前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
305件中 1 - 10件表示
  • テクノロジー

    テクノロジーから見た道具道具

    テクノロジー(科学技術、)とは、人類や他の種が道具や技巧の知見を使い、環境に適応し制御する能力を高める方法に関する幅広い概念である。テクノロジーの語源はギリシア語の technología (τεχνολογία) であり、téchnē (τέχνη) すなわち「技巧」と -logía (-λογία) すなわち「何かを学ぶこと、または学問分野」を組み合わせた語である。しかし、厳密な定義は捉えがたい。「テクノロジー」は人類の使う具体的な機械やハードウェアや道具を指すこともあるが、システム、組織的手法、技術といったより広いテーマを指すこともある。テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 木材

    木材から見た道具道具

    木材(もくざい)とは、様々な材料・原料として用いるために伐採された樹木の幹の部分を指す呼称。その用途は、切削など物理的加工(木工)された木製品に限らず、紙の原料(木材パルプ)また薪や木炭に留まらない化学反応を伴うガス化・液化を経たエネルギー利用や化学工業の原料使用、飼料化などもある。材木(ざいもく)も同義だが、これは建材や道具類の材料などに限定する場合もある。木材 フレッシュアイペディアより)

  • 石鏃

    石鏃から見た道具道具

    石鏃(せきぞく)は、道具・武器の一種。石を材料として作られた鏃(やじり。矢尻とも、また矢先や矢の根とも)。矢の先端に紐などで固定させて用いる、刺突用の小型の石器である。石製の鏃(せきせい-、いしせい-)などとも言う。また古い言い方では石弩(いわのやのね)、矢の根石(やのねいし)などとも言う。石鏃 フレッシュアイペディアより)

  • 大型ハンマー

    大型ハンマーから見た道具道具

    大型ハンマー(スレッジハンマー、Sledgehammer)とは、長い柄に、大きく平らな重い主に金属塊(ハンマーヘッド)が取り付けられた道具(槌、つまり、ハンマー)である。なお、英語では、大型ハンマーのことをSledgehammer(スレッジハンマー)と表記するのが一般的だが、まれに、dynamic hammer(ダイナミックハンマー)と呼ぶ場合もある(詳細後述)。大型ハンマー フレッシュアイペディアより)

  • 塚

    から見た道具道具

    古神道に由来する観念として、無念を持った者の魂が神霊となり、荒ぶる神にならぬよう祀ったものでもあり、古神道の根幹をなす、万物に神や命が宿るという観念から、感謝や祈願をこめて器物(道具など)や生き物を祀ったものでもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 文化 (動物)

    文化 (動物)から見た道具道具

    生物学の領域では、上述のごとく(人間の文化と区別しつつ、「カルチャー」ではなく)「カルチュア」「サブカルチュア」「プレカルチュア」という用語が用いられている。また文化的行動 cultural behaveior という用語も用いられている。文化的行動とは、動物において、その種全体ではなくて、特定の個体群あるいは集団だけに観察され、かつ世代を超えて伝承される行動を指して用いられている。こうした行動の例としては、例えば、チンパンジーの果実割りの行動、イギリスのカラ類に見られることがある牛乳瓶の蓋開けなどを挙げることができる。特にチンパンジーの行動では、道具の使用、ノンバーバルコミュニケーション、食性などが、地域ごとに著しく異なっていることが知られている。文化 (動物) フレッシュアイペディアより)

  • 人類の知能の進化

    人類の知能の進化から見た道具道具

    共感、心の理論、哀悼、儀式、シンボルと道具の使用といった人間の知性の多くの特質は、大型類人猿において既に見られるが、人間よりは洗練されていない。人類の知能の進化 フレッシュアイペディアより)

  • 労働

    労働から見た道具道具

    奴隷制の一形態として人間が肉体や道具を用いて対象に働きかけ、人間という動物にとって有用なもの、無用なもの(産業廃棄物など)を作り出す行為である。労働 フレッシュアイペディアより)

  • 文房具

    文房具から見た道具道具

    文房具(ぶんぼうぐ)とは、文字・記号・図面・絵などを含んだ文書を主に手書き(手描き)によって作成する上で必要な道具のこと。また、これを補助する道具のこともいう。「文房」は「書斎」という意味。「筆記用具」や「文具」や「ステーショナリー」ともいう。また児童・生徒・学生が学習する上で補助的に使用する道具も文房具に含まれる(暗記シートなど)。高級品から時代を反映したファッショナブルなものまで非常に多くの種類が存在し、コレクションの対象にもなる。中国では「筆墨紙硯(ひつぼくしけん)」を「文房四宝(ぶんぼうしほう)」と称した。文房具 フレッシュアイペディアより)

  • ナイフ

    ナイフから見た道具道具

    ナイフ(Knife)とは、対象を切削するための道具(刃物)で、切削部である刃と握りの部分で構成される。武器と工具に特化したものを除く、手に持って用いる汎用の刃物を指す。日本語の「小刀」(こがたな)のことであり、脇差を意味する しょうとう は含まない。漢語の刀子(とうす)にほぼ相当する概念である。ナイフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
305件中 1 - 10件表示

「使うもの」のニューストピックワード