305件中 91 - 100件表示
  • 柄杓

    柄杓から見た道具道具

    柄杓(ひしゃく)は水や汁物をすくうための道具。柄がついた器状をしている。柄杓 フレッシュアイペディアより)

  • 擦文時代

    擦文時代から見た道具道具

    擦文時代には鉄器が普及して、しだいに石器が作られなくなった。普及した鉄器は刀子(ナイフ)で、木器などを作る加工の道具として用いられたと考えられている。他に斧、刀、装身具、鏃、釣り針、裁縫用の針など様々な鉄製品が用いられた。銅の鏡や中国の銅銭も見つかっている。これら金属器は主に本州との交易で入手したが、北方経由で大陸から入ってきたものもあった。製鉄は行わなかったと見られるが、鉄の加工(鍛冶)の跡が検出されている。また青森県五所川原窯で作られた須恵器が北海道各地から出土している。擦文時代 フレッシュアイペディアより)

  • 什器

    什器から見た道具道具

    什器(じゅうき) - 日常生活で使用される道具。食器や家具など。什器 フレッシュアイペディアより)

  • 針

    から見た道具道具

    針(はり)は、先端の尖った円錐形の道具。人間にはかなり多くの用途で使用されているが、全て刺すという点で類似している。英語ではNeedleあるいはPinであり、日本語でもそのままピンと呼ぶ例もある。突き刺すことその物を目的とする場合、突き刺すことで何かをするのに使う場合があり、またその先が細いことから細かいところを探るような用途に使われることもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 歯間ブラシ

    歯間ブラシから見た道具道具

    歯間ブラシ(しかん - )とは、歯間、歯と歯肉間の汚れ(歯垢、食物残滓など)を清掃する道具である。歯間ブラシ フレッシュアイペディアより)

  • アイスピック

    アイスピックから見た道具道具

    形状は穴開け用道具の千枚通しを大きくしたような、1本のニードルに柄をつけた形態のものが一般的である。柄尻は手や槌で叩いて力を加えられるように太く、さらに金具で補強されている場合が多い。アイスピック フレッシュアイペディアより)

  • プライヤ

    プライヤから見た道具道具

    人類が火で料理する方法を発見した時から、料理したものを掴む何らかの道具はあった。プライヤ フレッシュアイペディアより)

  • 事実

    事実から見た道具道具

    科学では現象を観測する上で、天文学なら望遠鏡、微生物の観察には顕微鏡など、様々な道具が利用される。こういった観測用の道具は、誤差などといった要素もあって、しばしば事実を歪曲しうる。このため科学の進歩は観測用器具の技術的な発展と不可分である。さらには、観測すること自体が事実を曲げる、あるいは特定する可能性が論議されている(観測問題)。事実 フレッシュアイペディアより)

  • ファンアート

    ファンアートから見た道具道具

    ファンアートとは、他者が創作したキャラクター、衣装、道具、もしくはストーリーをもとにした作品のことである。この用語は、小説のキャラクターのファンが作成した作品にも適用できるが、通常は漫画、映画、テレビゲームのような視覚媒体からの二次創作を指すために使われる。通常、アマチュア作者やその二次創作に関して報酬を得ていない作者の作品を指す。--したがって、たとえば、映画『スターウォーズ』の商業的な漫画化はファンアートとはみなされないが、無関係なファンが漫画化したものはファンアートである。この区別はいつも明確に決定できるわけではなく、特定の作品が実際にファンアートとみなされるかどうかはしばしばグレーゾーンにある。ファンアート フレッシュアイペディアより)

  • 遊具

    遊具から見た道具道具

    遊具(ゆうぐ)とは、遊びに供するために利用される道具・設備である。一般には公園などに置かれて、子供たちが遊びに使う道具設備の意味であるが、他方では娯楽に供させる施設にも、遊具と呼ぶ物がある。遊具 フレッシュアイペディアより)

305件中 91 - 100件表示

「使うもの」のニューストピックワード