338件中 51 - 60件表示
  • 鋤

    から見た道具道具

    鋤(すき)とは、農作業や土木工事に使用された、地面を掘ったり、土砂などをかき寄せたり、土の中の雑草の根を切るのに使用される道具、農具である。 フレッシュアイペディアより)

  • ファンアート

    ファンアートから見た道具道具

    ファンアートとは、他者が創作したキャラクター、衣装、道具、もしくはストーリーをもとにした作品のことである。この用語は、小説のキャラクターのファンが作成した作品にも適用できるが、通常は漫画、映画、テレビゲームのような視覚媒体からの二次創作を指すために使われる。通常、アマチュア作者やその二次創作に関して報酬を得ていない作者の作品を指す。したがって、たとえば、映画『スター・ウォーズ』の商業的な漫画化はファンアートとはみなされないが、無関係なファンが漫画化したものはファンアートである。この区別はいつも明確に決定できるわけではなく、特定の作品が実際にファンアートとみなされるかどうかはしばしばグレーゾーンにある。ファンアート フレッシュアイペディアより)

  • 杵

    から見た道具道具

    杵(きね)とは、臼と共に使い、おもに穀物の脱穀や籾すりなどに用いる道具 フレッシュアイペディアより)

  • 迂回生産

    迂回生産から見た道具道具

    消費財を生産する場合に、まずは道具や機械などの生産財を生産し、その生産財を用いて消費財を生産するという方法。この場合では初期費用や消費財の生産までに多くの時間を費やすことになるが、最終的に多くの利益が上げられるために迂回生産が行われている。ヴィルヘルム・ロッシャーが漁師の例を用いて、漁を行う場合に素手で魚を採るよりも、資本を投じて船や網などの生産財を用いた方が多くの魚を採れると説いた事が有名。迂回生産 フレッシュアイペディアより)

  • 碧祥寺博物館

    碧祥寺博物館から見た道具道具

    資料館は第一?第五の5つあり、国の重要有形民俗文化財に指定されたまるきぶねはじめ、マタギ関連資料、沢内周辺の積雪期用具その他、信仰に関わる資料、民具・生活用具など民俗資料1万数千点を展示する。生活用具のなかで注目すべきものには、ワラビの根やトチの実からデンプンを採取した道具がある。碧祥寺博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ブラシ

    ブラシから見た道具道具

    清掃や道具の手入れのための用具・部品。ブラシ フレッシュアイペディアより)

  • 機械文明

    機械文明から見た道具道具

    機械文明(きかいぶんめい)とは人類の文明の形態の一つ。これは産業革命以降の、機械による大量生産が行われるようになったことから発生した、近代資本主義の文明である。これは従来ならば人間が道具を使用することによっての生産手段が機械に置き換えられたという文明であり、これの結果、社会においての生産力は増大した。だがこれの反面、人間というのは機械を使う存在であったのが、逆に機械に使われる存在になったり、社会そのものが機械化され複雑化されるという問題も生まれた。チャールズ・チャップリンのモダン・タイムスは、機械文明においての労働者を風刺しているという内容であり、当時の機械化した労働者や、機械文明そのものに対する皮肉という内容になっている。機械文明 フレッシュアイペディアより)

  • 寝具

    寝具から見た道具道具

    寝具(しんぐ)とは、人の睡眠に供するための道具である。寝具 フレッシュアイペディアより)

  • 労働手段

    労働手段から見た道具道具

    労働手段(ろうどうしゅだん)とは経済学用語の一つ。これは人間が労働を行うにおいて、人間が労働の対象に対して働きかけるために手段として利用するもののことを言う。道具や機械や建物や道路などが労働手段に当てはまる。労働手段 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛

    から見た道具道具

    櫛(くし)は、髪をといたり、髪を飾ったりする道具。英語でコーム (comb) と呼ぶこともある。 フレッシュアイペディアより)

338件中 51 - 60件表示

「使うもの」のニューストピックワード