1 2 3 4 次へ
31件中 31 - 31件表示
  • 体操

    体操から見た体操伝習所

    日本では1868年に軍隊に初めてドイツ体操が採用された。また、一般の学校体操としては、1878年に体操伝習所を設立し、アメリカの体操教師リーランドを教官として招聘した。リーランドはドイツのヤーンの体操を基にしたアメリカ式体操を習得した教師で、伝習所のほかにも、東京女子師範学校や東京師範学校、大学予備門、東京外国語大学などでも体操術を教え、指導者養成に尽力した。リーランド退任後、川瀬元九郎や坪井玄道、井口あくりら海外で学んだ者が帰国して指導者となり、リーランドの通訳を務めていた永井道明を中心に研究されたスウェーデン体操が学校体操教授要目として1913年に発布され、1941年の国民学校発足までの約30年間に渡って、日本の体育界を支配した。しかし、国民学校発足と同時に体操は一流一派に偏ることなく体操の学理に基づき、良いものを自由に取り入れる方針が立てられ、各種の体操の長所が取り入れられるようになった。体操 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
31件中 31 - 31件表示

「体操」のニューストピックワード