338件中 11 - 20件表示
  • ささら

    ささらから見た道具道具

    簓(ささら)。竹や細い木などを束ねて作製される道具の一つである。洗浄器具として用いられるほか、楽器や日本の伝統的な大衆舞踊の際の装身具の一部としても用いられる。また、これを伴奏楽器として用いる音曲や舞踊を「ささら」と称することも多い。ささら フレッシュアイペディアより)

  • 技術

    技術から見た道具道具

    18世紀フランスの百科全書派のディドロは、技術に「同一の目的に協力する道具と規則」という定義を与えてみせた。同じくダランベールは『百科全書』の序論で、フランシス・ベーコンの「変化させられ、加工される自然」という概念を用いつつ、技術の歴史というのを描いてみせた。技術 フレッシュアイペディアより)

  • はさみ

    はさみから見た道具道具

    (鋏)物を刃で挟み込むことによって、物を切断するための道具。本項目で主に解説する。はさみ フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー

    テクノロジーから見た道具道具

    そこから派生して「テクノロジー」は、科学的知識をもちいて開発された機械類や道具類を指すこともある。テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 付喪神絵巻

    付喪神絵巻から見た道具道具

    内容は、康保のころ(964年-968年)年末の煤払(すすはらい)の日に捨てられた古い道具たちがつくもがみ(付喪神)となって人間を襲い享楽を尽くすが、護法童子や尊勝陀羅尼(そんしょうだらに)、如法尊勝大法といった密教の法力によって調伏されてしまい、悪行への反省から出家して真言宗をまなび、深山で修行したのちに成仏するという物語作品である。付喪神絵巻 フレッシュアイペディアより)

  • 文化 (動物)

    文化 (動物)から見た道具道具

    生物学の領域では、上述のごとく(人間の文化と区別しつつ、「カルチャー」ではなく)「カルチュア」「サブカルチュア」「プレカルチュア」という用語が用いられている。また文化的行動 cultural behaveior という用語も用いられている。文化的行動とは、動物において、その種全体ではなくて、特定の個体群あるいは集団だけに観察され、かつ世代を超えて伝承される行動を指して用いられている。こうした行動の例としては、例えば、チンパンジーの果実割りの行動、イギリスのカラ類に見られることがある牛乳瓶の蓋開けなどを挙げることができる。特にチンパンジーの行動では、道具の使用、ノンバーバルコミュニケーション、食性などが、地域ごとに著しく異なっていることが知られている。文化 (動物) フレッシュアイペディアより)

  • ナイフ

    ナイフから見た道具道具

    ナイフ()は、対象を切削するための道具で、手に持って用いる汎用の刃物を指す。刃と柄で構成されている。日本語の「小刀」(こがたな)や「庖丁」のことである。ナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 粉次ぎ

    粉次ぎから見た道具道具

    粉次ぎ(こなつぎ)とは、鉄板でいわゆる粉物の料理を作る際に生地種を流し入れるための道具。粉注ぎともいう。なお、同様の用途のものとして、後述の種落とし(チャッキリ、ドロッパー)がある。粉次ぎ フレッシュアイペディアより)

  • 礫石器

    礫石器から見た道具道具

    礫石器(れきせっき)とは、原石(母岩)を加工せずに、そのまま使った石器。狩猟具・武器としての飛礫(つぶて)や製粉・調理用の磨石(すりいし)、調理用の敲石(たたきいし)・凹石(くぼみいし)、研磨用の砥石(といし)などがある。基本的に使用痕があるかどうかが石器であるかどうかを見極める目安となる。ただし、原石をそのまま道具として用いることから、単体で出土しても、それが遺物(考古資料)であるかどうかは判別できない場合も多い。その場合、石皿など共伴する遺物があるかどうか、あるいは出土遺構や出土状況の検討が不可欠である。なお、原初的な石器である礫器とは異なるので注意が必要である。礫石器 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ回想法

    テレビ回想法から見た道具道具

    回想法を個別に行なう場合は、介護者が昔の写真や道具を使って話しかける等、非常に大きな人手が必要である。テレビ回想法 フレッシュアイペディアより)

338件中 11 - 20件表示

「使うもの」のニューストピックワード