338件中 41 - 50件表示
  • 防具 (剣道)

    防具 (剣道)から見た道具道具

    「防具」という語は江戸時代に使われた形跡はなく、「道具」もしくは「武具」「具足」「竹具足」と呼ばれていた。武道史研究者の中村民雄によれば、「防具」という語の初見は明治22年(1889年)の『陸軍剣術教範』であり、昭和30年(1955年)の『広辞苑』初版(新村出著、岩波書店)や昭和34年(1959年)の『大漢和辞典』(諸橋轍次著、大修館書店)に載っていないことから、「明らかに近代の造語であるといえよう」と述べている。防具 (剣道) フレッシュアイペディアより)

  • 鋤簾

    鋤簾から見た道具道具

    鋤簾(じょれん)は、水を含んだ砂や泥の除去、またはそれらに生息する魚介類を捕獲する道具鋤簾 フレッシュアイペディアより)

  • 水遊び

    水遊びから見た道具道具

    水遊び全般で道具を使う場合、水鉄砲やホースなどを使う。また水を溜める容器としてゴムのプールやたらいなどを使って遊ぶ場合もあり、行水(ぎょうずい)とも言う。水遊び フレッシュアイペディアより)

  • 孫の手

    孫の手から見た道具道具

    孫の手(まごのて、, , )とは、背中などの自分の手が届かない部位を掻く際に使う長い棒状の器具である。英語ではBackscratcher, scratch-backとも呼ばれる。孫の手 フレッシュアイペディアより)

  • 磯部町恵利原

    磯部町恵利原から見た道具道具

    矢を納める道具である「箙」(えびら)にちなむ。磯部町恵利原 フレッシュアイペディアより)

  • ボウイナイフ

    ボウイナイフから見た道具道具

    西部開拓時代に武器と作業用の道具を兼ねて盛んに使われた。正確な定義は大型のダガータイプを含め諸説がある。ボウイナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 式神

    式神から見た道具道具

    陰陽師もしくはそれを下地にした物語の式神は、平時には式札(しきふだ)と呼ばれる和紙札の状態にあるものが、陰陽師の術法によって使用されるとき、使役意図に適った能力を具える鳥獣や異形の者へと自在に変身する、そのような存在として描かれることが多い。12世紀末(平安時代末期- 鎌倉時代初頭)頃を舞台とした園城寺(三井寺)縁起である『不動利益縁起(ふどうりやくえんぎ)』に見られる式神(■右上に画像あり)は、室町時代から江戸時代にまでの、擬人化された鶏や牛の器物(道具)の妖怪と同じものであり、これは荒ぶる神としての式神をあらわしている。式神 フレッシュアイペディアより)

  • 使用

    使用から見た道具道具

    使用(しよう)とは、道具を使う(役立たせること)である。また、賃金を支払い、または権限によって他人を労務に就かせることも言う。前者は利用ともいい、本項では前者、特に法律における使用を解説する。後者は雇用を参照。使用 フレッシュアイペディアより)

  • スプレーアート

    スプレーアートから見た道具道具

    その技術や、道具などはそれぞれ異なる。アートなので分類定義は定かではないがスプレーアートでは主に紙などにスプレーアート フレッシュアイペディアより)

  • 寸胴

    寸胴から見た道具道具

    寸胴(ずんどう)とは、人や動物の胴体が胸から腰にかけて起伏に乏しく、寸法的に変化に乏しい様子を指した日本語表現である。また、そこから転じて、円柱状の物体をも指す場合があり、特にいくつかの道具はもっぱらその名で呼ばれている。寸胴 フレッシュアイペディアより)

338件中 41 - 50件表示

「使うもの」のニューストピックワード