1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示
  • 神奈川大学附属中・高等学校

    神奈川大学附属中・高等学校から見た体育大会体育大会

    体育大会は年一回9月に開催される。かつての体育行事は7月の競泳と球技を中心とした「神大附属オリンピック」と、10月の陸上グラウンドでのトラック競技を中心とした「体育祭」の二本立てであったが、受験を控えた高校三年の生徒に配慮する形で、7月開催の「体育大会」として両者が統合されるのを経て、現在の形となっている。神奈川大学附属中・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立泉陽高等学校

    大阪府立泉陽高等学校から見た体育大会体育大会

    毎年、体育大会の2ヶ月ほど前に、有志を募り「新団体競技」(通称・新団)というダンスを披露する団を各4つの団ごとに結成する。部活は休んではいけないというルールがあり、「新団」に加入した生徒は、部活と両立させながら練習している。また、「援団」という団も各団ごとに結成され、主に自分たちの団を応援する役に回る。援団長は、自分たちの団のトレードカラーの色のつなぎを着ることが慣例となっている大阪府立泉陽高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 過年度生

    過年度生から見た体育大会体育大会

    入学後に、過年度生であるからといって特段の違いが生じるわけではないが、最低年齢ではないという理由でなら、違いが生じる場合はある。過年度生や留年経験者に代表される高年齢の生徒は、必ずしも一般の生徒と同様な学校生活を過ごせるわけではない。特に甲子園やその他の小中高生体育大会などでは、年齢が上がると一般的に体格が向上して有利になることから、過年度生などの高年齢生徒の参加を規制している場合が多い。数学オリンピックもスポーツと同様に20歳未満までとの制限があり、国際化学オリンピックの前哨戦である全国高校化学グランプリも同様に20歳未満までとの制限がある。卒業後の就職においても、いわゆる民間企業の採用試験や公務員試験、では、年齢が高いほど不利になる場合がある(特に民間企業の採用試験では明文化された受験資格から外れたり、書類選考で落とされたりする)。これらの問題に関しては、「年齢主義と課程主義」で詳述する。過年度生 フレッシュアイペディアより)

  • 全国七大学総合体育大会

    全国七大学総合体育大会から見た体育大会体育大会

    全国七大学総合体育大会(ぜんこくななだいがくそうごうたいいくたいかい、Seven Universities Athleticmeet)は、日本の7つの国立大学が合同で開催している体育大会である。第二次世界大戦前に施行されていた旧学制時代に帝国大学であった大学のうち、日本国内に現在も存在している全国七大学総合体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 小淵沢町

    小淵沢町から見た体育大会体育大会

    各集落は行政区として組織されており、各行政区は町内会(自治会)と同じような機能を有し、区ごとに公民館(正確には「小淵沢町公民館○○区分館」)が設置されている。区では公民館を中心として伝統行事の執り行ないや、区内の清掃、自治的業務の決定などがなされており、町民体育大会なども行政区単位の対抗戦となるため、多くの町民にとって基礎的な生活範囲となっている。また、各行政区の多くは、その区域が更に「1号組」、「2号組」といった、数字が付された組で区分けされている。区内の清掃の当番範囲なども組で割り当てが行われることが多く、一部では旅行などの親睦活動を現在でも行っている組も存在しており、行政区内における「組」が最も基礎的な自治の単位となっている。小淵沢町 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示