389件中 61 - 70件表示
  • 西海讃歌

    西海讃歌から見た体操体操

    テレビ長崎において22時台終わりの天気予報のBGMとして長年使用されていた。また、佐世保市役所においては毎日15時に流される職員及び来庁者のためのストレッチ体操のBGMになっていたことがある。西海讃歌 フレッシュアイペディアより)

  • ジャッキー佐藤

    ジャッキー佐藤から見た体操体操

    引退直後の1988年には体操教室の会社「ジャムナ」を設立する。スポーツプログラマー、ヘルスケアトレーナーの資格を取得し、中高年女性を中心に自らが考案した「ジャムナ体操」を教える。1999年8月9日、胃癌のため死去。。ジャッキーは死ぬまで自分の病名をマキには伝えず、マキはそのことについて「哀しいけど、いつまでもライバルとして見ていてくれたことが嬉しい」と話している。ジャッキー佐藤 フレッシュアイペディアより)

  • 跳び箱

    跳び箱から見た体操体操

    跳び箱、飛び箱(とびばこ)は、長方形の木枠を山形に積み重ね、最上部に布や革などを張った箱形の体操用器具。重ねる木枠の数を変えることで高さを段階的に加減することができる。手前に踏み切り板を置き、走ってきて手をつき跳びこす。跳び箱 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・コルベル

    ピーター・コルベルから見た体操体操

    7歳から卓球を始めるものの、当時はサッカーやアイスホッケー、体操などもやっていたので練習は週に1回程度だった。12歳頃から本格的に卓球を始め、ほぼ毎日練習するようになった。ピーター・コルベル フレッシュアイペディアより)

  • 文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験

    文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験から見た体操体操

    検定学科目 修身、教育、国語及漢文、英語、仏語、独語、歴史(日本史東洋史、西洋史)、地理、数学(算術代数幾何、三角法、解析幾何、微分積分)、物理及化学(物理、化学)、博物(動物及生理、植物、鉱物)、法制及経済、習字、図画(毛筆画用器画、鉛筆画用器画)、家事、裁縫、体操、音楽、簿記、農業、商業、手工手芸文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験 フレッシュアイペディアより)

  • 跡見花蹊

    跡見花蹊から見た体操体操

    幕末・明治維新の混沌を目の当たりにしたことで女子教育の重要性を認識したことが、跡見の教育方針の原点となっている。跡見女学校では古来の文化や風俗を重視し、漢学や書道、茶道、体操などを導入し、知識習得だけにとどまらない情操教育を図った。跡見花蹊 フレッシュアイペディアより)

  • 小林よしひさ

    小林よしひさから見た体操体操

    小林 よしひさ(こばやし よしひさ、本名:小林剛久、1981年6月29日 - )は、埼玉県朝霞市生まれの体操インストラクター、血液型はAB型。小林よしひさ フレッシュアイペディアより)

  • 太陽保育園 (和歌山市)

    太陽保育園 (和歌山市)から見たヨガ体操体操

    ヨガ体操や一輪車を行い健康づくりに力をいれている。太陽保育園 (和歌山市) フレッシュアイペディアより)

  • 学生スポーツ

    学生スポーツから見た体操体操

    一方、競技の歴史が比較的浅い新しいスポーツ競技や競技人口が少ないスポーツは、報道メディアなどでの紹介が契機で普及が始まったものが多く、そういう場合は参加者・競技者の年齢や所属に拘らない競技として広まる傾向にあるので、運営組織は最初から全国的あるいはかなり広範囲を対象にしたものになり、そこが主導で競技の普及を進める場合が多い。このケースでは、学生固有の独立した組織は未整備に近い状態になる場合が多く、各地域・都道府県の協会・連盟内部に「学生部」や「学生委員会」が置かれてそこが運営主体となる。また競技の歴史が古い種目のものでも、体協に早い時期から加盟して、その下で普及を進めた競技の運営団体も、同様に全国的には地域毎運営が主体の完全ピラミッド型の形態になっている傾向が強い。(例:水泳、体操、武道系の競技など。)学生スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンピング・スティルト

    ジャンピング・スティルトから見た体操体操

    普通に靴で歩ける人なら、フィットネスを目的にジョギング感覚で飛び跳ねる程度の運動は、短期間の練習で出来るようになる。日本の竹馬よりも、歩行運動の習得は容易で、ほとんどの人が10分ぐらいでバランスを取って歩くことが出来るようになる。しかし、宙返りなどのスタント系の演技をするには、体操に通じる高い身体運動能力が求められる。床運動やトランポリンで宙返りできない人が挑戦しても、ほぼ失敗する。背中や頭や尾骶骨から地面に落下して打ちつけると危険である。誤った体の使い方をすると、膝や腰を痛めたり椎間板ヘルニアなどを起こしやすい。膝関節を守る身のこなしのコツを習得し、ある程度、体操の訓練を積んでから、段階を踏んで体を鍛えながら高度な演技に挑戦していくことが望ましい。坂道のような傾いた場所での使用は、勢いがついて止まれなくなって事故に繋がることもあるので、特に初心者のうちは要注意である。また、濡れた場所や滑りやすい場所で使用するのも、思わぬ転倒事故に繋がるので危険である。ジャンピング・スティルト フレッシュアイペディアより)

389件中 61 - 70件表示

「体操」のニューストピックワード