338件中 61 - 70件表示
  • 筮竹

    筮竹から見た道具道具

    筮竹は特殊な道具であり、使い勝手や携帯性に問題があるため、古来より様々な代替手段が考えられてきた。筮竹 フレッシュアイペディアより)

  • 漁具

    漁具から見た道具道具

    漁具(ぎょぐ)は、人間が漁撈活動に用いている道具の総称である。漁具は歴史的には、人間と漁業の関わりとともに、原始的な形態や仕掛けをもつものから、機械化されたもの(漁業機械)へと進化を遂げてきた。新しい漁具の開発が生物資源の乱獲を招く場合もある。漁具 フレッシュアイペディアより)

  • 水糸

    水糸から見た道具道具

    水平線を出すには、「水盛り」という方法を使う。水盛り管という道具を使用するか、バケツに水を入れホースでサイフォンの原理を利用し、杭に水平を示す印をつけ、これに水糸を張る。水糸 フレッシュアイペディアより)

  • リール (釣具)

    リール (釣具)から見た道具道具

    リール()は、釣り竿に取り付けて釣り糸(道糸、ラインとも呼ぶ)を巻き取る道具のこと。リール (釣具) フレッシュアイペディアより)

  • 棒

    から見た道具道具

    棒(ぼう)は、細長い円柱など柱形の道具や部品の総称。手で持つなどして自由に動かせるものを呼ぶことが多い。棒と呼ばれるものには竿、杖、スティック 、バー、ワンド、ロッド、ポールなどが含まれる。地面に立てて固定された長大なものは棒ではなく柱と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • タンザニアの国章

    タンザニアの国章から見た道具道具

    盾の前方にある槍は自由を守ることを表し、交わるように配置された斧と鍬は、タンザニアの人々が国の発展に使う道具を象徴している。タンザニアの国章 フレッシュアイペディアより)

  • 海戦ゲーム

    海戦ゲームから見た道具道具

    ゲームに必要な道具は紙と筆記具のみ。3人以上でプレイすることもできなくはないが、ゲームが非常に複雑になるのでプレイヤーは基本的に二人。古典的なテーブルゲームの一つで正式名称や考案者は定かではなく、人づてに伝わるにつれあちこちでルールに改変が加えられ、幾つもバリエーションが存在するようである。魚雷戦ゲームとは別物である。海戦ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 有害玩具

    有害玩具から見た道具道具

    ポケットナイフは欧米では古くより日常的な道具として用いられ、日本でも江戸時代から刀子と呼ばれる日用品としての小刀があり、肥後守という伝統工芸品的な物がある。これらの刃物は人類が進化してきた上で、火の使用と同程度の意味がある以上、普段からよく使う道具として考えることができる。このため少々怪我をしても、児童には大いにナイフを使わせ、多少の怪我を経験し刃物の扱いと危険性を学習させるべきだと考える人も多い。しかしフォールディングナイフやキャンプ用のシースナイフならまだしも、ダガーや銃剣のような実質的に武器として発展してきた物ともなると少々話は違ってくる。通信販売では、銃剣や凶悪なスタイルのファイティングナイフが販売されており、一部の店では携帯はおろか所持するだけでも問題視されるものも販売されている。この問題では、白兵戦に使用することを主目的に製造されたナイフを販売していた者達が銃刀法違反などで有罪に処された例がある。道具として扱う分には知育玩具ということも可能だが、リンゴをむいたり鉛筆を削るのに適さないような種類のナイフは有害とみなすことができる。有害玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 文化 (考古学)

    文化 (考古学)から見た道具道具

    上述の文脈における「文化」とは、ある一定の時期・時代における特定の人びと、または人びとの属する文明における風俗、社会習慣および技術の特徴的な様態である。この意味での文化は、本来の意味から離れ、その全ての活動を標本とし、それがグループ内の他の人間へ社会的に(主に言語により)伝えられる人びとの集団と定義される。そこにはアイデア、道具としての遺物、社会制度の創造が含まれる。文化 (考古学) フレッシュアイペディアより)

  • 壺

    から見た道具道具

    壺は実用的な道具としてばかりでなく、装飾品とすることを目的として作られる場合も多く、陶磁器の発達した中国を中心とする東アジアで発達をした。一方、古代ギリシアにおいては、壺をむしろ絵を描くための素材(台)とみなした壺絵の文化が発達した。 フレッシュアイペディアより)

338件中 61 - 70件表示

「使うもの」のニューストピックワード