305件中 51 - 60件表示
  • 情報化時代

    情報化時代から見た道具道具

    更に、テレビジョンが、映像で音を示されることを可能にし、後に続いた。ラジオが世界の出来事を我々の家にもたらした間に、それは世界の最初の写真を多くの人々に持って来たものがテレビであった。テレビが最初に情報を手に入れる方法と、他の場所からのニュースとして使用された。しかし、学ぶことに対して、急速に有益な手段と同様、非常に重要な娯楽の道具となった。ラジオと異なり、テレビがそれでまったく新しい内容配達の産業で、主にケーブルテレビの供給をもたらした。単に基地局が、それら自身の番組を作り出して、そして放送していただけではない。放送産業は家がますます多くのチャンネルを受け取ることを可能にしたのである。後の上昇で技術で、ケーブルテレビや衛星放送テレビのような直接のサービスがますます多様な量の内容を提供した。情報化時代 フレッシュアイペディアより)

  • 茶道具

    茶道具から見た道具道具

    茶道具(さどうぐ、ちゃどうぐ)とは、茶道に用いる道具類の総称。茶道具 フレッシュアイペディアより)

  • ペーパーナイフ

    ペーパーナイフから見た道具道具

    ペーパーナイフ(、)は、手紙を開封したり、折り畳んだ紙を切り分けるために利用される道具である。ペーパーナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 鉄器

    鉄器から見た道具道具

    鉄器(てっき)とは、鋳鉄を素材として鋳造された鉄製の器具・道具である。鉄器 フレッシュアイペディアより)

  • 金属器

    金属器から見た道具道具

    金属器(きんぞくき)とは、材質によって道具を分類したときの名称のひとつで、金属によってつくられた道具をさす。概念としては石器や土器と並び立ち、一般的に、それらと比べ耐久性に優れる。金属器 フレッシュアイペディアより)

  • 金ごて

    金ごてから見た道具道具

    金ごて(金鏝・かなごて)は、おもに左官工が使用する金属製の道具、こての一種。金ごて フレッシュアイペディアより)

  • 木ごて

    木ごてから見た道具道具

    木ごて(き鏝)は、木製のこて。壁面、土間などを平らに均一にならすための道具。捨てコンなどの下地となる部分にも良く使われる。木ごて フレッシュアイペディアより)

  • 秤

    から見た道具道具

    秤(はかり)とは、物の重さや質量を測定する器具(道具)である。 フレッシュアイペディアより)

  • 五徳

    五徳から見た道具道具

    金属製のものは鉄輪(かなわ)とも呼び、呪詛に用いる道具としての五徳は、伝説(橋姫が有名)や能の演目『鉄輪』(cf.) を通してこの名でも広く知られている。五徳 フレッシュアイペディアより)

  • 空気砲

    空気砲から見た道具道具

    空気砲(くうきほう)は、空気を放つための道具空気砲 フレッシュアイペディアより)

305件中 51 - 60件表示

「使うもの」のニューストピックワード