96件中 21 - 30件表示
  • 新協劇団

    新協劇団から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    1946年1月19日、村山知義を中心に再建された新協劇団(第2次)には、すでに東京芸術劇場を結成していた久保栄、滝沢修らは不参加の一方、土方与志、移動演劇「桜隊」から佐野浅夫、八田元夫、移動劇団「瑞穂劇団」にいた宇野重吉、同じく移動劇団をしていた井上正夫が井上演劇道場を解散し、加盟するなどの動きもあった。1946年9月に新協劇団と東京芸術劇場合同による「どん底」を帝劇で上演。戦後、千石規子、岡田英次、清村耕次、下條正巳、灰地順、杉浦直樹、内田良平らが入団することになるが、宇野重吉は、1947年に民衆芸術劇場(劇団民藝の前身)を創設して退団。1948年には、脚本家として成功する寺島アキ子が入ってきたが、日本共産党の「50年問題」などの影響を受けて分裂し、1951年、薄田研二らが中央芸術劇場を創設、1952年には岡田英次が脱退して「青年俳優クラブ」(後の劇団青俳)を結成するなどして、弱体化した。1957年の今井正監督の映画『純愛物語』にもエキストラなどで出演した。1959年1月15日、薄田研二らの劇団中芸(中央芸術劇場を改称)と統合し、東京芸術座として再出発することにより、「新協劇団」としての歴史に終止符を打った。新協劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 藤林氏

    藤林氏から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    TBS系列の時代劇『水戸黄門』の第16部(1986年放映)から第28部(2000年放映)に登場する架空の忍者(くノ一)であるかげろうお銀(配役:由美かおる)は、江戸時代の貞享期・元禄期における藤林一門の頭領・藤林無門(配役:佐野浅夫)の孫娘であり、藤林無門にとって唯一の肉親(忘れ形見)という設定である。この時期にはすでに凋落し困窮していた藤林一門の再興を果たすべく、当初は何者かが懸けた五百両の賞金を目当てに水戸光圀(配役:西村晃)の命を狙うが、後にそれが過ちであったことを知り、光圀の寛大さに触れたことで己の不明を恥じて光圀一行に加わることになった。藤林氏 フレッシュアイペディアより)

  • 社長になった若大将

    社長になった若大将から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    板橋長太郎・板長:佐野浅夫社長になった若大将 フレッシュアイペディアより)

  • 驚異の世界・ノンフィクションアワー

    驚異の世界・ノンフィクションアワーから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    世界各地の自然風景や動物の生態系、日本ではあまり知られていない各国独自の文化・風習を佐野浅夫と中山千夏の語りで紹介していた。驚異の世界・ノンフィクションアワー フレッシュアイペディアより)

  • 日本移動演劇連盟

    日本移動演劇連盟から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    ※「桜隊」、「園井恵子」、「丸山定夫」、「仲みどり」、「高山象三」、「森下彰子」、「池田生二」、「槙村浩吉」、「佐野浅夫」、「多々良純」を参照のこと。日本移動演劇連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 渥美清の泣いてたまるか

    渥美清の泣いてたまるかから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    放映日:1967年1月22日 タイトル:恋をつまびく 脚本:大原清秀 監督:佐伯孚治 出演者:入江若葉、佐野浅夫、宮本信子、青木和子、北林谷栄、長谷川明男渥美清の泣いてたまるか フレッシュアイペディアより)

  • 狼よ落日を斬れ

    狼よ落日を斬れから見た佐野浅夫佐野 浅夫

    山口金五郎(虎之助の叔父):佐野浅夫狼よ落日を斬れ フレッシュアイペディアより)

  • 青春残酷物語

    青春残酷物語から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    取調べの刑事 - 佐野浅夫青春残酷物語 フレッシュアイペディアより)

  • ふりむけば愛

    ふりむけば愛から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    ホリ企画制作作品。監督:西河克己。主演:森昌子、佐野浅夫、大和田獏、渡辺篤史、菅井きん。ふりむけば愛 フレッシュアイペディアより)

  • おはなちゃん繁昌記

    おはなちゃん繁昌記から見た佐野浅夫佐野 浅夫

    伊勢屋幸兵衛:佐野浅夫おはなちゃん繁昌記 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「佐野浅夫」のニューストピックワード