕次、下條正巳、灰地順、杉浦直樹、内田良平らが入団することになるが、宇野重吉は、1947年に民衆芸術劇場(劇団民藝の前身)を創設して退団。1948年には、脚本家として成功する寺島アキ子が入ってきたが、日本共産党の「50年問題」などの影響を受けて分裂し、1951年、薄田研二らが中央芸術劇場を創設、1952年には岡田英次が脱退して「青年俳優クラブ」(後の劇団青俳)を結成するなどして、弱体化した。1957年の今井正監督の映画『純愛物語』にもエキストラなどで出演した。1959年1月15日、薄田研二らの劇団中芸(中央芸術劇場を改称)と統合し、東京芸術座として再出発することにより、「新協劇団」としての歴史に終止符を打った。新協劇団 フレッシュアイペディアより)

  • ペスタロッチー教育賞

    ペスタロッチー教育賞から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    2001年 佐野浅夫(俳優・NHK「おはなし出てこい」の語り手)ペスタロッチー教育賞 フレッシュアイペディアより)

  • 桜隊

    桜隊から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    苦楽座のメンバーでも、桜隊に参加しなかった者もおり、同じ桜隊所属でも、様々な事情から被爆を免れた者がいる。利根はる恵は病気のため、疎開せず東京に居残り、最年少の佐野浅夫は1945年3月に本土決戦特攻隊員として出征。多々良純は、同年6月に応召され、八田元夫はたまたま連絡のため帰京。池田生二は空襲にあった妻の沼津の実家を見舞いに行き、槙村浩吉は俳優を探すため上京。千石規子は、出産で広島を離れていたため、それぞれ難を逃れた。桜隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の面影

    日本の面影から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    稲垣金十郎(セツの養父):佐野浅夫日本の面影 フレッシュアイペディアより)

  • 高山象三

    高山象三から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    日本大学芸術科で演出を専攻。佐野浅夫は同窓。大学を卒業後、徴兵検査では丙種合格。父や徳川夢声、丸山定夫らが結成した苦楽座で活躍。高山象三 フレッシュアイペディアより)

  • 肝っ玉かあさん

    肝っ玉かあさんから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    堀川長吉(佐野浅夫)…「大正庵」の職人で、五三子の良き相談相手。五三子や一からは「長さん」と呼ばれている。江戸っ子気質で、とみとは年中夫婦喧嘩が絶えないが、本人や周囲も実はそれを楽しんでいる。肝っ玉かあさん フレッシュアイペディアより)

  • チロルの挽歌

    チロルの挽歌から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    室津喜八(佐野浅夫チロルの挽歌 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥由栄

    白鳥由栄から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    「破獄」(昭和60年放映)、NHK総合、主演:緒形拳 出演:津川雅彦、佐野浅夫、中井貴恵、なべおさみ、織本順吉、玉川良一、小瀬格、趙方豪、綿引勝彦白鳥由栄 フレッシュアイペディアより)

  • 華麗な探偵ピート&マック

    華麗な探偵ピート&マックから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    エディ・アルバート(フランク・マクブライド 声:佐野浅夫華麗な探偵ピート&マック フレッシュアイペディアより)

  • 明日がござる

    明日がござるから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    大竹徳友<おおたけとくすけ>:佐野浅夫明日がござる フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「佐野浅夫」のニューストピックワード