305件中 11 - 20件表示
  • 投網

    投網から見た道具道具

    投網(とあみ)とは、漁業に用いる漁網の一種で、岸辺や船上から魚がいると思われる地点に投げ入れて魚を捕る道具である。この漁網を用いて行う漁撈活動のことを投網漁といい、また、投網を投げることを「投網をうつ」という。投網 フレッシュアイペディアより)

  • 妖怪

    妖怪から見た道具道具

    九十九神(つくもがみ)とは、長く生きたもの(動植物)や古くなるまで使われた道具(器物)に神が宿り、人が大事に思ったり慈しみを持って接すれば幸(さち)をもたらし、そうでなければ荒ぶる神となって禍をもたらすといわれる神である。ほとんどが、現在に伝わる妖怪とも重複し、荒ぶれば九尾の狐であり、和ぎればお狐様となると解釈される。妖怪 フレッシュアイペディアより)

  • 技術

    技術から見た道具道具

    18世紀フランスの百科全書派のディドロは、技術に「同一の目的に協力する道具と規則」という定義を与えてみせた。同じくダランベールは『百科全書』の序論で、フランシス・ベーコンの「変化させられ、加工される自然」という概念を用いつつ、技術の歴史というのを描いてみせた。技術 フレッシュアイペディアより)

  • 鞭

    から見た道具道具

    鞭(笞、むち)とは、人や動物を打つ為の細長い竹の棒、若しくは棒状の柄に革紐や鎖などを取り付けた道具である。 フレッシュアイペディアより)

  • 遺物

    遺物から見た道具道具

    用途は、利器(狩猟具・武器・農具を含む)、容器(食器・供献具・貯蔵具を含む)、調理具・煮炊具、衣服・履き物、装身具(威信財を含む)、祭祀具、文房具、冷暖房のための道具、貨幣など生活用具一切を含んで多岐にわたる。これら道具およびその道具を製作する過程にできる副産物(石器を製作する際の剥片や石核、鉄製品をつくる際の鉄滓・鍛冶滓など)や原料(石器の母岩や土器の素材となる粘土塊、金属を精錬する際の木炭など)、道具をつくるための道具(工具)も遺物であり、栽培ないし貯蔵、加工されたことが明らかな植物遺体、飼育された、あるいは副葬されたことが明らかな動物遺体、トイレ遺構から出土した排泄物などの有機物遺体も遺物に含める。遺物 フレッシュアイペディアより)

  • はさみ

    はさみから見た道具道具

    (鋏)物をはさみこむことによって、物を切断するための道具。本項目で主に解説する。はさみ フレッシュアイペディアより)

  • 先史時代

    先史時代から見た道具道具

    先史時代の対象範囲は、定義に忠実ならば宇宙開闢以来の時間範囲が該当する。しかし一般的には地球上で生命誕生が起こってからの時代が取扱われ、特に人類が出現してから以降と捉えられることが多い。この人類発祥後の時代は三時代法(en)というそれぞれの時に使われた主要な道具類の種類に基づく石器時代(旧石器時代、新石器時代)、青銅器時代、鉄器時代という連続した時間(en)ごとの期間区分(en)が用いられ、それ以前は地層が形成された時期を元とした層位学的(en) 地質記録(en)に基づいて地質時代単位で分けられる。ただし、マカリスター(en)などは石器時代に先行する加工性に優れる木材を利用した木器時代を提唱し、また人類史において道具を使わない時代というものも想定される。また、新石器時代と青銅器時代の間に銅器時代が入る場合もある。先史時代 フレッシュアイペディアより)

  • ピック

    ピックから見た道具道具

    ピック(pick)は、ギターなどの撥弦楽器を演奏するための道具。爪、プレクトラム(plectrum)ともいう。ピック フレッシュアイペディアより)

  • 独考

    独考から見た道具道具

    として、女性としての自分の立場を語調強く訴える。そして、女子と小人は扱いがたいと記す孔子をして「心行き届かぬ」と述べ、みずからの教化不足を棚にあげて女子小人取るに足らないと見下すところが一番人に受け入れやすいと手厳しく批判する。そして、儒教道徳は、表向きの飾り道具であり、門外に置くべきものなのであって、「道具がぶきよう」なため怪我をすることがあるから、「家事」には用いるべきではないとする。さらに、独考 フレッシュアイペディアより)

  • 油引き

    油引きから見た道具道具

    油引き(あぶらひき)とは、フライパンなどの鍋、鉄板焼きに用いられる鉄板、ホットプレートなどで調理する際に油を塗るための道具である。油引き フレッシュアイペディアより)

305件中 11 - 20件表示

「使うもの」のニューストピックワード

  • WOOD FW7 HA−FW7

  • おいしい非常食をまなぼう!つくろう!たべよう!

  • eRemote mini(イーリモートミニ)