338件中 31 - 40件表示
  • 数取器

    数取器から見た道具道具

    数取器(かずとりき、)とは、人手により目的の計測物の数量を迅速に数え上げるために用いられる計数用の道具で、度数計(どすうけい)とも呼ばれる。 計測した数量は随時整数により数字で表示される。数取器 フレッシュアイペディアより)

  • カスケード (ジャグリング)

    カスケード (ジャグリング)から見た道具道具

    カスケードは、トスジャグリングの技の一つ。奇数個の道具を扱う。カスケード (ジャグリング) フレッシュアイペディアより)

  • 七つ道具

    七つ道具から見た道具道具

    七つ道具(ななつどうぐ)とは、七種の道具のこと。また一組にして携行する小道具のこと。七つ道具 フレッシュアイペディアより)

  • 金ごて

    金ごてから見た道具道具

    金ごて(かなごて、金鏝)は、おもに左官工が使用する金属製の道具、こての一種。金ごて フレッシュアイペディアより)

  • 木ごて

    木ごてから見た道具道具

    木ごて(きごて、木鏝)は、木製のこて。壁面、土間などを平らに均一にならすための道具。捨てコンクリートなどの下地となる部分にも良く使われる。木ごて フレッシュアイペディアより)

  • 萌え萌えシリーズ

    萌え萌えシリーズから見た道具道具

    2005年4月に刊行された「萌え萌え! 四文字熟語」が第1弾である。初期はことわざやインターネットスラングを題材にした用語辞典的なものが中心で参加イラストレーターは1冊につき原則1〜2名であったが、2006年に刊行された「萌え萌え武器事典」以降はサブカルチャー的な題材が中心となる。また、参加イラストレーターの数も急増し、各イラストレーターが武器や道具の使用方法を美少女キャラクターに実演させるスタイルが定着する。2007年になると、「萌え萌え武器事典」の製作を行ったJCNはメディア・テック社から「萌える大百科」をリリースするようになり、イーグル・パブリシングにおける書籍製作請負から撤退した。萌え萌えシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 秤

    から見た道具道具

    秤(はかり、英語:weighing scale、scale、scales)とは、物の重さや質量を測定する器具(道具)である。重さや質量を測るための道具であるが、同時に密度が一定の物質の場合は、そこから体積を計算によって求めることも可能な道具である。 フレッシュアイペディアより)

  • 魔女の秤

    魔女の秤から見た道具道具

    魔女の秤(まじょのはかり)とはオランダのアウデワーターの町にある大きな秤で、魔女かどうかを判定する道具として使用されてきた。魔女の秤 フレッシュアイペディアより)

  • 道具的理性

    道具的理性から見た道具道具

    道具的理性(どうぐてきりせい)とは哲学用語の一つ。これはフランクフルト学派によって唱えられていた事柄であり、当時に広まっていた啓蒙思想を批判するという意味で用いられていた。啓蒙思想というのは当時に支配的であった宗教の教えに反し、科学的認識によって自然を人間の支配下に置くことを可能とし、このことから人間は搾取を行うという形に変わって行くと考えられていた。このことから理性というものは実のところは自然や社会から搾取をするための道具に過ぎないと主張された。道具的理性 フレッシュアイペディアより)

  • さらし台

    さらし台から見た道具道具

    さらし台(さらしだい)は罪人を晒しものにするために欧米で使われた道具さらし台 フレッシュアイペディアより)

338件中 31 - 40件表示

「使うもの」のニューストピックワード